井手至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井手 至(いで いたる、1929年12月10日 - )は、日本の国文学者、大阪市立大学名誉教授。

愛媛県出身。京都大学文学部国文科卒、同大学院修士課程修了。大阪市立大学助教授、教授、75年「萬葉集用語・用字の研究」で大阪市大文学博士。91年定年退官、名誉教授、京都女子大学教授[1]。2000年退職。『万葉集』が専門。

著書[編集]

  • 『万葉集全注 巻第8』有斐閣 1993
  • 『遊文録 井手至論文集 万葉篇』1-2 和泉書院 1993-2009
  • 『遊文録 井手至論文集 国語史篇』1-2 和泉書院 1995-99
  • 『遊文録 井手至論文集 国語学篇』和泉書院 1996
  • 『遊文録 井手至論文集 説話民俗篇』和泉書院 2004

校注・共編著[編集]

記念論文集
  • 『国語国文学藻 井手至先生古稀記念論文集』和泉書院 1999

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年