井原健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井原 健太郎
いはら けんたろう
生年月日 (1974-07-28) 1974年7月28日(43歳)
出生地 日本の旗 山口県熊毛郡田布施町
出身校 早稲田大学政治経済学部
前職 平岡秀夫衆議院議員秘書
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2009年3月28日 - 現職
テンプレートを表示

井原 健太郎(いはら けんたろう、1974年(昭和49年)7月28日 - )は、日本政治家山口県柳井市長(3期)。

概要[編集]

山口県熊毛郡田布施町生まれ。生家は建築会社経営。山口県立熊毛南高等学校早稲田大学政治経済学部卒業。大学卒業後、2年間アメリカ合衆国に留学。2003年より民主党平岡秀夫衆議院議員の秘書を務める。

2007年山口県議会議員選挙に柳井市選挙区(定数1)から無所属民主党推薦)で出馬。8,758票を獲得するも、自由民主党公認の現職長谷川忠男に敗れ、落選した。同年5月より平岡秀夫の秘書に復職。

2008年12月15日、翌年の柳井市長選挙に出馬するため、平岡秀夫衆議院議員事務所を退職。2009年3月1日投開票の柳井市長選挙に無所属で出馬し、12,491票を獲得。かつて県議選で争った長谷川忠男を破り、初当選した。市長選挙では平岡秀夫衆議院議員の他、長谷川に反発する保守系の市議会議員や、引退を表明した河内山哲朗柳井市長からも支援を受けていた。3月28日、柳井市役所に初登庁し、正式に市長に就任した[1]

2013年の柳井市長選挙は2月17日に告示されたが、井原以外に立候補を届け出た者がいなかったため、無投票で再選[2]

2017年、元会社役員の新人を破り3選[3]

脚注[編集]

  1. ^ “井原柳井新市長初登庁「市民参加の市政へ」”. 山口新聞. (2009年3月28日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0328/5p.html 2015年3月10日閲覧。 
  2. ^ “柳井市長に井原氏再選 8年ぶり無投票で”. 山口新聞. (2013年2月18日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2013/0218/1p.html 2015年3月10日閲覧。 
  3. ^ “柳井市長選 井原健太郎氏が3選”. 毎日新聞. (2017年2月26日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170227/k00/00m/010/072000c 2018年4月24日閲覧。 
先代:
河内山哲朗
Flag of Yanai Yamaguchi.JPG 山口県柳井市長
第2代:2009年 -
次代:
(現職)