交響曲第22番 (ホヴァネス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

交響曲第22番光の都市』("The City of Light"作品236は、アラン・ホヴァネス1971年に完成させた交響曲

概要[編集]

バーミングハム100周年記念の一環として、アラバマ交響楽団がホヴァネスに作曲を依頼した。表題となっている光の都市は、ホヴァネスが思い描いた空想上の都市で、こうした全ての地上から悪を取り除く心霊主義は、彼の作品のほぼ全てを占めている。

楽器編成[編集]

フルート3(1奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、クラリネット3(1奏者はバスクラリネット持ち替え)、ファゴット3(1奏者はコントラファゴット持ち替え)、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニ打楽器3、ハープチェレスタ弦五部

構成[編集]

  1. Allegro moderato
  2. Angel of Light (Largo)
  3. Allegretto Grazioso
  4. Finale: Largo maestoso

曲は、コラールのようなメロディー賛歌を伴った西洋の教会旋法によって書かれている。「光の天使」と題された第2楽章は、作曲者が幼少時に見たクリスマスの光景を描写している。第3楽章では10代の時に完成させたオペレッタ『ロータス・ブラッサム』の主題が引用されている。第4楽章では長い賛歌がある。

出典[編集]