井上裕治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上裕治
出生名 井上裕治
生誕 (1978-09-03) 1978年9月3日(41歳)
出身地 日本の旗 日本福島県
ジャンル J-POP
職業 ギタリスト
作曲家
編曲家
担当楽器 ギター
活動期間 2000年 -
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・エンタテインメント
共同作業者 girl next door

井上 裕治(いのうえ ゆうじ、1978年9月3日 - )は、日本ミュージシャンギタリスト福島県出身。音楽グループ「girl next door(デビュー時は大文字表記のGIRL NEXT DOOR、以下GND)」のメンバー。血液型A型

経歴[編集]

  • 2002年8月7日、Wish*のギタリストとしてシングル「ISM」(TVドラマ『ショムニ FINAL』OP)でデビュー。シングル2枚を発表した後、Wish*は活動停止状態となる。その後はスタジオミュージシャン、サポートギタリストとして、平原綾香島谷ひとみ近藤真彦大塚愛AAAらの楽曲に参加。
  • 2007年3月発売のAAAのヒット曲「仮面ライダー電王Climax Jump」のバックギターを始め、TETRA-FANG初代ギタリストなど 作曲・編曲家の鳴瀬シュウヘイが手掛けた仮面ライダー作品の殆どを井上裕治がバックギターを務めていた。
  • 2008年9月3日、GNDのギタリストとして、「偶然の確率」でデビュー。その年の第59回NHK紅白歌合戦に初出場。翌年第60回NHK紅白歌合戦にも出場し、2年連続出場となった。
  • オリコンランキング」 GNDは、2008年9月デビュー1stシングル「偶然の確率」が、女性1人男性2人のユニットとしては過去最高位タイの3位となる。また4thシングル (Seeds of dream) まで4作品連続3位という記録達成。2009年6月には (Infinity) で第1位を獲得。 アルバムも1stアルバム (GIRL NEXT DOOR) で3位、2010年2ndアルバム (NEXT FUTURE) で1位を獲得する。
  • 2008年 第50回日本レコード大賞新人賞(「偶然の確率」)&第23回日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト賞&第41回日本有線大賞新人賞 2009年 ベストヒット歌謡祭ゴールドアーティスト賞&第51回日本レコード大賞優秀作品賞(「Infinity」)2010年 第52回日本レコード大賞優秀作品賞(「Ready to be a lady」)受賞。
  • GNDとしてデビューした後も上戸彩のアルバム「Happy Magic〜スマイルプロジェクト〜」でギタリストとして参加するなど、スタジオミュージシャンとしての活動も並行して行なっている。
  • 参考までに2009年4月の堀北真希主演フジテレビのドラマ「アタシんちの男子」の主題歌が「Infinity」で2010年4月の桐谷美玲主演テレビ朝日のドラマ「女帝薫子」の主題歌が8thシングル「Freedom」である。 
  • 2010年5月 - 6月にかけて初の全国ライブハウスツアー「GIRL NEXT DOOR LIVE TOUR 2010 FIRST COLLECTION」全13ヶ所 13公演。
  • 劇場用映画「ウルトラマンゼロ」や「ウルトラマンサーガ」2013年7月発売のCD「ウルトラマンギンガ」のテーマミュージックには、メインギタリストとして参加。ちなみに、円谷プロの創設者である円谷英二も、福島県出身である。
  • 2011年東日本大震災の年の6月4日<GAMBARUZO!ふくしまinいなわしろ>に井上裕治が福島県出身ということで、自分達のパフォーマンスで少しでも福島に「元気と笑顔を与えられるなら」と出演を快諾。泉谷しげる土屋アンナ杏子高橋まこと(元BOØWY)他らと出演する。
  • 作曲活動にも力を注ぎ。2012年より自身が作曲した楽曲もアルバムに参加している。また2013年1月より、YouTubeにて[1]井上裕治インストと題して初の自作のギター・インストルメンタルナンバーが毎月公開されている。
  • 2013年3月24日、ウルトラマンロックデイ3! ウルトラアーティスト列伝コンサートに、高見沢俊彦 (THE ALFEE)、つるの剛士宮野真守他らと単独出演し、テーマ曲等で連続のギタープレイをする。
  • 2013年6月14日、日本赤十字社献血推進日本武道館ライブ(LOVE in Action Meeting LIVE) アンジェラアキ・アクアタイムズ他等と出演。
  • 2013年6月19日発売の結婚式に花を添えるディズニーアルバム「Disney Wedding Selection〜Eternal Dream Of Mickey and Minnie.〜」に裕治の演奏を聴いたディズニー関係者が、その才能に注目し、ウォルトディズニーレコード・スペシャル トラックとしてアラジンのテーマ曲「ア・ホール・ニュー・ワールド」が、ギターインストルメンタルナンバーで演奏参加[2]・世界ソロデビューを果たす。
  • 2013年9月3日、「2008年9月3日デビュー5周年という節目を迎えるにあたり、girl next doorは、各メンバーの新たな挑戦に向けて個々の活動や人生も尊重しながら話し合いを続け、年内をもちましてユニットとしての活動を終了させて頂きます。」との報告・突然の解散発表をした。千紗は、婚約中の金メダリスト北島康介を支えるために引退、井上裕治と鈴木大輔は音楽活動を継続する。
  • 2013年9月4日、井上裕治の作曲としては、最大のスケールになる11月9日全国公開される実写版映画「タイガーマスク」の主題歌「MASK」をAAAが歌うことが決定・発売された。「恋音と雨空」のカップリングとして収録され、オリコンウィークリー3位となる。
  • 2013年12月8日初舞台であった、同じ会場東京SHIBUYA-AXにて、girl next door LIVE THE LASTをもってGNDとしての最終公演となった。
  • 2013年12月22日 - 24日、「Disney Music Christmas Live In YOKOHAMA LANDMARK TOWER」初日22日(日)は、裕治が単独ライブ出演し輝くツリーの下で・自作の曲「Missing」他とディズニーソングとしては、アラジンのテーマ「ア・ホールニューワールド」や「星に願いを」他を演奏した。
  • 2014年2月19日井上裕治初の中級者向けのギター教則本が発売される[3]
  • 2014年4月より、裕治の故郷福島県の福島民報に次ぐ地元紙福島民友新聞に、原発被害に苦しむ県民への明るい話題のエッセイ「自由に書いていいんですよね!」が、隔週日曜日に連載される。
  • 2014年9月10日発売、八木沼悟志率いるfripSideのニューアルバム『infinite synthesis 2』の収録曲「always be with you」「true resonance」でギター演奏、アルバムはオリコンウィークリー3位。
  • 2015年4月 作曲家集団マンダリン・ノートMandarin Noteを結成、ギター・キーボード・ピアノ・ボーカル等のプロ集団。
  • 2015年6月 日本有数のスーパーの店内放送用楽曲を作曲提供する。
  • 2016年6月 2015年3月㈱JR東日本企画 ㈱小学館集英社プロダクション ㈱タカラトミーの3社原案にて‘実在する新幹線がロボットに変形する’新キャラクター「新幹線変形ロボ シンカリオン」がJR東日本監修のもと新しいキャラクターとして誕生。 そのテーマソング「チェンジ!シンカリオン」が翌年発表されるが作曲とギターを担当・歌:山寺宏一にて6月視聴スタートする。
  • 2016年7月 2015年TVアニメ「ラブライブ!」よりラブライブ!スクールアイドルフェスティバル コラボシングルμ's「HEART to HEART」/嵐のなかの恋だからが日本レコード協会よりゴールドディスク認定されるが、ギター参加している。
  • 2016年8月17日発売の仮面ライダーGIRLSの両Aシングル「Rush N'Crash」でギター演奏参加左手先行タッピング奏法を披露。  

人物[編集]

  • 裕治という名前は、不世出の大スター石原裕次郎に因んで名付けられ、子守唄がわりに「嵐を呼ぶ男」「夜霧よ今夜もありがとう」「二人の世界」等石原裕次郎の曲を聞いて育ったという。
  • ギターを始めたのは14歳福島大学附属中学校在学の時からである。学年で短・中距離走1 - 2位の俊敏さから、サッカー部に所属していたスポーツ少年をギターの世界に引き込んだのはB'z松本孝弘である。 彼の曲を聴きライブのギタープレイを目の当たりにしてから、自分の生きる道はギターと決め、父親の猛反対を押しきり毎日7 - 9時間に及ぶ練習に励むこととなる。
  • 松韻学園福島高等学校入学後も先生、両親らの大学進学へのすすめにも一切耳を貸さず、独学でギターレッスンを続ける。同校卒業後、東京の音楽学校メーザー・ハウスへ入学、音楽理論から始まり、本格的にプロを目指す勉強と授業&レッスンに邁進する。しかしちょうどその頃、父の仕事上に大変苦しい状況がふりかかり、学費や生活費のため焼き鳥屋や深夜のコンビニ他などのアルバイトを余儀なくされるが、決して夢の実現への道はあきらめることはなかった。
  • 父親の仕事の関係で、福島市で生まれてすぐ東京で育ち新宿区立市ヶ谷幼稚園に幼少時代通っていたために、言葉は標準語であり、その後福島大学附属小学校に入学し高校まで福島市で育つ。
  • 2013年<Player>8月号にガルネクツアー最終東京公演の模様とGNDメンバーの使用機材が載り、特に裕治の使用ギター8本(日本人使用専属プレイヤーの一人とされたポール・リード・スミス&YUJIがユーザーでもあるDBZ'ギター3本&ギブソンフェンダーアーニーボール・ミュージックマンそれにヤマハジャンボサイズアコースティック最高峰モデル)、ギターアンプはダイアモンド&エフェクトボード等が掲載され、ギタリストとしての注目度が広がっている。
  • 2014年4月号「ギター・マガジン」に、ドイツ製アンプの革命児、注目のデジタル・アンプ、ケンパー・プロファイリング・アンプの紹介がある中に、国内外のプロ・ミュージシャンのユーザーの一人として、井上裕治が掲載された。本人のFaceBookに、ケンパー社・アンプを使用した自作の曲、[4]がKemper FaceBookより英語で配信されて、ドイツからのアクセスが1番とのことであると感激した。
  • 2015年9月号「ヤング・ギター」に、ギブソン 2015 Japan Limited Models 3機種の発売発表。それぞれを井上裕治が試奏し感想が掲載される。

脚注[編集]

  1. ^ Channel GND - YouTubeチャンネル
  2. ^ ディズニー・ウェディング・セレクション 〜エターナル・ドリーム・オブ・ミッキー・アンド・ミニー〜 - TOWER RECORDS ONLINE
  3. ^ 井上裕治『誰も教えてくれなかった!表現力アップのためのギター・テクニック応用術』リットーミュージック、2014年。ISBN 978-4-8456-2359-4。
  4. ^

関連項目[編集]