井納翔一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
井納 翔一
読売ジャイアンツ #21
20140308 Shouichi Inoh, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2014年3月8日の井納翔一(横浜DeNAベイスターズ時代、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江東区
生年月日 (1986-05-01) 1986年5月1日(35歳)
身長
体重
188 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト3位
初出場 2013年4月4日
年俸 1億円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井納 翔一(いのう しょういち、1986年5月1日 - )は、東京都江東区出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

ニックネームは「宇宙人[2](後述)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代は軟式野球の大島クラブに所属。木更津総合高等学校時代には、2年夏にチームが第85回全国高等学校野球選手権大会に出場するも、自身は阪神甲子園球場のスタンドで応援していたという[3]。結局、在学中には甲子園球場のマウンドを踏めなかった。

高校卒業後に上武大学へ進学。4年時に頭角を現すと、チームの関甲新学生野球リーグ春秋2季連覇に貢献し、2季連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した[4]。チームの春季リーグ優勝で臨んだ第57回全日本大学野球選手権大会で、全国大会へのデビューを果たした。当時の同期生に豊田拓矢、1学年先輩に加賀繁石川俊介、1学年後輩に松井雅人安達了一がいる。

大学からの卒業後に、NTT東日本へ入社。2年目に第37回社会人野球日本選手権大会で登板したものの、入社してから3年間は芳しい成績を残せなかった。一時は引退も覚悟していたが、スプリットの習得と投球フォームの修正が功を奏して、4年目にエースの座を確保した[4]。当時のチームメイトに、清田育宏小石博孝がいる。大学・社会人時代には「イノビッシュ」という称号を得ていた[5][6]

2012年10月25日に行われたNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから3巡目で指名[7]。契約金6,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[8]。背番号は15

DeNA時代[編集]

2013年は公式戦の開幕から一軍の先発ローテーションに入ると、4月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(横浜スタジアム)で公式戦にデビュー。5月7日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で、プロ初勝利を挙げた[9]。その後は、体重の増加によって[3]不安定な投球が続いたことから、中継ぎや二軍への降格も経験した。二軍調整中に体重を絞ったり、ストレートの勢いを取り戻したりした[3]ことから、一軍に復帰した8月以降は公式戦5試合で3勝を記録。9月28日の対巨人戦(横浜)で、一軍初の完投勝利を挙げた[10]。DeNAの新人投手による一軍での対巨人戦完投勝利は、大洋時代の1977年斉藤明雄が記録して以来36年ぶりであった。シーズン通算では、一軍公式戦18試合に登板。5勝7敗2ホールド、防御率5.34を記録した。シーズン終了後の11月には、台湾で開かれた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」で、日本代表のメンバーとして[11]中継ぎで2試合に登板した。オフに、650万円増の推定年俸1,650万円で契約を更改した[12]

2014年は2年連続で開幕ローテーション入りを果たすと、3月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でシーズン初勝利を挙げた[13]。5月9日の対東京ヤクルトスワローズ戦(横浜)では、6回表に1イニング3暴投のNPB一軍公式戦タイ記録[14]を喫したが、5月23日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)ではプロ初完封勝利で7勝目を挙げた[15][注釈 1]。5月を1完封を含む4勝無敗で終えたことから、DeNAの投手では初めてセ・リーグ投手部門の月間MVPを受賞した[16]。前半戦の好調を受けて、オールスターゲームには、セ・リーグの監督推薦選手として初出場[17]。7月25日の対ヤクルト戦(神宮)では、DeNAの投手としては初となるシーズン10勝目をリーグで最も早く記録した[注釈 2]。一軍公式戦では、通算で25試合に登板。防御率は4点台ながら、自身初の2桁勝利(11勝)を挙げ、リーグ最多の3完投を記録した。シーズン終了後の日米野球2014では、日本代表に再び選出される[20]と、中継ぎで2試合に登板した。オフに、2,250万円増の推定年俸3,900万円で契約を更改した[21]

2015年3月11日に東京ドームで開かれた「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」第2戦で、日本代表の2番手投手として4回表から登板。2回を無失点に抑えた[22]。シーズン終了後の11月に開催の2015 WBSCプレミア12でも、日本代表の第1次候補選手に選ばれた[23]ものの、最終ロースターの28名に残らなかった[24]。公式戦の開幕当初は、好調なチーム状況を背景に、一軍公式戦での先発で勝ち星を量産。しかし、チームの調子が失速するにつれて、自身の成績も下降線をたどった。一軍公式戦全体では、21試合で5勝8敗を記録。防御率(3.27)を前年から改善させた一方で、被打率が3割を超えるなど、不安定な投球に終始した。オフに、600万円増の推定年俸4,500万円で契約を更改した[25]

2016年3月25日の広島とのレギュラーシーズン開幕戦(マツダスタジアム)で、プロ入り後初めて開幕投手を任された。新任監督のアレックス・ラミレスから先発投手に指名されていた山口が、開幕直前の調整登板中に右足首を捻挫したことに伴う措置であった[26]が、7回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げた。山口がセ・リーグの監督推薦選手として第2戦(7月16日・横浜)での先発が内定していたオールスターゲーム[27]でも、山口が選出後の投球練習中に左足首を捻挫した[28]影響で出場を辞退すると、代替選手に選出され、第2戦の先発投手にも起用された[27]。レギュラーシーズン通算では、一軍公式戦23試合に登板。通算成績は7勝11敗で、自身初の2桁敗戦を喫したが、先発陣の一角でチーム史上初のクライマックスシリーズ(CS)出場に貢献した。CSでは、巨人とのファーストステージ第1戦(10月8日・東京ドーム)に先発。7回2失点で勝利投手になり、チームにCS初勝利をもたらした。チームの2連敗で迎えた広島とのファイナルステージ第3戦(10月14日・マツダスタジアム)にも先発すると、7回無失点の好投でチームのファイナルシリーズ初勝利に貢献。しかし、チームは翌10月15日の第4戦に敗れたため、日本シリーズへの進出を逃した。オフに、2,700万円増の推定年俸7,200万円で契約を更改した[29]

2017年はレギュラーシーズンの一軍公式戦初勝利が5月5日の対ヤクルト戦(横浜)まで持ち越されたが、シーズン5試合目の登板であったこの試合を1失点で完投[30]オールスターゲームのセ・リーグ監督推薦選手に内定していたチームメイトの新人・濵口遥大が故障で出場を辞退したため、前年に続いて補充選手に選出[31]。7月15日の第2戦(ZOZOマリンスタジアム)にセ・リーグ選抜の3番手投手として登板したが、2回1失点で敗戦投手になった[32]。レギュラーシーズン全体でも、先発ローテーションの一角を担いながら、2年連続の負け越しと2桁敗戦を喫した。しかし10月1日の対広島戦(横浜)では、レギュラーシーズンで唯一救援に起用。7回表の1イニングを無失点で凌ぎ、チームの2年連続CS進出を確定させた[33]。CSでは、阪神とのファーストステージ第1戦(10月14日・甲子園)に先発で黒星を喫したものの、10月20日には広島とのファイナルステージ第2戦でも先発登板。2回表に自身の適時打でもたらした1点を、6回無失点で守り切り、2年続けてファイナルステージで広島から白星を挙げた[34]福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、10月28日の第1戦(福岡ヤフオク!ドーム)で先発を任されたが、5回裏一死までに7点を失いシリーズ初黒星[35]。2日後(10月31日)の第3戦(横浜)から救援要員に回る[36]と、第3戦と11月4日の第6戦(ヤフオク!ドーム)では、ビハインドの局面からの救援登板をいずれも無失点で凌いだ。オフに、1,300万円増の推定年俸8,500万円で契約を更改した[37]

2018年には3年連続でレギュラーシーズンで負け越しが続いたことと、投手としてのポテンシャルの高さを背景に、「先発させるより、(中継ぎで)1イニングをきっちり投げてもらった方が、チームの勝利につながる可能性は高くなる」というラミレスの方針で、「勝利の方程式」を担うロングリリーフ要員へ本格的に転向[38]。4月13日の対中日戦(横浜)では、直近のカードまで5試合連続で登板していた山﨑康晃に代わってクローザーを任され、一軍公式戦で初めてのセーブを記録した[39]。以降の公式戦でも中継ぎで2勝を挙げたが、5月の登板試合で救援の失敗が続いたため、5月23日に出場選手登録を抹消された[40]。先発要員として二軍で再調整中の7月1日には、イースタン・リーグの対北海道日本ハムファイターズ戦(横須賀スタジアム)で、リーグ史上23人目のノーヒットノーランを達成。野球人生で初めてのノーヒットノーランとなり、許した走者は与四球による1人だけだった[41]。後に一軍でも先発ローテーションの一角を担ったが、9月14日の対巨人戦(横浜)でシーズン6勝目を挙げたことを最後に登録を抹消。10月1日に右肘のクリーニング手術を受けた[42]。一軍公式戦全体では、24試合の登板で、防御率3.57、6勝3敗1セーブを記録。シーズンの負け越しを4年ぶり、シーズン2桁敗戦を3年ぶりに免れた。オフに、推定年俸7,200万円(前年から1,300万円減)という条件で契約を更改した[43]

2019年には球団公式戦通算4,000勝を達成した4月7日の対巨人戦(横浜)と、通算5,000敗目を喫した6月15日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)に先発。いずれの試合でも責任投手となった[44]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦15試合に登板。救援での登板は1試合だけだったが、前年に受けた右肘手術の影響で1試合当たりの投球数を制限していたことから、通算の投球イニングは70回にとどまった。また、4勝5敗で2年ぶりに負け越したほか、チームがレギュラーシーズン2位で進出したCSでは登板の機会がなかった。CSの終了後に、推定年俸6,100万円(前年から1,100万円減)という条件で契約を更改(詳細後述[45]

2020年にはレギュラーシーズンの開幕から一軍の先発ローテーションに定着。17試合の登板で6勝7敗と負け越しながらも、前年を上回る89イニングを投げたほか、防御率3.94を記録した。シーズン最終盤の11月1日に国内FA権を初めて取得[46]。シーズン終了後の11月27日に、FA権を行使することを表明した。本人曰く「(DeNA)球団を出ることを決断したわけではなく、(権利を)持っていても仕方がないから行使した」とのことで、DeNA球団も行使を表明したうえでの残留を容認[47]。12月5日に、フリーエージェント宣言選手としてNPBから公示された[48]。もっとも、他球団への移籍に伴う人的補償措置が不要な選手(Cランク)と推定されることから[49]、ヤクルトや巨人が獲得の意向を表明[50]。本人は、公示の翌日(12月6日)から両球団との交渉にも臨んでいる[51]

巨人時代[編集]

2020年12月14日、井納と同じくDeNAからFA宣言をしていた梶谷隆幸とともに巨人と契約したことが発表された[52][53]。背番号は21[52]。2年契約で推定総額2億円[1]

2021年、開幕ローテーション入りを果たし、開幕5戦目となった3月31日の中日ドラゴンズ戦で移籍後初先発するも、立ち上がりから不安定で1回0/3を5安打4失点で降板した[54]。試合後に二軍落ちが決まり翌4月1日に一軍登録を抹消された[55]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから投じるスプリットが武器。ストレートの球速は最速152km/h[注釈 3](平均で約144km/h)[56]で、スライダーや110km/h台のカーブも投げられる。カーブの軌道が大きいことも特徴[57]

人物[編集]

前述通りニックネームは「宇宙人」であるが、横浜時代は「ハマの宇宙人[58][59]とも呼ばれていた。また、阿部寛に似ていることから、「ハマの下町ロケット」、「ハマのメンズノンノ」とチーム内で呼ばれていた[60]

DeNA1年目の2013年には、9月28日に横浜スタジアムで対巨人戦への先発が予定されていたにもかかわらず、前日(9月27日)のチーム練習に遅刻。投手兼任で一軍の投手コーチを務めていた三浦大輔から激しい叱責を受けた。翌日は当初の予定に沿って先発したものの、試合前には前日の遅刻を報告されていた一軍監督の中畑清(肩書はいずれも当時)から「今日頑張らないと、どうなるか分かってるよな?」と告げられた。しかし、井納はこの言葉で奮起すると巨人打線を相手に一軍公式戦では初めての完投勝利を挙げた。三浦は現役引退後に2019年シーズンから一軍投手コーチ専任でチームに復帰したが、井納と共に参加した2018年12月22日のトークショーでは上記のエピソードを披露した井納に向かって、「緊張感を持たせるには、毎日怒ればいいのか?」というジョークを交えながら厳しい指導を予告していた[61]

DeNA球団から2年連続の減俸提示を受けた末に契約を更改した2019年12月3日には、更改後の記者会見で報道陣から年俸の下がり幅を訊かれたところ、「前年(2018年の契約更改)ほどには下がってないですけど…。後はWikipedia(当ページ)で調べて下さい」と答えている[45]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 DeNA 18 14 1 0 0 5 7 0 2 .417 401 89.1 101 7 35 0 2 66 1 0 56 53 5.34 1.52
2014 25 25 3 1 1 11 9 0 0 .550 682 159.1 163 18 49 1 7 104 8 0 83 71 4.01 1.33
2015 21 20 3 0 1 5 8 0 0 .385 598 134.2 164 13 40 0 3 92 7 1 56 49 3.27 1.51
2016 23 23 2 1 0 7 11 0 0 .389 654 151.2 156 14 47 2 6 113 6 0 65 59 3.50 1.34
2017 25 24 1 0 0 6 10 0 0 .375 636 152.1 147 9 46 1 8 93 3 0 66 65 3.84 1.27
2018 24 7 0 0 0 6 3 1 8 .667 256 61.0 60 5 16 2 2 44 2 0 27 24 3.54 1.25
2019 15 14 0 0 0 4 5 0 0 .444 309 70.0 74 5 28 3 3 50 3 1 43 37 4.76 1.46
2020 17 17 1 0 0 6 7 0 0 .462 384 89.0 98 10 26 7 1 69 2 0 41 39 3.94 1.39
NPB:8年 168 144 11 2 2 50 60 1 10 .455 3920 907.1 963 81 287 16 32 631 32 2 437 397 3.94 1.38
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2013 DeNA 18 1 26 0 0 1.000
2014 25 8 20 2 2 .933
2015 21 3 28 0 2 1.000
2016 23 11 23 0 2 1.000
2017 25 9 22 0 2 1.000
2018 24 4 9 0 1 1.000
2019 15 3 8 0 0 1.000
2020 17 7 17 1 0 .960
通算 168 46 153 3 9 .985
  • 2020年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 15(2013年 - 2020年)
  • 21(2021年 - )

登場曲[編集]

  • 「Turn All The Lights On」 T-Pain feat. Ne-Yo(2013年)
  • 「Still Alive」BIGBANG(2014年)
  • 「Jumpin' up」Sushy(2015年、マウンド時)
  • 「Plakito(Remix)」Yandel(2015年、打席時)
  • 「BANG BANG BANG」BIGBANG(2016年)
  • 「Visionary」Farruko(2017年 - 、マウンド時)
  • 「Super Girl」TeamK from CYBERJAPAN(2017年、打席時)
  • 「The Power Of Now」Steve Aoki & Headhunterz(2018年 - 、打席時)
  • 「brave up!!」lol-エルオーエル-(2021年 - 、マウンド時)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ DeNAの投手が一軍公式戦で5月までに7勝を挙げた事例は、大洋時代の1992年佐々木主浩が記録して以来、22年ぶり10人目であった。
  2. ^ 前身球団を含むDeNA投手によるリーグの10勝一番乗りは、横浜ベイスターズ時代の1993年野村弘樹が達成して以来21年ぶり[18]。単独での一番乗りは、大洋時代の1985年遠藤一彦が記録して以来29年ぶりであった[19]
  3. ^ 2014年8月24日 対ヤクルト戦 3回裏に記録
    2015年7月24日 対阪神戦 4回裏に記録
    2017年6月9日 対西武戦 2回裏に記録

出典[編集]

  1. ^ a b 井納2年2億円で巨人入り「戦力に」決め手は原監督”. 日刊スポーツ (2020年12月14日). 2021年3月31日閲覧。
  2. ^ 巨人・井納翔一が「進撃の宇宙人」に“変身” アイディア弾けるキャップが話題”. Full-Count (2021年3月24日). 2021年3月31日閲覧。
  3. ^ a b c さすが宇宙人!?井納、防御率4点台でもトップタイ6勝”. スポニチ Sponichi Annex (2014年5月17日). 2014年5月17日閲覧。
  4. ^ a b 横浜DeNA3位・井納翔一「入社4年目にして開花した大型右腕」 ~ルーキーたちの軌跡No.8~”. SPORTS COMMUNICATIONS (2013年1月4日). 2014年3月6日閲覧。
  5. ^ “《野球太郎ストーリーズ》DeNA2012年ドラフト3位、井納翔一。のんびり屋が目覚め「イノビッシュ」に大変身”. 週刊野球太郎. (2018年7月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/amateur/news/p-bb-tp3-20080611-370757.html 2020年1月28日閲覧。 
  6. ^ “上武大イノビッシュ白星発進/大学選手権”. 日刊スポーツ. (2008年6月11日). https://yakyutaro.jp/r.php?hash=Lf6kb 2020年1月28日閲覧。 
  7. ^ 2012年ドラフト会議 契約交渉権獲得選手について”. 横浜DeNAベイスターズ (2012年10月25日). 2014年3月6日閲覧。
  8. ^ 【DeNA】ドラ3井納と仮契約”. 日刊スポーツ (2012年11月8日). 2021年3月31日閲覧。
  9. ^ DeNA 5月以降で2038日ぶりの勝率5割 井納はプロ初勝利”. スポニチ Sponichi Annex (2013年5月7日). 2014年3月6日閲覧。
  10. ^ DeNA3連勝! 井納、4安打2失点でプロ初完投勝利”. スポニチ Sponichi Annex (2013年9月28日). 2014年3月6日閲覧。
  11. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ トップチーム”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2015年3月30日閲覧。
  12. ^ ルーキー井納、1650万円で更改 来季は「最低でも2桁」”. スポーツニッポン (2013年12月5日). 2021年3月31日閲覧。
  13. ^ “DeNA・井納、粘って今季初勝利「野手の方に感謝」”. SANSPO.COM (産経新聞(共同通信配信記事)). (2014年3月29日). オリジナルの2014年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140404002931/https://www.sanspo.com/baseball/news/20140329/den14032920120003-n1.html 2014年6月17日閲覧。 
  14. ^ “DeNA・井納「感謝」プロ野球ワースト1イニング3暴投も5勝目”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2014年5月10日). https://www.sanspo.com/article/20140510-PLG73W6WUVKRJB6Z5SBIK2LGUE/ 2014年5月10日閲覧。 
  15. ^ “DeNA・井納初完封、ハーラートップ7勝”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2014年5月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140524-1305968.html 2014年6月17日閲覧。 
  16. ^ a b “井納 DeNA投手では初の月間MVP”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2014年6月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140606-1313229.html 2014年6月6日閲覧。 
  17. ^ “DeNA井納初球宴「感謝して投げたい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2014年7月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140703-1328129.html 2014年7月3日閲覧。 
  18. ^ DeNA・井納がリーグ最速10勝で待望のエースへ”. All About (2014年7月28日). 2021年3月31日閲覧。
  19. ^ DeNA井納10勝一番乗り 単独は85年遠藤以来チーム29年ぶり”. スポーツニッポン (2014年7月26日). 2021年3月31日閲覧。
  20. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表!”. 侍ジャパン公式サイト (2014年10月9日). 2015年3月26日閲覧。
  21. ^ DeNA井納3900万円で更改「納得」”. 日刊スポーツ (2014年12月1日). 2021年3月31日閲覧。
  22. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日). 2016年3月10日閲覧。
  23. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日). 2015年8月4日閲覧。
  24. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日). 2015年11月11日閲覧。
  25. ^ DeNA井納の野望「トリプルツー」達成させる”. 日刊スポーツ (2015年12月3日). 2021年3月31日閲覧。
  26. ^ DeNA山口 開幕回避濃厚 代役候補は井納か久保康”. 日刊スポーツ (2016年3月20日). 2021年3月31日閲覧。
  27. ^ a b DeNA山口が球宴辞退、井納が補充選手に”. 日刊スポーツ (2016年7月11日). 2021年3月31日閲覧。
  28. ^ DeNA山口練習中に足首負傷 球宴にも影響か練習中に足首負傷 球宴にも影響か”. 日刊スポーツ (2016年7月9日). 2021年3月31日閲覧。
  29. ^ DeNA 井納、1・6倍増 山口の穴を埋める!「期待に応えないと」”. スポーツニッポン (2016年12月8日). 2021年3月31日閲覧。
  30. ^ DeNA井納が今季初勝利、ヤクルト由規は初黒星”. 日刊スポーツ (2017年5月5日). 2021年3月31日閲覧。
  31. ^ DeNA浜口が左肩違和感で球宴辞退、代替に井納”. 日刊スポーツ (2017年7月13日). 2021年3月31日閲覧。
  32. ^ 2017年度マイナビオールスターゲーム 試合結果(第2戦)”. 日本野球機構 (2017年7月15日). 2021年3月31日閲覧。
  33. ^ ラミレス監督采配スバリ!4番に筒香戻し8番に投手”. 日刊スポーツ (2017年10月2日). 2021年3月31日閲覧。
  34. ^ 井納宇宙的感覚“黒田食い”で6回途中0封&V適時打”. 日刊スポーツ (2017年10月21日). 2021年3月31日閲覧。
  35. ^ DeNA井納が大炎上 5回途中7失点で怒りの鉄拳”. 日刊スポーツ (2017年10月28日). 2021年3月31日閲覧。
  36. ^ DeNA井納が救援登板「チームのためにもと考えた」”. サンケイスポーツ (2017年10月31日). 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  37. ^ DeNA井納1300万増「数字表れぬところ評価」”. 日刊スポーツ (2017年12月2日). 2021年3月31日閲覧。
  38. ^ DeNA・井納、リリーフ転向へ「先発のプライドは捨てて、中継ぎに徹する」”. BASEBALL KING (2018年3月25日). 2021年3月31日閲覧。
  39. ^ 康晃休ませた DeNA井納 6年目でプロ初S”. スポーツニッポン (2018年4月14日). 2021年3月31日閲覧。
  40. ^ DeNA・・井納 登録抹消 最近3試合連続で失点”. スポーツニッポン (2018年5月23日). 2021年3月31日閲覧。
  41. ^ DeNA井納二軍で準完全「早く一軍に上がりたい」”. 日刊スポーツ (2018年7月2日). 2021年3月31日閲覧。
  42. ^ DeNA・井納が右肘クリーニング手術”. スポーツニッポン (2018年10月1日). 2021年3月31日閲覧。
  43. ^ DeNA井納1300万減「先発ローテに入りたい」”. 日刊スポーツ (2018年11月29日). 2021年3月31日閲覧。
  44. ^ DeNA井納が異例「5000敗」、「4000勝」両方の責任投手に”. サンケイスポーツ (2019年6月15日). 2021年3月31日閲覧。
  45. ^ a b DeNA井納「ウィキで調べて」1100万円減”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2021年3月31日閲覧。
  46. ^ DeNA・井納が国内FA権初取得 「目標の一つでもあった」”. サンケイスポーツ (2020年11月1日). 2021年3月31日閲覧。
  47. ^ DeNA井納、FA宣言でも“らしさ”炸裂? 「権利持っていても仕方ない」「金額で決めない」”. Full-Count (2020年11月27日). 2021年3月31日閲覧。
  48. ^ フリーエージェント宣言選手”. 2020年12月16日閲覧。
  49. ^ FA宣言7選手公示 ロッテ沢村、松永、DeNA井納、梶谷、ヤクルト小川 西武・増田、熊代は残留”. スポーツニッポン (2020年12月5日). 2020年12月16日閲覧。
  50. ^ ヤクルト、井納に“即日アタック”!先発不足解消へ年俸1億円程度、複数年契約提示か” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年12月6日). 2020年12月16日閲覧。
  51. ^ 井納は巨人入りへ「いい話」ヤクルト、DeNA交渉” (日本語). 日刊スポーツ (2020年12月6日). 2020年12月16日閲覧。
  52. ^ a b FAの井納、梶谷両選手と契約”. 読売巨人軍 (2020年12月14日). 2020年12月16日閲覧。
  53. ^ 巨人にFA移籍の梶谷、井納が入団会見 梶谷は髭サッパリ「今朝剃った」”. Full-Count (2020年12月14日). 2021年3月31日閲覧。
  54. ^ 巨人・井納 プロ最短KO 頭部裂傷乗り越え移籍後初先発も…2軍落ち決定”. デイリースポーツ (2021年4月1日). 2021年4月1日閲覧。
  55. ^ ヤクルト山田ら登録、巨人井納ら抹消/1日公示”. 日刊スポーツ (2021年4月1日). 2021年4月1日閲覧。
  56. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2014年、172頁。ISBN 978-4-905411-17-8。
  57. ^ DeNA井納3回零封 中畑監督「名前通り、いーのー」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月25日). 2014年3月6日閲覧。
  58. ^ “DeNAの宇宙人・井納、虎の超人・糸井斬り”. デイリースポーツ online. (2017年4月11日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/04/11/0010084910.shtml 2017年10月29日閲覧。 
  59. ^ “【DeNA】“ハマの宇宙人”井納の不思議キャラ…キャンプなぜか外国人組”. スポーツ報知. (2017年10月21日). オリジナルの2017年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171024200752/https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171021-OHT1T50018.html 2017年10月29日閲覧。 
  60. ^ DeNAで「ハマのメンズノンノ」と呼ばれているのは…”. サンケイスポーツ (2018年12月22日). 2021年9月11日閲覧。
  61. ^ “三浦大輔氏が鬼宣言、井納怒ったら完投した過去”. 日刊スポーツ. (2018年12月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812220000633.html 2017年10月29日閲覧。 
  62. ^ a b 神奈川新聞、2013年4月5日。
  63. ^ 神奈川新聞、2013年5月7日。
  64. ^ 神奈川新聞、2013年6月23日。
  65. ^ 神奈川新聞、2013年4月11日。
  66. ^ 神奈川新聞、2013年4月25日。

関連項目[編集]