京コンピュータ前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
京コンピュータ前駅[* 1]
Port Liner K Computer Mae.jpg
駅舎(2020年7月)
けいコンピュータまえ
K Computer Mae
(神戸どうぶつ王国 Kobe Animal Kingdom)
P07 医療センター (0.8 km)
(2.8 km) 神戸空港 P09
所在地 神戸市中央区港島南町七丁目[3]
駅番号  P08 
所属事業者 神戸新交通
所属路線 ポートアイランド線(ポートライナー)
キロ程 5.4 km(三宮起点)
駅構造 高架駅[3]
ホーム 島式1面2線[3]
乗車人員
-統計年度-
2,268人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 2006年平成18年)2月2日[3]
  1. ^ 改称経歴
    - 2011年(平成23年)7月11日 ポートアイランド南駅→京コンピュータ前駅[1]
    - 2021年(令和3年)6月19日 京コンピュータ前駅→計算科学センター駅(予定)[2]
テンプレートを表示

京コンピュータ前駅
配線図
凡例

医療センター駅

uSTRg uSTRf
uSTR+BSr
uSTR+BSl

神戸空港駅

京コンピュータ前駅(けいコンピュータまええき)は、兵庫県神戸市中央区港島南町七丁目(ポートアイランド2期地区)に位置する神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)のである[3]駅番号P08。近隣の神戸どうぶつ王国にちなみ「神戸どうぶつ王国」の副駅名が付く。

2021年(令和3年)6月19日に駅名を計算科学センター駅(副駅名:神戸どうぶつ王国・「富岳」前)に変更予定である[2][4][5][6]

歴史[ソースを編集]

  • 2006年平成18年)2月2日:ポートアイランド線の延伸事業に伴い、ポートアイランド南駅として開業する[3](建設時の仮称は「PI二期南駅」であった)。
  • 2008年(平成20年)4月1日命名権スポンサー契約により「花鳥園前」の副駅名が付けられる。契約期間は3年間[7][8][注釈 1]
  • 2011年(平成23年)7月1日:駅名を京コンピュータ前駅に改称する[1][3][9]
  • 2014年(平成26年)7月1日:命名権スポンサー契約により「神戸どうぶつ王国」の副駅名が付けられる。契約期間は3年間[10][11][注釈 2]
  • 2019年令和元年)8月30日:「京コンピュータ前」の駅名の由来となったスーパーコンピュータ」がシャットダウン[2]
  • 2021年(令和3年)6月19日:駅名を計算科学センター駅に改称する〈予定〉[2][4][5][6]。副駅名は「神戸どうぶつ王国・「富岳」前」となる[2][4][5][6]。当初は「富岳」を駅名に採用することも検討されたが、開発競争が激しくすぐに世代交代が訪れるスパコンは駅名に相応しくない(新しいシステムが現れる度に改称しなければならなくなる)との判断から副駅名への採用に留まった[6]

駅構造[ソースを編集]

京コンピュータ前止まりになった際の三宮駅案内掲示板

島式ホーム1面2線を持つ高架駅である[3]。駅東側の神戸空港方に引き上げ線があり[3]、悪天候などのために神戸スカイブリッジを走行できない場合の折り返しに備えている。2016年3月28日のダイヤ改正より、この引き上げ線を使用して、定期の折り返し列車が設定された[12]

駅舎は、2階がコンコース、3階がプラットホーム。駅舎の屋根は波打った形となっている。改札内にはエレベーターエスカレーター、多目的トイレなどがある。道路をはさんだ北側の歩道とは歩道橋によって結ばれており、駅南側はエレベーターとエスカレーターが設置されている。

当駅の駅スタンプは、三宮駅のインフォメーション(定期券売り場)に保管されている。なお、駅名改称[いつ?]とともにスタンプも新しくなった。

のりば[ソースを編集]

1 神戸空港方面
2 三宮方面・北埠頭方面(市民広場駅のりかえ)

ダイヤ[ソースを編集]

日中時間帯は1時間あたり、普通が9本発車する。朝ラッシュ時は約2~5分間隔で発車する。

利用状況[ソースを編集]

2019年(令和元年)度の1日あたりの平均乗車人員は2,268人で、神戸新交通の駅では第13位、ポートアイランド線では第8位。

開業以降の年度別1日平均乗車人員の推移は下記の通りである[13]

年度 1日平均
乗車人員
2005年(平成17年) 603
2006年(平成18年) 701
2007年(平成19年) 751
2008年(平成20年) 751
2009年(平成21年) 833
2010年(平成22年) 858
2011年(平成23年) 1,085
2012年(平成24年) 1,107
2013年(平成25年) 1,148
2014年(平成26年) 1,408
2015年(平成27年) 1,664
2016年(平成28年) 1,775
2017年(平成29年) 1,951
2018年(平成30年) 2,175
2019年(令和元年) 2,268

駅周辺[ソースを編集]

京コンピュータ前駅へ東より接近する車内より。駅南側(画面左)には建物が立ち並んでいる。
開業間もない頃(2006年平成18年)3月)のホームから南の神戸空港方向。まだ空き地が多く目立つ。

当駅周辺は隣の医療センター駅とともに神戸医療産業都市に指定されており、研究施設が進出している。

学術施設

その他

  • 神戸どうぶつ王国(旧神戸花鳥園[3]
  • ポートアイランドゴルフ倶楽部
  • CATパーク
  • ニチイ学館
  • セレゾンポーアイフットサルクラブ
  • 神戸インキュベーションオフィス (KIO)
    建物はかつて、神戸シティエアターミナルとして使われていた。

駅北側は依然として空き地が目立つ。創薬イノベーション拠点として「京コンピュータ前」駅前パイロットビルが建設されており、2016年(平成28年)中に竣工予定である[14]

バス路線[ソースを編集]

京コンピュータ前駅バス停(駅北側)
物流センターバス停(駅東側)
  • 神姫バス
    • イケア神戸経由/中央市民病院経由/三宮(そごう前)行き
    • MOL行き
港島南町4丁目バス停(駅西側)
  • 神姫バス
    • 三宮(そごう前)行き
    • MOL行き
    • KIO行き

隣の駅[ソースを編集]

神戸新交通
ポートアイランド線
医療センター駅 (P07) - 京コンピュータ前駅 (P08) - 神戸空港駅 (P09)

脚注[ソースを編集]

[脚注の使い方]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 契約期間の3年間を過ぎても引き続き副駅名として付いていたが、後述の駅名変更時に「花鳥園前」の副駅名は削除され、事実上2011年(平成23年)6月30日で使用が終了した。
  2. ^ 前の副駅名であった「神戸花鳥園」が2014年(平成26年)7月19日神戸どうぶつ王国に名称変更したもの。

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b “7月1日(金)より駅名が変わります” (PDF) (プレスリリース), 神戸新交通, (2011年5月18日), オリジナルの2011年6月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110613085419/http://www.knt-liner.co.jp/contents/PDF/110518.pdf 2011年7月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 駅名変更のお知らせ (PDF)” (日本語). 神戸新交通. 2021年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、245頁。ISBN 9784343006745。
  4. ^ a b c “神戸新交通ポートアイランド線の駅名変更” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神戸新交通, (2020年11月16日), オリジナルの2020年11月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201117013931/https://www.knt-liner.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/719acea96c1f6cf29c39179dd6095b47.pdf 2020年11月17日閲覧。 
  5. ^ a b c “「京」は駅名からも引退 神戸のポートライナー 「計算科学センター」駅に”. 毎日新聞. (2020年11月17日). オリジナルの2020年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201117013814/https://mainichi.jp/articles/20201116/k00/00m/040/301000c 2020年11月17日閲覧。 
  6. ^ a b c d “スパコン「京」駅名変更へ 神戸新交通、富岳は使わず”. 共同通信. (2020年11月17日). オリジナルの2020年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201117070054/https://this.kiji.is/701184667599717473 2020年11月17日閲覧。 
  7. ^ “「副」駅名の命名権スポンサーの決定について” (PDF) (プレスリリース), 神戸新交通株式会社, (2007年12月19日), オリジナルの2012年1月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120115050630/http://www.knt-liner.co.jp/contents/PDF/knt_071219.pdf 2011年6月26日閲覧。 
  8. ^ “4月から使用 2副駅名決定 ポートライナー”. 神戸新聞 (神戸新聞社): p. 22. (2007年12月21日) 
  9. ^ “神戸・ポートライナー、きょうから駅名が変更”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 27(大阪地方版/兵庫). (2011年7月1日) 
  10. ^ 「副」駅名の命名権スポンサーの決定及び企画乗車券の発売について[リンク切れ] 神戸新交通プレスリリース 2014年7月2日
  11. ^ “中央区 ポートライナー 京コンピュータ前駅(神戸どうぶつ王国) 副駅名が決定 施設運営会社が命名権取得”. 神戸新聞 (神戸新聞社): p. 27. (2014年7月5日) 
  12. ^ ポートライナー増備車両の導入及びダイヤ改正について”. 神戸新交通. 2016年2月5日閲覧。
  13. ^ 神戸市統計書 - 神戸市
  14. ^ (仮称)「京コンピュータ前」駅前パイロットビル(創薬イノベーション拠点)の整備 神戸市記者発表資料 2015年4月16日

関連項目[ソースを編集]