井尻薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井尻 薫(いじり かおる、1975年昭和50年)5月20日[1] - )は、日本のレーシングドライバーである。京都府京丹後市出身[1]

プロフィール[編集]

  • 身長:179cm
  • 体重:65kg
  • 血液型:RH+B型

エピソード[編集]

戦績など[編集]

  • 1997年平成9年) : FJ1600・TIシリーズ(現岡山国際サーキット)でデビュー。そのデビューレースを優勝で飾り、同年のシリーズチャンピオンを獲得。同時に鈴鹿シリーズにも参戦しシリーズ3位。
  • 1998年 : フォーミュラ・トヨタ・ウエストシリーズに参戦しシリーズ3位。 スポットでスーパーF4スーパー耐久に参戦。
  • 1999年 : 韓国のフォーミュラ・コリアに参戦。
  • 2000年 : MINE・Jr耐久シリーズチャンピオンを獲得。
  • 2001年 : Vitz関西シリーズチャンピオンを獲得。
  • 2002年 : (株)エンドレスに入社し、ブレーキサスペンションの製品開発テストドライバーを務める。
  • 2003年 : マーチカップ東日本&西日本シリーズのダブルチャンピオンを獲得。 日本一決定戦も優勝し、初代日本一となる。
  • 2004年 : 全日本GT選手権に参戦。
  • 2005年 : SUPER GTとスーパー耐久に参戦。
  • 2006年 : スーパー耐久に参戦。
  • 2007年 : スーパー耐久に参戦。 韓国ラウンドで同シリーズ初優勝。 チューニングカーのイベント、ハイパーミーティング5Lapバトルで優勝。
  • 2008年 : スーパー耐久ST4クラス・シリーズチャンピオンを獲得。
  • 2009年 : (株)エンドレスを退社。 Audi japanが主催するAudi driving experienceのインストラクターに就任。
  • 2010年 : スーパー耐久に参戦。
  • 2011年 : スーパー耐久ST5クラス・シリーズチャンピオンを獲得。
  • 2012年 : スーパー耐久ST5クラス・シリーズチャンピオンを獲得。 チューニングカーのイベント、筑波スーパーバトルでFFナンバー付きクラスのコースレコードを樹立。マシンはディーランゲージ・スイフト。
  • 2013年 : スーパー耐久に参戦。 Audi AG(ドイツ本国)が設定するインストラクターライセンスの最上級「A」を取得。 2012年に続き筑波スーパーバトルで自身のコースレコードを更新。
  • 2014年 : スーパー耐久ST4クラスに参戦。
  • 2015年 : スーパー耐久ST4クラスに参戦。 筑波サーキットのチューニングカーFFオープンクラスのコースレコードを樹立し2階級制覇を達成。マシンはディーランゲージ・スイフトで、タイムは57.974秒。
  • 2016年 : スーパー耐久ST5クラスに参戦。 鈴鹿ラウンドにて国内レースでは初となるディーゼルマシンでの優勝を達成。マシンはNOPROデミオ・ディーゼル。
  • 2017年 : スーパー耐久ST5クラスに参戦。 シーズン2勝。ランキング2位。
  • 2018年 : スーパー耐久ST5クラスに参戦。 ランキング3位。
  • 2019年 : スーパー耐久ST5クラスに参戦。 ロードスター・パーティレースの北日本シリーズと東日本シリーズにも参戦。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 井尻薫のプロフィール”. 井尻薫. 2019年7月30日閲覧。

関連項目[編集]