亜細亜大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

亜細亜大学硬式野球部(あじあだいがくこうしきやきゅうぶ、Asia University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。亜細亜大学の学生によって構成されている。ユニフォームは縦縞に「ASIA」、帽子は「A」と「U」の組み文字。

創部[編集]

歴史[編集]

1958年9月に準加盟し60年秋に3部昇格、翌年秋に2部昇格。1964年春には生原昭宏監督が率いて1部昇格、翌年リーグ初優勝。

1971年2002年の2回、全日本大学野球選手権明治神宮野球大会のダブル制覇を達成している。1978年内田俊雄監督が就任してからは26年間にわたる指揮のうちで13回の優勝、全日本大学野球選手権で3度の優勝、明治神宮野球大会で2度の優勝という黄金期を迎えた。この期間に東都大学野球連盟を代表する強豪となり、リーグ全体のレベルアップに貢献した。特に木佐貫洋永川勝浩松田宣浩などが活躍した2002年は、春・秋のリーグも連覇してのグランドスラム(4冠)達成であった。

エピソード[編集]

本拠地[編集]

記録[編集]

主な出身者[編集]

Category:亜細亜大学硬式野球部の選手を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

亜細亜大学硬式野球部