井場友和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井場 友和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県宇城市
生年月日 (1976-08-27) 1976年8月27日(42歳)
身長
体重
186 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト1位
初出場 NPB / 2001年5月26日
CPBL / 2007年3月23日
最終出場 NPB / 2005年8月7日
CPBL / 2008年5月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井場 友和(いば ともかず、1976年8月27日 - )は、熊本県宇城市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学5年から投手として野球を始め、中学はリトルリーグでプレー[1]

九州学院高ではエースになるも3年夏は県大会初戦で敗退した[1]

高校卒業後は、福岡大学へ進む。大学選手権に出場するが、初戦で龍谷大学に敗れている[1]

大学卒業後は、社会人野球富士重工業に入団。2000年にはシドニーオリンピック野球の補充選手となる。また、同年の都市対抗野球では2回戦まで進出した。同年のプロ野球ドラフト会議では日本ハムファイターズを逆指名し1位で入団[1]

日本ハム時代[編集]

速球と、キレのあるフォークボールカーブを武器に、1年目の2001年から活躍。同年は40試合に登板し、4勝3敗4セーブ、防御率2.53の成績を残した。

2002年芝草宇宙とともに抑えも務め、前年よりは安定感を欠いたものの45試合に登板し、1勝2敗11セーブをマークした。

しかし、2003年以降は制球力が低下し、この年は3試合の登板にとどまった。

2004年はチームの本拠地が東京ドームから札幌ドームに移転した。移転1年目の同年は39試合に登板したが、防御率4点台と安定感を欠いた。また、この年からパ・リーグに先行導入されたプレーオフでは第1ステージの西武ライオンズとの対戦で第1戦にホセ・フェルナンデスに満塁本塁打を打たれるなど、ここでも安定感を欠いた。結局第3戦でチームは敗れプレーオフ敗退となった。

2005年も安定感のなさは変わらず、22試合の登板に終わった。オフに入籍した。

2006年シーズンは前年後半から台頭した武田久読売ジャイアンツから移籍してきた岡島秀樹、抑えのマイケル中村らの活躍もあり、プロ入り初の1軍登板なしでシーズンを終えた。9月29日に戦力外通告を受けた。

台湾時代[編集]

2007年、芝草と同様に、台湾興農ブルズと契約し、9勝(9敗)を挙げ、防御率はリーグ3位の2.67という活躍を見せたもののシーズン中の9月に退団。

2008年、興農と再契約。しかし、5月7日付けで退団となった。同年7月16日付で、四国・九州アイランドリーグ長崎セインツに入団[2]

独立リーグ時代[編集]

入団後は12試合に登板して4勝5敗、防御率3.42であった。シーズン終了後、球団より翌年の契約を結ばない旨を通告され、退団[3]。11月11日、12球団合同トライアウトを受験した。しかし獲得する球団は現れなかった。

引退後[編集]

その後は熊本市のスポーツDEPOにてアドバイザリースタッフを務めている[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 日本ハム 40 0 0 0 0 4 3 4 -- .571 194 46.1 38 4 19 0 0 46 2 0 15 13 2.53 1.23
2002 45 0 0 0 0 1 2 11 -- .333 183 45.1 37 10 11 0 1 60 2 0 20 19 3.77 1.06
2003 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 2.1 8 2 1 0 0 4 0 0 6 6 23.14 3.86
2004 39 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 239 54.0 54 9 29 0 1 65 6 0 29 29 4.83 1.54
2005 22 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 94 20.2 22 0 15 0 0 15 4 0 12 11 4.79 1.79
2007 興農 24 23 3 0 0 9 9 1 0 .500 591 138.0 148 7 33 1 6 97 9 2 66 41 2.67 1.31
2008 7 7 0 0 0 1 3 0 0 .250 159 33.2 47 0 9 0 2 17 3 0 30 22 5.88 1.66
NPB:5年 149 0 0 0 0 8 7 15 2 .533 725 168.2 159 25 75 0 2 190 14 0 82 78 4.16 1.39
CPBL:2年 31 30 3 0 0 10 12 1 0 .455 750 171.2 195 7 42 1 8 114 12 2 96 63 3.30 1.38

独立リーグでの投手成績[編集]

以下の数値は四国アイランドリーグplusウェブサイトの年度別個人成績による[5]








































2008 長崎 3.42 12 4 5 0 0 0 0 52.2 225 50 0 33 14 9 25 20
通算:1年 3.42 12 4 5 0 0 0 0 52.2 225 50 0 33 14 9 25 20

表彰[編集]

CPBL

記録[編集]

NPB
  • 初登板:2001年5月26日、対千葉ロッテマリーンズ8回戦(東京ドーム)、7回表に4番手で救援登板、2回無失点
  • 初奪三振:2001年5月29日、対大阪近鉄バファローズ10回戦(東京ドーム)、9回表に北川博敏から
  • 初勝利:2001年8月4日、対福岡ダイエーホークス20回戦(東京ドーム)、8回表に3番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初セーブ:2001年8月31日、対大阪近鉄バファローズ25回戦(東京ドーム)、8回表1死に3番手で救援登板・完了、1回2/3無失点

背番号[編集]

  • 14 (2001年 - 2006年)
  • 22 (2007年 - 2008年途中)
  • 18 (2008年7月16日 - 同年終了)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、63ページ
  2. ^ 長崎Sに投手1名・外野手1名新入団 - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年7月17日)
  3. ^ 長崎Sの8選手退団のお知らせ - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年10月29日)
  4. ^ スポーツデポ 熊本インター店
  5. ^ 投手成績 2008年シーズン - 四国アイランドリーグplus

関連項目[編集]