井手峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井手 峻
東京大学 監督 #30
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都新宿区
生年月日 (1944-02-13) 1944年2月13日(75歳)
身長
体重
175 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト3位
初出場 1967年7月11日
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1978 - 1986, 1992 - 1995)
  • 東京大学

井手 峻(いで たかし、1944年2月13日 - )は、東京都新宿区出身(佐賀県東松浦郡北波多村(現・唐津市北波多)生まれ)の元プロ野球選手投手外野手)・コーチ監督解説者、球団代表兼連盟担当(会社役員)[1]

公式戦出場試合数は、過去の東大出身プロ野球選手の中では最も多かった。

父は脚本家の井手俊郎

来歴・人物[編集]

幼少時に佐賀から東京に転居。新宿高校から東京大学農学部に進学し、野球部のエースとして活躍。東京六大学リーグでの通算成績は4勝21敗・防御率3.28であったが、変化球主体の頭脳的な投球とカーブのキレに中日ドラゴンズのスカウトが注目。3年次の1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場し、日本の優勝に貢献。同年にはリーグの敢闘賞も受賞。大学卒業後は三菱商事へ入社することになっていたが、1966年の第2次ドラフト3位で中日に入団[2]。1965年に大洋に入団した新治伸治に次ぐ史上2人目の東大出身プロ野球選手で、ドラフト制度発足後としては東大初の指名選手となった。1年目の1967年から一軍に上がり、8月16日サンケイ戦(中日)で初先発を果たす[3]9月10日の大洋戦(中日)に4回2死から2番手でマウンドに上がり、残りの5回3分の2を3安打2失点に抑え、リリーフで見事初勝利を挙げた。7回には新治とも投げ合い[4]、この時に初のヒーローインタビューを受けた。2年目の1968年は球速不足を補おうと上手投げからサイド気味にフォームを改造したが、肩を痛めて一軍登板はなかった。3年目の1969年も投げられず、100m11秒台の俊足に目をつけた首脳陣から外野手転向を指令される。1970年1971年には代走で計31試合に出場したが、打席には1打席も立たなかった。試合に出場すれば「東大出の学士さ~ん、まだ野球やってたの~」と相手ベンチから野次られた。1972年には初安打を放ち、初めて外野を守ったものも、オフには引退を決意。妻の実家の家業を手伝う気でいたが、監督に就任した与那嶺要から「僕は君が戦力として必要だ。必ず使うからチームに残ってほしい」と要請されて残留。与那嶺は言葉通りに井手を使い、1973年には83試合、20年ぶりにリーグ優勝した1974年には84試合に出場。代走や守備固めがほとんどであったが、ベンチから相手チームのサインを見破ったり、投手の癖を盗むのに長けた特技は見えない戦力となり、ベンチに座っているだけで存在感があった。1973年5月5日巨人戦(後楽園)で試合終盤に守備固めに着いた後、延長10回に打席が回り、その時に高橋一三から放った公式戦唯一の本塁打が決勝打になり、初勝利以来で最後となるヒーローインタビューを受けた。同日は母校・東大野球部が18シーズンぶりに法大に、埼玉県戸田漕艇場の対抗レガッタでは東大漕艇部が一橋大学に勝利した。翌6日の新聞の見出しは「東大デー」であった。6月には中堅手として実質先発出場(偵察要員に高木時夫)も経験し、1974年も2試合に先発として起用された。長嶋茂雄の引退試合となった10月14日の巨人との最終戦(後楽園)に出場しており、試合終了後のスコアボードに名前が出ている。同年のロッテとの日本シリーズでも代走、守備固めとして5試合に出場。1975年には68試合に出場するも0安打に終わり、1976年は春のキャンプ中から二軍に落とされる。同年引退。

引退後の1977年日本橋で親類が経営するパッケージ製造会社に勤務し、3週間だけ母校・東大のコーチも務めた。その後は中日に復帰して一軍守備・走塁コーチ(1978年, 1982年 - 1984年)、二軍コーチ(1979年 - 1980年)、二軍チーフ兼守備・走塁コーチ(1981年)、一軍作戦守備コーチ(1985年)、二軍監督(1986年)、一軍外野守備・走塁コーチ(1992年 - 1993年)、一軍守備総合コーチ(1994年)、一軍守備コーチ(1995年)を歴任。1987年から1991年にはフロント入りし、業務と並行して東海ラジオガッツナイター解説者も務めた。2度目のコーチ退任後は球団取締役(編成担当兼チーム運営部長兼渉外部長)を経て、球団代表兼連盟担当に就任[1]。取締役相談役を務めた後、2015年2月23日に退任することが決まった。通算で50年近く中日ドラゴンズに在籍し、選手出身者の同一球団への在籍期間としては記録的な長期間である。退団後は母校・新宿高にコーチとして週1回指導。2018年8月23日に、北海道日本ハムファイターズ宮台康平が自身以来51年ぶりとなる東大出身投手によるプロ一軍公式戦先発登板を果たした際には、試合をテレビで観戦し、「プロに通用する直球を投げていた。今回は残念だったが、十分に勝ち投手になれる力がある」とコメントした[4]。井手は宮台を大学時代から評価しており、「先発しての勝利投手」となることを期待していると述べている[4]

2020年からは母校・東大の監督に就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 中日 17 3 0 0 0 1 4 -- -- .200 148 33.1 41 3 9 0 0 21 1 0 22 19 5.13 1.50
通算:1年 17 3 0 0 0 1 4 -- -- .200 148 33.1 41 3 9 0 0 21 1 0 22 19 5.13 1.50

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 中日 17 8 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 0 .000 .143 .000 .143
1970 23 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1971 8 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 48 12 12 1 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .417 .417 .417 .833
1973 83 21 19 5 3 0 0 1 6 1 0 0 1 0 1 0 0 6 1 .158 .200 .316 .516
1974 84 20 20 4 3 1 0 0 4 1 1 3 0 0 0 0 0 2 0 .150 .150 .200 .350
1975 68 3 3 9 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1976 28 5 4 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 .250 .400 .250 .650
通算:8年 359 69 64 23 12 1 0 1 16 2 4 5 2 0 3 0 0 13 1 .188 .224 .250 .474

背番号[編集]

  • 12 (1967年 - 1969年)
  • 36 (1970年 - 1971年)
  • 53 (1972年 - 1976年)
  • 64 (1978年 - 1983年)
  • 74 (1984年 - 1986年)
  • 84 (1992年)
  • 83 (1993年 - 1995年)

脚注[編集]

関連項目[編集]