亜種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生物学等の分野でいう亜種(あしゅ)とは、学術的国際共通語名(新ラテン語en〉名・英語名)"subspecies" の漢訳名(和訳名)[1]生物の分類区分で、の下位区分[2][3]の一つである。

動物学では種の直下の区分は亜種のみであるが、植物学では変種および品種と併用している。動物学では亜種の下位区分として品種を用いる場合があり、犬種人種などがこれに該当するが、これらを品種と認めない(※亜種と見なす)研究者もいる。

[編集]

subspecies[編集]

語源にあたる subspecies は、学術的に考案された現代のラテン語(新ラテン語)であり、英語でもある。ラテン語発音の日本語音写をあえて試みるなら「スプスペーキエース」となる。しかし広く通用しているのは英語読みで、その音写形は、イギリス英語発音 [sʌ́bspìːʃiːz] は「サブスピーシーズ[4]」、アメリカ英語発音 [sʌ́bspìʃiz] は「サブスピシズ[4]」である。

略号[編集]

略号として subsp. [5]ssp. [6]がある[1]。用法については「略号の用法」を参照のこと。

subspecies name[編集]

subspecies name日本語音写例〈以下同様〉:サブスピーシーズ ネイム、ほか)は「亜種の学名」を指す学術的国際共通語(英語名)[1]。日本語では「亜種名」という[1]が、下記のとおり、「亜種名」は複雑な多義語の様相を呈している。

  • 例:Homo sapiens sapiens

subspecific name[編集]

subspecific nameサブスピシフィク ネイム)は、「亜種の種小名」を指す学術的国際共通語(英語名)[1][7]であり、動物学で用いられる。日本語では「亜種小名[1]というほか、「亜種名」ともいうが[7]、学術的国際共通語ではここに列記した全ての用語は明確に区別されている[1][7]

  • 例:Homo sapiens sapiens では最後の sapiens がこれにあたる。

subspecific epithet[編集]

subspecific epithetサブスピシフィク エピセトゥ)は、「亜種の形容語」を意味する学術的国際共通語(英語名)[1][7]であり、植物学細菌学で用いられる[7]。日本語では、植物学で「亜種小名[1][7]、細菌学で「亜種形容語[7]というほか、「亜種名」ともいうが[7]、学術的国際共通語ではここに列記した全ての用語は明確に区別されている[1][7]

亜種[編集]

日本の学術用語「亜種」は、[ ja:〈分類学上の〉 (= la: sub-) +〈分類学上の〉 (= la: species) ]という語構成になっており、つまりは、リンネ式分類階級上の「」の下に位置付けられることを含意している。

亜種名[編集]

日本の学術用語「亜種名(あしゅめい)」は、「亜種の名」の意味で、上述した subspecies name を指すほか、subspecific name にも subspecific epithet にも用いられる。

亜種小名[編集]

日本の学術用語「亜種小名(あしゅしょうめい)」は、「亜種の小名」の意味で、動物学では subspecific name を、植物学では subspecific epithet を指す。

亜種形容語[編集]

日本の学術用語「亜種形容語(あしゅけいようご)」は、「亜種の形容語」の意味で、細菌学における subspecific epithet を指す。

学名の記述[編集]

三語名法[編集]

亜種の学名は、リンネの二語名法(二名法)を基に考案された三語名法(三名法)に則ったもので[8]、属名・種形容語(細菌以外で用いる種小名、細菌で用いる種形容語)・亜種形容語(細菌以外で用いる亜種小名、細菌で用いる亜種形容語)の3語で構成される[4]。ただ、厳密には、三語名法というのは、「種形容語の後に続けて亜種形容語を記す、変則的二語名法」であるというのが、学会の見解である[8]

  • 例:我々(現生人類)を亜種のレベルまで分類できると考える学説(我々をHomo sapiensタイプ亜種と見なす学説)に基づく我々の学名は Homo sapiens sapiens(ホモ・サピエンス・サピエンス)であるが、その語構成は[属名 Homo + 種小名 sapiens + 亜種小名 sapiens ]である。

略号の用法[編集]

特定の亜種を学名として記述する際は、略号を種形容語(広義)と亜種形容語(広義)の間に置くのが基本形である。

  • 例:Cryptotaenia canadensis subsp. japonica(標準和名〈以下同様〉:ミツバ
  • 例:Oncorhynchus masou subsp. rhodurusビワマス

ただし、動物学では亜種形容語(広義)の後にそれぞれの記載者名を記し、最後にその名の記載年を記すのが最も正確な学名である。

  • 例:Oncorhynchus masou subsp. rhodurus (Jordan et McGregor, 1925)(ビワマス)

一方、植物学では種形容語(広義)の後と亜種形容語(広義)の後にそれぞれの記載者名を記し、最後にその名の記載年を記すのが最も正確な学名である。

  • 例:Cryptotaenia canadensis (L.) DC. subsp. japonica (Hassk.) Hand.-Mazz. (1933)(ミツバ)

しかし、それらを全て省略する場合が多い。

また、種形容語(広義)の後に略号だけを記して亜種形容語(広義)を省略する場合もある。

  • 例:Oncorhynchus masou subsp.(ビワマス)

我々を Homo sapiens sapiens と見なす学説があると上のほうで述べたが、略号を置いた例は目にしない。しかし、他のヒト属の亜種や他の生物の亜種ではその限りでない。ヒト属で言えば、例えば Homo sapiens の別の亜種である可能性に注目されるデニソワ人[注 1]には「Homo sapiens の、デニソワ由来の亜種(Homo 属の sapiens 種のデニソワ由来亜種)」を意味する暫定的学名 Homo sapiens subsp. 'Denisova' [9]および Homo sapiens ssp. 'Denisova' [9]が与えられ、略号を用いない Homo sapiens Altai のような別の暫定的学名に多くの学術的同意が寄せられない限り用いられ続ける。

特徴[編集]

地域的に隔絶した離島等で亜種が出現しやすい。例えば、キツツキの一種であるアカゲラは日本全土に分布するが、離島を中心に数種の亜種が存在する。

亜種が記載されている種では、必ず種小名と同じ学名の亜種が存在し、これは名義タイプ亜種、原亜種、原名亜種、基亜種等と呼ばれる。種記載のタイプ標本(記載の時に基準とされた個体を保存した標本)に該当する亜種のことであり、分化の元となった原種という意味ではない。

亜種同士では交配が可能な場合があるため、既存の亜種が生息する地域に別の亜種を持ち込む場合は両者の交雑が起き、遺伝的多様性が変わってしまう。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アルタイ山脈にあるデニソワ洞窟英語版から出土した化石人類

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 亜種”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月22日閲覧。
  2. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “亜種”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。
  3. ^ a b 中根猛彦(cf. 日本の研究.com[1])、小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “亜種”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。
  4. ^ a b c d subspecies”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月22日閲覧。
  5. ^ a b subsp.”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月22日閲覧。※用例として学名の記載多数あり。
  6. ^ a b ssp.”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月22日閲覧。※用例として学名の記載多数あり。
  7. ^ a b c d e f g h i j subspecific”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月22日閲覧。
  8. ^ a b ICZN (1999), p. 4.
  9. ^ a b c Homo sapiens subsp. 'Denisova'”. NCBI taxonomy database. NCBI. 2020年5月22日閲覧。
  10. ^ 亜種”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。
  11. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “亜種”. コトバンク. 2020年5月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]