井伊直武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井伊 直武(いい なおたけ、慶安3年(1650年) - 元禄10年6月8日1697年7月25日))は、遠江掛川藩の第2代藩主。直勝系井伊家3代。

初代藩主・井伊直好の長男。母は形原松平家信の娘。正室は津藩主・藤堂高次の娘(安藤重之の養女)。子に直朝(長男)、直堅(次男)、娘(小笠原信秀正室)。官位は従五位下、伯耆守。

幼名は万千代。菊千代。寛文12年(1672年)、父の死で後を継ぐ。暗愚な人物で淫らな行為を繰り返し、藩政を悪化させたと言われている。ただし『土芥寇讎記』の評では行政能力は欠けているが悪気があるわけではなく、柔和で性格はいいと評されている。ただし性格の良さだけが評価できる点、ともされている。

元禄7年(1694年)11月12日、長男・直朝に家督を譲って隠居し、同10年(1697年)6月8日に48歳で死去した。法号は高節元義原忠院。