井上薫 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上薫(いのうえ かおる、1917年3月28日2009年6月9日)は、日本の歴史学者、大阪大学名誉教授文学博士東京大学、1962年)。

来歴[編集]

大阪府生まれ。浪速高等学校を経て、1940年東京帝国大学国史学科卒。43年同大学院退学。49年大阪大学教養部助教授、62年「奈良朝仏教史の研究」で東京大学文学博士。63年阪大教授。80年定年退官、大阪大学名誉教授、奈良大学教授。86年退職。82年から93年まで堺市博物館長を務めた。

著書[編集]

  • 行基』人物叢書 吉川弘文館 1959
  • 『日本古代の政治と宗教』吉川弘文館 1961
  • 『奈良朝仏教史の研究』吉川弘文館 1966
  • 『古代史の群像』創元社 1980

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『日本古代の国家と宗教』井上薫教授退官記念会編 吉川弘文館 1980  

参考[編集]

  • 井上薫博士履歴「奈良大学文学部文化財学科文化財学報」1987 :[1]
  • 葬儀:[2]