井俣憲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井俣 憲治
いまた けんじ
生年月日 (1966-10-28) 1966年10月28日(52歳)
出生地 愛知県愛知郡東郷村(現・東郷町
出身校 愛知大学法経学部
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2018年5月22日 - 現職

当選回数 3回
在任期間 2007年4月30日 - 2014年8月14日
2015年4月30日 - 2018年5月7日
テンプレートを表示

井俣 憲治(いまた けんじ、1966年10月28日 - )は、日本政治家愛知県東郷町長(1期)。元東郷町議会議員(3期)。

来歴[編集]

愛知県愛知郡東郷村(現・東郷町)生まれ[1]。東郷町立音貝小学校、東郷町立東郷中学校、愛知県立東郷高等学校卒業。1989年(平成元年)3月、愛知大学法経学部卒業。新日本証券(現・新光証券)、日栄(現・日本保証)などに勤務[2]

2007年(平成19年)4月、東郷町議会議員に初当選。2011年(平成23年)に再選。

2014年(平成26年)8月24日に行われた東郷町長選挙に立候補するも次点で落選。

※当日有権者数:31,905人 最終投票率:46.66%(前回比:%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
川瀬雅喜74無所属5,880票40.20%
井俣憲治47無所属5,436票37.16%
若園秀子57無所属3,311票22.64%

2015年(平成27年)の東郷町議会議員選挙に立候補し3期目の当選。議長を務める。

2018年(平成30年)4月5日、町長の川瀬雅喜が、闘病中の妻の看病を理由に5月21日付で辞職する旨を発表[3]。同年5月20日に行われた町長選挙に再挑戦し、自民党公明党日本のこころの推薦を受けた前副町長の加藤浩を破り初当選した[4]

※当日有権者数:33,582人 最終投票率:47.27%(前回比:+0.61%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
井俣憲治51無所属8,540票54.53%
加藤浩65無所属7,120票45.47%(推薦)自民党公明党日本のこころ

脚注[編集]

先代:
川瀬雅喜
Flag of Togo, Aichi.svg 愛知県東郷町
2018年 -
次代:
(現職)