井辺康二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
井辺 康二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県磐田郡佐久間町(現:浜松市天竜区
生年月日 (1959-07-21) 1959年7月21日(57歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
初出場 1983年10月4日
最終出場 1992年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 千葉ロッテマリーンズ (1993 - 1994)

井辺 康二(いべ やすじ、1959年7月21日 - )は、静岡県[1]出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

静岡・東海大一高(現・東海大学付属静岡翔洋高等学校)では本格派好投手として注目を集め、1977年、3年次には夏の甲子園県予選で決勝に進むが、掛川西に0-1で惜敗し甲子園には出場できなかった。

進学した東海大学では在学中首都大学リーグで5度優勝。リーグ通算39試合登板、22勝3敗、防御率1.42、224奪三振。1年生春季のリーグ戦でいきなり6勝無敗の成績で最優秀投手とベストナインに選ばれた。そのまま当時のリーグ記録である19連勝を記録した[1]1979年の第8回日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。しかし3年時の秋季リーグ以降は、白武佳久らのいた日体大の台頭により優勝から遠ざかる。大学の一期上に原辰徳津末英明ら、同期には伊藤寿文、同郷の青山道雄がいた。

1981年ドラフト1位でロッテに入団[1]。速球に威力があり先発の柱として期待されたが、制球力に難があり伸び悩む。その後は主に中継ぎとして起用され、1991年には4勝をあげた。1992年限りで現役引退。1993年1994年ロッテ投手コーチ[1]。その後球団広報を経て現在は同球団のスカウトを務めている[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 ロッテ 3 2 1 0 0 1 1 0 -- .500 69 15.1 13 1 11 0 1 5 0 0 10 9 5.28 1.57
1984 15 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 132 29.2 21 4 23 1 2 18 0 0 15 10 3.03 1.48
1986 44 5 2 0 0 2 4 1 -- .333 497 112.1 125 17 46 2 6 75 1 0 51 49 3.93 1.52
1987 14 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 74 14.2 20 0 9 0 1 12 2 0 14 12 7.36 1.98
1988 24 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 226 50.1 51 2 23 3 2 22 1 0 29 24 4.29 1.47
1989 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 79 17.1 18 2 14 1 1 6 2 0 11 8 4.15 1.85
1990 20 0 0 0 0 2 0 3 -- 1.000 184 43.2 33 5 28 2 1 21 2 0 13 13 2.68 1.40
1991 29 0 0 0 0 4 2 0 -- .667 235 53.2 41 3 32 3 1 42 4 0 21 17 2.85 1.36
1992 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 46 10.1 9 1 6 0 1 7 0 1 4 4 3.48 1.45
通算:9年 168 7 3 0 0 10 12 4 -- .455 1542 347.1 331 35 192 12 16 208 12 1 168 146 3.78 1.51

記録[編集]

背番号[編集]

  • 19 (1982年 - 1992年)
  • 79 (1993年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、64ページ
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P18

関連項目[編集]