井筒和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いづつ かずゆき
井筒 和幸
本名 同じ[要出典]
生年月日 (1952-12-13) 1952年12月13日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 奈良県
血液型 A型
職業 映画監督
ジャンル 一般映画、ピンク映画
活動期間 1975年 -
事務所 カンドウ
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
ガキ帝国
岸和田少年愚連隊
ゲロッパ!
パッチギ!
ヒーローショー

井筒 和幸(いづつ かずゆき、1952年12月13日 - )は、日本映画監督

奈良県出身[1]。井筒プロダクション所属。代表作に『二代目はクリスチャン』『犬死にせしもの』『のど自慢』『パッチギ!』など[1]、幅広いジャンルの作品で人気を集める[1]。テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活動する。テレビ出演も多く、辛口の映画批評で知られる[1]

来歴[編集]

映画監督として[編集]

アメリカン・ニューシネマに傾倒し、奈良県立奈良高等学校[2]時代から8ミリ、16ミリ映画の製作を行っており、1975年に友人と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立する。1975年にピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』を初監督(「ゆけゆけマイトガイ性春の悶々」に後に改題。「井筒和生」名義)。なお、「ゆけゆけマイトガイ性春の悶々」は当時特にヒットしなかったがフィルムの原本が東京国立近代美術館のフィルムセンターに収蔵されており[3]、井筒本人が有名になった後にソフト化されている。上京後もピンク映画を撮り続け、そのうちのひとつである『色情女狩り』から「井筒和幸」名義となる。並行して、関西の情報誌「プレイガイドジャーナル」にコラムを執筆。

1981年、初の一般映画『ガキ帝国』(「プレイガイドジャーナル」がプロデュースしたATG映画)がヒットし、日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。『赤い復讐 暴姦』を最後にピンク映画から遠ざかる。

『ガキ帝国』のヒットを受け、同1981年のうちに続編『ガキ帝国 悪たれ戦争』を制作。公開終了後にモスバーガー側が、映画のモスバーガー店舗や店員の描写が、同社のイメージを著しく損ねていると抗議。以後、一度だけの例外を除いて劇場で上映をされることはなく、テレビ放送、ソフト化も行われていない[4]。作中で「この店のハンバーガーは猫の肉や」と馬鹿にするシーンがあるため、モスバーガー側が抗議したと巷間では言われた。ただし実際の映画には、そのセリフはない[5]

1983年には、あだち充原作の漫画『みゆき』の監督を打診され引き受けるが「電車内で初めて読んだ原作の内容の無さに呆れて本を放置した」と述べている。仕事を続けるものの撮影前のカット割をしているうちに鬱状態となる。精神科医に「仕事のストレスでの離人症のため、最低2ヶ月の療養が必要」と診断されるが、撮影は3日延期したのみで開始。抗欝剤を大量に飲みながら監督をつとめ、映画を完成させた。その後病気は嘘のように治ったという[6]

1991年9月、大作『東方見聞録』の撮影中にエキストラの俳優を死亡させる事故を起こす(詳細は下記#映画撮影中の死亡事故を参照)。

1996年公開の『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』では、関西出身の監督らしく大阪の土着的な風景をフィルムに定着することに成功し、ブルーリボン賞作品賞を受賞した。その後、1999年の『のど自慢』や2003年の『ゲロッパ!』などを制作。

2005年の『パッチギ!』はザ・フォーク・クルセダーズの「イムジン河」をテーマに、在日朝鮮人と日本人の高校生どうしの抗争と恋愛を描いたもの。2度目のブルーリボン賞作品賞のほか、多くの映画賞を受賞した。

2008年の『TO THE FUTURE』は、朝日放送新社屋完成記念 Theショートフィルムズと題して、7月12日から21日まで新社屋の新・ABCホールにてオムニバス形式で上映された短編映画。近年、こどもを取り巻く環境下においてクローズアップされているモンスターペアレントをテーマに、現代社会に蔓延する問題を描いた作品。タイトルは、ターミナルで偶然見かけた自衛隊のポスターからヒントを得たという。

2010年の『ヒーローショー』で、第25回高崎映画祭最優秀監督賞を受賞した(『ゲゲゲの女房鈴木卓爾監督と同時受賞)[7]

2012年、『黄金を抱いて翔べ』を監督。原作は高村薫のデビュー作であるサスペンス小説。舞台となった大阪の各所でロケを行った[8]

映画撮影中の死亡事故[編集]

1991年9月22日、井筒が監督を務める映画『東方見聞録』の撮影中に、エキストラとして出演していた当時21歳の俳優が、ロケ現場である静岡県駿東郡小山町上野で溺死する事故が発生した。現場には、滝つぼに落ちるシーンの撮影のため、川の流れを利用した水深2メートルの大がかりなセットが組まれていた。この俳優は総重量約8kgの鎧を着用した状態でセットに入ったところ、増水していた流れにのまれ、意識不明の重体となり病院へ運ばれたが、翌日死亡した。同年11月、遺族が業務上過失致死罪告訴。演技上の安全を確保する義務を怠ったとして、井筒と助監督が書類送検された[9]

事故後も撮影は続行されたが、事故が報じられて社会問題となり、1992年5月18日に予定されていた公開は中止された[10]。製作会社であるディレクターズ・カンパニーは1992年に倒産。事故死したエキストラの遺族が起こした裁判で井筒側は敗訴し、遺族への補償金3000万円以上は井筒が支払うこととした[11][10]

井筒は1993年に仙頭武則の依頼により『突然炎のごとく』で監督業に復帰[10]。『東方見聞録』は、1993年8月1日にビデオ発売された。

タレントとして[編集]

1990年代半ばからテレビラジオバラエティ番組や情報番組への出演、執筆活動のほか、映画評論や政治論評、自身の歴史観の主張等を行うようになった。

人物[編集]

敬愛する映画人や作品[編集]

批判している映画人や作品[編集]

  • ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の鑑賞の際に「子供ら全員が息を呑んで心配している最中、小生一人だけ声を出して笑ったら、ドラえもんの鑑賞マナーに違反したみたい。幼児らとママさんにジャイアンの目で睨み返されて、思わずビビりました」「(ドラえもんがギガゾンビに話した台詞)お前がこの過去に君臨しようとも正しい歴史には勝てないんだと良いことを言う。ママさん、意味分かったかな?」と述べた[26]
  • SAYURI』について、2005年12月24日、テレビ朝日の「虎の門」において「スピルバーグなんて最低」「日本人芸者の役に中国人(チャン・ツィイー)を配役するなんて異常だ」と批判した[27][28]
  • ALWAYS 三丁目の夕日』について、同作品が最優秀作品賞を受賞した第29回日本アカデミー賞授賞式後に「初めて見たが学芸会もいいとこ、4コマ漫画もいいとこで、こんなゲテモノがアカデミー12冠だったのかと改めて喫驚した」と論評した[29]
  • 永遠の0』について、2014年1月16日、「井筒とマツコ 禁断のラジオ」で百田尚樹原作の映画を「見たことを記憶から消したくなる映画」「特攻隊を美談にしている」と批判した[30]
  • スターウォーズ』シリーズは、オタクと変人向けの映画と評し、興行的な成功を収めていることに憤りを感じている。2016年に日本公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』についても、公開前から「フォース、フォースとアホの一つ覚えや(笑)。何でもフォースで解決って、新興宗教かって!」と批判している[31]
  • シン・ゴジラ』については、話の展開についていくことができずに、40分で視聴を断念している[32]
  • 君の名は。』については、未見であるが、日本映画で興行2位の成績をあげたことについて「あんなオタクのオナニー動画を、1000万人が観るようになったら、オレは終わりやと思うけどね。あれは「映画」ちゃうから。」と評している[32]

政治・歴史的主張[編集]

  • 2005年暮れに出演したテレビで、愛国心について「わざわざ憲法に明文化する必要などない」と発言したところ、同時に出演していた評論家の三宅久之に「愛国心のない人間なんぞは、この日本に住む理由もない。日本から出て行ったらいいんだ」と言われ、「そんなのはクソ理論でしょ。そういう考えが一番コワイことなんです」と反論した。また、この時のことを振り返って「あれがスタジオでなくて街頭でなら、パッチギ(頭突き)3発は食らわしてたところだった。テレビの生放送中にそんな暴力をやらかしたらヤバいし、でも無性にドツき回したいし、どうしたもんかと体中の血管もシャーベット状になりかけるわ、久しぶりにキレそうだった」と自身が連載するスポーツ紙のコラムに記している[33]
  • 「日本の政治家はコスタリカを見習えよ。軍を廃止して、丸裸の国ですよ」と日本の防衛体制として非武装中立を主張している(コスタリカは常設軍の廃止をしているが、軍事クーデターの防止のためであり、日本と異なり交戦権は廃止していない。また、軍隊に匹敵する警察力を持ち、非常時には軍隊を組織し徴兵制を敷く事を憲法で定めている)[34]
  • 在日韓国・朝鮮人については「日本に取り残されて生まれた」人々で在日韓国・朝鮮人一世は「労働力や徴兵のために強制的に日本に連れて来られてきた人たち」とし、「ちゃんと日本国民の権利を取得させて、必要な人には補償もして、日本国民と平等に」すべきで「それが本当の謝罪」と主張している[35]
  • 若者の雇用問題について、NHKの特番にて「家族のもとに帰れば、何か頼りになることがあるはず」「もうちょっと身近な人を探す、そこの関係性、そういう人たちとコネクトして行くこと」「職を探すよりね、人を探せっていう」と発言した[36]
  • 平和安全法制に反対している[37]
  • 角田房子の記した小説『閔妃暗殺―朝鮮王朝末期の国母』について、週刊新潮の「私の名作ブックレビュー」でこの本を取り上げて日本がいかに朝鮮で悪いことをしたかを述べ「その生々しさ、血腥さを、いまは誰も知らない」と寄稿している[38]

受賞歴[編集]

作品[編集]

映画(作品)[編集]

主な監督作品[編集]

監督以外での参加作品[編集]

舞台[編集]

舞台演出[編集]

映画監督のほか、自らの映画作品を原作とした舞台の演出も手がけている。

出演[編集]

現在出演中の番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

インターネット配信[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画(出演)[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • あの娘をペットにしたくって 双葉社, 1986.9
  • 宇宙の法則 リクルート出版, 1990.1
  • アメリカの活動写真が先生だった 小学館, 1998.12
  • こちトラ自腹じゃ ワニマガジン社, 2002.11
  • 小説ゲロッパ! ソニー・マガジンズ, 2003.8
  • アホか、お前ら! 徳間書店, 2004.2
  • 虎の門井筒和幸のこちトラ自腹じゃ! 101本斬り テレビ朝日コンテンツ事業部, 2004.12
  • サルに教える映画の話 バジリコ, 2005.10
  • 民族の壁どついたる! 河出書房新社, 2007.5. -- (14歳の世渡り術)
  • ガキ以上、愚連隊未満。ダイヤモンド社, 2010.5

共著[編集]

連載[編集]

週刊アサヒ芸能に「井筒監督の毒舌ストレート時評 アホか、お前ら!」を連載している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル大辞泉「井筒和幸」
  2. ^ スペシャルインタビュー 映画監督:井筒和幸 プロフィール参照 B-Plus 2012年10月号
  3. ^ NHK探検バクモン「禁断の映画パラダイス」2012年10月24日放送
  4. ^ 上映したらアカン映画なんかないんじゃ!
  5. ^ 月刊シナリオ 2019年4月号
  6. ^ 中島らも鮫肌文殊『ひそひそくすくす大爆笑』(メディアファクトリー)に収録の井筒監督との対談より
  7. ^ 授賞式は2011年3月27日に予定されていたが、東日本大震災の発生に伴い開催されなかった[1]
  8. ^ 公益財団法人大阪観光局 ロケ地を巡る、大阪まち歩き『黄金を抱いて翔べ』コース
  9. ^ 朝日新聞1992年3月5日
  10. ^ a b c 朝日新聞2004年9月11日
  11. ^ アエラ2002年7月1日
  12. ^ アメリカの活動写真が先生だった 小学館、1998.12、「本当は「サンドペブル」 『砲艦サンパブロ』」
  13. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.4 自分でやる
  14. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.15 変わらない
  15. ^ <「やりやがったな、この野郎!」井筒監督がイーストウッド「グラン・トリノ」を絶賛 <https://www.crank-in.net/news/11639/1
  16. ^ 「<映画駄話 〜ザ・プレミアム〜> 井筒和幸 監督の<犯罪映画>大好き!」
  17. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.2 とことんやる
  18. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.5 飛翔
  19. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.16 丁々発止
  20. ^ 『ノーカントリー』日本版公式サイトのコメントより https://www.nocountry.jp/
  21. ^ [2]
  22. ^ 週刊現代2017年9/30号の134p井筒コラム「今週の映画監督」
  23. ^ 井筒和幸が日本映画界に警鐘「腰骨のない邦画界にケンカ売らないと」
  24. ^ 「アメリカの活動写真が先生だった 小学館, 1998.12。」「イタリアン・アメリカン 『ゴッドファーザーpartII』」
  25. ^ 自著「サルに教える映画の話(バジリコ、2005.10)」の主に『ゴッドファーザー』の他にウディ・アレン作品にヴィットリオ・ストラーロに『映画に愛をこめて アメリカの夜』等を絶賛した98p-108p「世界が驚いた革命的な映像」
  26. ^ 週刊現代 2016年3月26・4月2日合併号 「井筒和幸の今週の映画監督」
  27. ^ テレビ朝日12月23日 こちトラ自腹じゃ!SP[リンク切れ]
  28. ^ 2006年2月17日夕刊ゲンダイ
  29. ^ 2006年3月16日東京スポーツ
  30. ^ 映画「永遠の0」を痛烈批判した井筒監督 「見た後で自分の記憶から消したくなった」 J-CASTニュース 2014年1月21日
  31. ^ アサヒ芸能 マツコ×井筒監督 ニッポンをしばき倒し“アホか、お前らDX”(4)「“スターウォーズ”のせいで他の映画が割り食ってる?」 [3]
  32. ^ a b 井筒監督×マツコ・デラックス「ドアホちゃうか、ニッポン!」スペシャル対談(2)アニメは“日本人の顔”が1つもない”. アサ芸プラス. アサヒ芸能 (2017年1月7日). 2017年1月7日閲覧。
  33. ^ 「井筒和幸だ シバキ!ハンダづけ!!」 東京スポーツ 2006年1月5日
  34. ^ 「井筒和幸だ シバキ!ハンダづけ!!」 東京スポーツ 2006年11月2日
  35. ^ 井筒和幸『民族の壁どついたる!』 [要ページ番号]
  36. ^ 「首都圏スペシャル プロジェクト2030 つながれない若者たち -希望ある未来へ-」 - 【NHK総合】2012年10月26日
  37. ^ 中日新聞 2015年10月29日付
  38. ^ 週刊新潮 2007年3月29日号
  39. ^ 短期間だがこの名前で活動したがほどなく本名に戻した。