井野辺茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井野辺 茂雄(いのべ しげお、1877年1月25日 - 1954年1月20日)は、日本史学者。

高知県出身。国学院卒。1906年から東京帝国大学史料編纂所で『国史大辞典』を編纂、1909年から渋沢栄一のもとで萩野由之らと『徳川慶喜公伝』を編修。1923年史料編纂官となり「大日本史料」を編修、國學院大學教授。戦後は立正大学教授。

1935年、東京大学文学博士。論文は「対外策ヨリ考察セル維新前史ノ研究」[1]

著書[編集]

  • 『幕末史概説』紀元社 1927
  • 『幕末史の研究』雄山閣 1927
  • 『明治維新史』ロゴス書院 1929
  • 『維新史考』中文館書店 1933
  • 『維新前史の研究』中文館書店 1935
  • 『少年大日本史 明治維新』建設社 1935
  • 『実業帝国小史』中文館書店 1936
  • 『新修帝国小史教授参考』中文館書店 1938
  • 『明治維新と国体擁護』新更会刊行部 1938
  • 『新修女子帝国小史教授参考 上級用』中文館書店 1939
  • 『容堂公と政権返上の建白』山内神社 1940
  • 『王政復古の指導精神』神祇院 1942 敬神思想普及資料
  • 『維新史大観』秩父書房 1943

共編[編集]

  • 『国史大辞典』八代国治、早川純三郎共編 吉川弘文館 1908
  • 『七十偉人』編 武田文永堂 1909
  • 『勤王志士遺文集 第3』校 春陽堂書店 大日本文庫 勤王篇 1937
  • 『日本全史 第3 (江戸時代史、明治時代史) 』阿部真琴藤井甚太郎共著 平凡社 1940
  • 『武士道全書』全12巻 佐伯有義植木直一郎共編 時代社 1942-1944 のち国書刊行会から復刻
  • 『西村勝三の生涯 皮革産業の先覚者』佐藤栄孝共編 西村翁伝記編纂会 1968

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  • 著作集 - 近代デジタルライブラリー