井尻千男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井尻千男
生誕 (1938-08-02) 1938年8月2日
日本の旗 日本山梨県
死没 (2015-06-03) 2015年6月3日(76歳没)
国籍 日本の旗 日本
教育 立教大学文学部日本文学科
職業 評論家
コラムニスト
代表経歴 日本経済新聞社編集委員
拓殖大学教授
日本文化研究所
国家基本問題研究所評議員長・顧問
主権回復記念国民集会主宰
肩書き 拓殖大学名誉教授
拓殖大学日本文化研究所顧問
新しい歴史教科書をつくる会顧問
日本会議代表委員

井尻 千男(いじり かずお、1938年8月2日 - 2015年6月3日[1][2][3])は、日本評論家コラムニスト拓殖大学名誉教授、拓殖大学日本文化研究所顧問(前所長)[4]新しい歴史教科書をつくる会顧問[5]

概略[編集]

山梨県出身。立教大学文学部日本文学科卒業後、日本経済新聞社入社。文化部に勤務し、読書面のコラム『とじ糸』[6] 『活字のうちそと』などのコラムを25年間執筆し、コラムニストとして活動。

1982年7月、月刊誌『Voice』誌上において、佐々木敦というペンネームでコラム「ベストセラー最前線」の執筆を開始。連載は1991年3月に『流行の言説・不易の思想―ベストセラー書評社会学』、1996年4月に『読書の醍醐味―ベストセラーで読み解く世紀末』としてまとめられている。

日経新聞編集委員を経て1997年に退社。

1997年から2008年まで拓殖大学教授、日本文化研究所長を務め、2010年度まで公開講座「新日本学」を主宰。また季刊誌『新日本学』を発行。その他、月刊誌『選択』での連載[6]や、1997年から2002年まで『週刊新潮』にコラム『世間満録』を連載。

日本会議代表委員、維新政党・新風講師、国家基本問題研究所評議員長を務める。きょうと青年政治大学校講師の経験もある[7]

小堀桂一郎入江隆則らと共に4月28日主権回復記念日祝日制定を主張しており、毎年同日に主権回復記念国民集会を主宰[8]

数寄者としても知られ、山梨の四千坪の敷地内に独学茶室を設計し、3年がかりで本宅に完成させた[6]。その模様は『男たちの数寄の魂』(清流出版)に収録されている。なお、井尻氏は佐々木源氏系の豪族であり、室町時代から現在本宅のある場所に城館を構えていて、現在も空堀跡や庭園などの遺構が残っている[8][9]

2015年6月3日膵臓癌により山梨県の自宅で死去[1][2][3][10][11]。満76歳没。2014年7月に入院し膵臓癌の手術を受け、8月に一時退院しヨーロッパに旅行で訪れた際の帰国便で病状が悪化。入退院を繰り返していた。2015年4月28日の「主権回復記念国民集会」には主催者の1人として、病院から車椅子で会場に駆けつけ主権の重要性を主張していた[8][12]

人物[編集]

著書[編集]

タイトル 刊行年 出版社
産業知識人の時代 成熟社会の構図を探る 1982年 PHP研究所
出版文化 夢と現実 1984年 牧羊社
消費文化の幻想 オーソドックスとは何か? 1988年
1993年
PHP研究所
PHP文庫
玩物喪志 平和と豊かさの代償 1990年 サイマル出版会
流行の言説・不易の思想 ベストセラー書評社会学 1991年 PHP研究所
文章表現の研究 さまざまな生と死 1992年 日本エディタースクール出版部
自画像としての都市―その理念と造営能力を問う 1994年 東洋経済新報社〈日本を考える〉
劇的なる精神 福田恆存 1994年
1998年
日本教文社〈教文選書〉
徳間文庫
言葉を玩んで国を喪う 1995年 新潮社
読書の醍醐味 ベストセラーで読み解く世紀末 1996年 PHP研究所
書に依りて世を論ず 1996年 新潮社
日本あやうし 1999年 新潮社
共同体を保守再生せよ 1999年 秀明出版会〈発言者双書〉
漫録おやじ日本を叱る 2000年 新潮社
保守を忘れた自民政治 2002年 ワック
世界一孤独になった日本人 拡散から求心力へ 2003年 ワック
日本再生 一国一文明の気概を 2003年 グラフ社
男たちの数寄の魂 2007年 清流出版
明智光秀 正統を護った武将 2010年 海竜社
歴史にとって美とはなにか 宿命に殉じた者たち 2016年 啓文社
都市との対話 とある建築の意匠(仮) (未刊行) 啓文社

共著[編集]

  • 『知の位相空間―現代の知性13人へのインタビュー集』(1991年、HBJ出版局)
日下公人、西部邁、江藤淳筑紫哲也開高健梅原猛磯田光一、清水博、堤清二別役実栄久庵憲司吉田直哉武満徹
細見卓、西部邁榊原英資島田晴雄岡本行夫松崎哲久との討論を細見卓が編著したもの。
  • 『主権回復 本当の終戦記念日は、四月二十八日である』(2008年、近代出版社)
入江隆則小堀桂一郎との鼎談

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c ◆ 【訃報】 井尻千男先生 ご逝去”. 日本文化チャンネル桜 (2015年6月3日). 2015年6月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月4日閲覧。
  2. ^ a b 井尻千男氏が死去 日本経済新聞社社友、元編集委員”. 日本経済新聞社 (2015年6月4日). 2015年6月4日閲覧。
  3. ^ a b 【訃報】井尻千男氏(評論家、拓殖大名誉教授)”. 終活WEB ソナエ 産経新聞 (2015年6月4日). 2015年6月4日閲覧。
  4. ^ チャンネル桜 | 井尻 千男
  5. ^ 役員構成”. 新しい歴史教科書をつくる会. 2015年6月9日閲覧。
  6. ^ a b c 井尻千男さん クリティーナ平山さん 大西二郎さんほか - 加登屋のメモと写真…”. 清流出版 (2006年4月1日). 2015年6月8日閲覧。
  7. ^ 自由民主党 京都府支部連合会 創立60年史 (PDF)”. 自由民主党京都支部. 2017年12月2日閲覧。p.59
  8. ^ a b c 宮崎正弘の国際ニュース・早読み(井尻千男氏、追悼)”. 宮崎正弘 (2015年6月3日). 2015年6月4日閲覧。
  9. ^ 宮崎正弘のホームペイジ | 辛口コラム
  10. ^ 評論家の井尻千男さん死去 76歳 日経新聞読書面コラムなど”. スポーツニッポン (2015年6月4日). 2015年6月4日閲覧。
  11. ^ nobukatsu.fujiokaの投稿(840960682656374) - Facebook
  12. ^ 【追悼特番】井尻千男先生、在りし日のお姿と遺された言葉[桜H27/6/4] - YouTube
  13. ^ 喫煙文化研究会の設立趣旨”. 喫煙文化研究会. 2019年3月29日閲覧。