亜音有星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

亜音 有星(あのん ゆうせい、2月14日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役スター。

佐賀県佐賀市[1][2][3]市立大和中学校出身[1][2]。身長173cm[1][4][5][6][3]。愛称は「ゆきの」、「キョロ」[1][2]

来歴[編集]

2015年、宝塚音楽学校入学。

2017年、宝塚歌劇団に103期生として入団[4][5][6][3]雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台[1][3]。その後、宙組に配属。

舞台映えする容姿で注目を集め、2021年、真風涼帆潤花トップコンビ大劇場お披露目となる「シャーロック・ホームズ」で、新人公演初主演[4][5][6][3]。入団5年目での抜擢、103期からは初の新人公演主演者誕生となった[4][5][6]

人物[編集]

実姉は星組男役の蒼舞咲歩[2]

中学生の時に姉が出演する宝塚の舞台を観て、「自分も入ってみたい」と入団を志した[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]