井上頼豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 頼豊
生誕 (1912-11-19) 1912年11月19日
出身地 日本の旗 日本
死没 (1996-11-18) 1996年11月18日(84歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 チェロ奏者、音楽教育者
担当楽器 チェロ

井上 頼豊(いのうえ よりとよ、1912年11月19日 - 1996年11月18日)は日本のチェロ奏者、音楽教育者。日本チェロ界の代表的先駆者のひとり。国学者井上頼圀は祖父。アレンジャーキーボーディスト井上鑑は実子。

戦前のプロレタリア音楽家同盟に参加、戦後はうたごえ運動の理論、音楽面の指導者としても活動した。パブロ・カザルスを敬愛し、『鳥の歌』を愛奏した。うたごえ運動を担っている株式会社音楽センターが製作したCD録音に、ベートーヴェンチェロソナタや日本のチェロ曲などがある。

音楽教育者として、桐朋学園大学や同大学附属「子供のための音楽教室」で後進の指導に当たり、鈴木秀美長谷川陽子、古川展生、工藤すみれらを輩出。

執筆活動では、ショスタコーヴィチプロコフィエフ伝記を著すなど、日本での彼らの音楽受容に貢献した。

略歴[編集]

著書[編集]

  • シベリアの音楽生活 ナウカ社 1949
  • ロシアの民謡 筑摩書房 1951
  • ソヴェト音楽の三十年 筑摩書房 1952
  • 新しい合唱読本 三一書房 1953
  • ショスタコーヴィッチ 音楽之友社 1957
  • ソヴェトの音楽教育 音楽之友社 1959
  • あなたの音楽手帖 1967 (新日本新書)
  • プロコフィエフ 音楽之友社 1968 (大音楽家・人と作品)
  • カザルスの心 平和をチェロにのせて 1991.8 (岩波ブックレット)
  • 聞き書き井上頼豊 音楽・時代・ひと 外山雄三,林光編 音楽之友社 1996.3
  • 回想のカザルス 1996.12 (新日本新書)

編著[編集]

  • ソヴェト合唱曲集 筑摩書房 1953
  • 青年歌集ピアノ伴奏曲集 第1集 関鑑子共編 音楽センター 1956
  • うたごえよ翼ひろげて 新日本出版社 1978.9
  • 語り継ぐ斎藤秀雄のチェロ教育 長谷川武久共編 音楽之友社 1987.7

翻訳[編集]

  • 音楽美学と唯物論 ソフィア・リッサ 田村一郎共訳 三一書房 1956
  • ロシア民謡 第1 ア・イワーノフ編 理論社 1956