亘四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
亘 四郎
わたり しろう
生年月日 1899年11月8日
出生地 新潟県南蒲原郡三条町上町
没年月日 (1977-04-04) 1977年4月4日(77歳没)
出身校 ラトガース大学
前職 会社役員
所属政党日本自由党→)
民主自由党→)
自由党→)
(分党派自由党→)
(日本民主党→)
自由民主党
称号 正三位勲一等旭日大綬章
配偶者 静子
親族 実兄:堤清六日魯漁業株式会社創業者、衆議院議員

選挙区 新潟県第2区(大選挙区)→
旧新潟3区
当選回数 8回
在任期間 1946年6月20日 - 1960年10月24日
1963年11月21日 - 1966年4月12日

当選回数 2回
在任期間 1966年5月8日 - 1974年4月30日

選挙区 新潟県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1974年7月7日 - 1977年4月4日
テンプレートを表示

亘 四郎(わたり しろう、1899年11月8日 - 1977年4月4日)は、日本政治家衆議院議員(8期)、新潟県知事(47代 - 48代、在任1966年 - 1974年)、参議院議員(1期)。日魯漁業創業者の堤清六は実兄。

来歴[編集]

呉服商「近清」7代目の堤清七・千代の四男(第7子)として新潟県南蒲原郡三条町上町に出生。長兄の清六とは19歳も離れていた。幼くして寺泊廻船問屋亘信治の養子となる。

寺泊町立寺泊小学校を経て新潟県立三条中学校を卒業後、アメリカ合衆国ニュージャージー州ラトガーズ大学に留学。建築学数学を学ぶ一方で、アメリカンフットボール部でも活躍した。このアメリカ留学中のアメリカンフットボールの影響で難聴となった。

1924年に帰国し、清六が会長を務める日魯漁業に入社、北洋漁業にも出かけた。

1946年第22回衆議院議員総選挙鳩山一郎自由党から出馬し、初当選。主に厚生委員会で活躍し厚生政務次官を歴任、「福祉の亘」とまで言われた。当選回数は大臣経験者に並ぶも、亘は、「国会議員たるものは第一に国民の代表者たるべき責任を果たすべきで、いたずらに大臣を望むべきではない」と、猟官運動には与しなかった。

1960年には自民党新潟県連会長に就くが、同年11月の総選挙で落選。1963年の総選挙で返り咲く。

1966年塚田十一郎知事が自らの贈賄事件(20万円中元事件)により知事を辞任すると、自民党から出馬を表明し立候補、選挙戦は社会党の松井誠と一騎討ちとなり、約5万8,000票差で薄氷を踏む勝利を収め初当選。1970年4月には社会党の杉山善太郎を破って再選され、新潟県知事を2期務め、1974年4月には後継に副知事の君健男を指名して退任した。県知事退任後の7月第10回参議院議員通常選挙に立候補し初当選。

参議院議員在職中の1977年、実姉のヨシが亡くなった1か月後に死去した。

妻、静子との間には1男3女を授かり、娘・良子(次女)は北村一男(新潟県知事、43代 - 44代)の子・健太郎と結婚した。

亘県政[編集]

堤家・亘家[編集]

 
 
 
 
 
 
 
堤清七(6代目)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代
 
堤清七(7代目)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
静子
 
亘(堤)四郎
 
北村一男
 
堤清六
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太一郎
 
良子
 
北村健太郎
 
 
 
 
 
  • 清六・四郎は8人兄弟(清六は第1子長男、四郎は第7子四男)

参考文献[編集]

  • 新潟日報社編 『民選知事五代 県政支配の構図 下巻』 新潟日報事業社、1978年、223-290頁
  • 牧田利平編 『名家系譜 越佐人物誌』 野島出版、1986年、141-142頁


45代 - 第46代:
塚田十一郎
新潟県の旗 新潟県知事
47代 - 第48代:1966年 - 1974年
49代 - 第52代:
君健男