井上隆雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 隆雄(いのうえ たかお、1940年昭和15年)7月21日 - 2016年平成28年)7月21日)は、日本写真家滋賀県大津市出身。

人物[編集]

主に民族芸術・仏教美術・生活などを企画撮影し、アジアを中心に世界各地、その後日本・京都を視点に取材。
現在は、自然の撮影をライフワークの一つとしている。
日本写真家協会日本ペンクラブ・民族芸術学会・日本写真学会 各会員

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • チベット密教壁画
  • パガンの仏教壁画
  • 現代の茶会
  • みちのく風土記
  • 京 逍遥 (淡交社)
  • すすき
  • おのずから しからしむ (東本願寺 ISBN 978-4-8341-0388-5)

受賞歴[編集]

  • 1984年(昭和59年) - 京都市芸術新人賞
  • 2000年(平成12年) - 日本写真学会賞(東陽賞)
  • 2000年(平成12年) - 京都美術文化賞
  • 2002年(平成14年) - 京都府文化賞(功労賞)
  • 2004年(平成16年) - 京都市文化功労者
  • 2005年(平成17年) - 茶道文化振興賞
  • 2006年(平成18年) - 大津市文化賞

脚注[編集]

  1. ^ 井上隆雄さん死去 写真家、独自の視点で自然、文化撮影 京都新聞 2016年7月25日