亘理駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
亘理駅
駅舎(2008年12月) 後方の天守閣風の建物は隣接する悠里館。 悠里館と一体感をもたせるために、駅舎が 土倉風に改装された。
駅舎(2008年12月)
後方の天守閣風の建物は隣接する悠里館。
悠里館と一体感をもたせるために、駅舎が
土倉風に改装された。
わたり
Watari
浜吉田 (5.0km)
(3.2km) 逢隈
所在地 宮城県亘理郡亘理町字道田西無番地[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 334.6km(日暮里起点)
電報略号 タリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
2,130人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1897年明治30年)11月10日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示

亘理駅(わたりえき)は、宮城県亘理郡亘理町字道田西(どうだにし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である[1]

概要[編集]

亘理町の中心駅で、悠里館・亘理神社の最寄り駅である。

当駅における運行形態[編集]

  • 上り(山下相馬原ノ町浪江方面)
    • 日中は概ね1時間に1-2本の普通列車(原ノ町行)が停車する。一部列車は山下行、新地行と原ノ町以南の浪江行も設定されている[2]
  • 下り(岩沼名取仙台方面)
    • 日中は上り同様、概ね1時間に1-2本の普通列車(仙台行)が停車する。朝の一部列車は仙台以北の利府にも乗り入れる[2]
  • 東日本大震災以前は特急スーパーひたちも一部停車した。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線と中線を有する地上駅[1]。中線は試運転・回送列車などの列車待ち合わせ時に使用する。震災以前は貨物列車の待ち合わせ時も使用されていた。駅舎とホームとの間は跨線橋で繋がっている。また、2番線ホーム上に待合室がある。

岩沼駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託)。みどりの窓口(朝晩は無人:途中休止時間帯あり)・自動券売機(多機能券売機あり)・自動改札機設置。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 常磐線 下り 岩沼仙台方面[8]
2 上り 原ノ町方面[8]

東日本大震災の影響[編集]

2011年3月の東日本大震災の津波によって当駅以南の常磐線は甚大な被害を受けた。2013年3月16日に当駅と浜吉田駅の間で運行を再開するまでは仙台側からの常磐線列車の終点となっていた。

これに伴い、西口に列車代行バスの案内拠点として「亘理駅バスセンター」が設置された。JR東日本東北総合サービスに業務委託されており、浜吉田駅・坂元駅(東北総合サービス委託)勤務の社員を中心に業務にあたった。2016年12月10日の相馬 - 浜吉田間運行再開にあわせ、代行バスは前日の12月9日をもって運行を終了した[7]

2011年4月12日の運転再開時は、1番線ホーム(下り方面)を仮設拡張し中線で仙台方面へ折り返していた。

2013年3月16日の当駅 - 浜吉田駅間の運転再開から2番線(上り本線)を使用再開したが、2014年3月15日から当駅で行き違いのない上り列車(当駅発9:14以降)は1番線ホーム(中線)発着となった。

2016年9月16日の営業運転終了後から19日までの3日間にわたり、1番線(下り本線)上に仮設拡幅されたホームの撤去工事が行われ[9][10]、中線での発着を終了、1番線(下り本線)の使用を再開し、上り列車はすべて2番線発着となる。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は2,130人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,810 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,724 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 2,621 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 2,626 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 2,558 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,494 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,411 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 2,362 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,298 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,212 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,158 [利用客数 12]
2011年(平成23年) データ無し  
2012年(平成24年) 2,608 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 2,280 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 2,195 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 2,184 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 2,135 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 2,113 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 2,130 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

悠里館(2006年8月16日)
東口駅前広場(2016年9月17日)

東口

  • 悠里館(亘理町立図書館・郷土資料館・FM放送局あおぞら・亘理山元商工会)
  • ショッピングセンター亘理(みやぎ生協

旧市街や代行バスの発着場は西口

その他[編集]

  • 「町のシンボルでもある巨大なお城の駅舎」を有するとして、2002年に、東北の駅百選に選定された[注釈 1]
  • 発車ベルのスイッチがあり、特急発着時のみ使われることがあった。ただし、2011年の震災以後は特急運休中である。
  • 駅を東側(海側・荒浜方)から利用する場合、自由通路を渡って西側の改札まで行かなくてはいけないため、町民から「東側にも改札を設けてほしい」、「首都圏の駅のように橋上駅舎にしてほしい」などの意見が出ており、町役場がJRに要望しているが正式決定には至っていない。なお2009年12月1日より、2番線に移動制約者専用の出口が設けられたが(上りホーム再開まで使用休止)、利用2日前までに岩沼駅に申し込んでおく必要がある。
  • 国鉄時代からJR移行1年目まで水戸鉄道管理局 - 東京圏運行本部管内だったため、東京圏運行本部最北端の支社境界の駅だった。このため、国鉄時代は朝1番の上り始発列車に当駅始発(仙台駅→当駅間は回送)があったほか、宮城県内でありながら乗車券の様式が東京印刷所様式だったり(1986年以降は仙台鉄道局管内も仙台印刷所から東京印刷所となり差異は無くなっている)、1985年には筑波科学万博の記念乗車券が発売されており、『河北新報』には亘理駅で発売されることが記事になっていた。
  • 当駅は仙台駅から30km圏内であり、仙台通勤圏に属していたが、列車本数は少なかった。国鉄時代は水戸鉄道管理局の管轄下にあったことから、地元町役場関係者らは列車増便の陳情のためわざわざ水戸まで出向かなければならなかった。そのためかつては駅周辺に「鉄道管理局移管」を求める看板や垂れ幕が掲げられていた。
  • 亘理郷土史研究会編、機関誌『郷土わたり』によれば、国鉄時代の1970年代後半の仙台行き通勤列車の一部は、ホーム長を大きく超える長大15両(郵便車を含む)編成であり、手動ドア(客車)であった為、席取りの関係上、地上から強引に乗車する光景が日常的に見られたと言う。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線
浜吉田駅 - 亘理駅 - 逢隈駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 亘理町観光協会編悠里館パンフレット参照

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日、22頁。
  2. ^ a b 亘理駅時刻表”. 駅探. 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ 常磐線時刻表 (PDF) (2011年6月17日時点のアーカイブ
  4. ^ 代行バス時刻表 (PDF) (2013年5月12日時点のアーカイブ
  5. ^ “JR常磐線 浜吉田-亘理、来春再開「津波避難対策にめど」”. 河北新報. (2012年7月27日). オリジナルの2012年8月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120819200036/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20120727_06.htm 2012年9月29日閲覧。 
  6. ^ “被災したJR常磐線亘理―浜吉田間、2年ぶり運転再開”. 朝日新聞. (2013年3月16日). オリジナルの2013年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130320003449/http://www.asahi.com/national/update/0316/TKY201303160051.html 
  7. ^ a b 常磐線相馬~浜吉田間の運転再開日の決定について (PDF)”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  8. ^ a b 時刻表 亘理駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月8日閲覧。
  9. ^ 亘理駅 仮設ホーム撤去工事に伴う列車及び代行バス運転計画のお知らせ (PDF) (2016年8月25日時点のアーカイブ
  10. ^ “JR仙台支社 亘理駅仮設ホーム撤去”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年9月26日) 

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。

関連項目[編集]