京丹後大宮インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京丹後大宮インターチェンジ
所属路線 E9 山陰近畿自動車道
大宮峰山道路/野田川大宮道路
起点からの距離 5.0 km(大宮峰山IC起点)
大宮峰山IC (5.0 km)
(4.3 km) 与謝天橋立IC
接続する一般道 京都府道655号味土野大宮線
供用開始日 2016年10月30日
所在地 629-2521
京都府京丹後市大宮町森本
テンプレートを表示

京丹後大宮インターチェンジ(きょうたんごおおみやインターチェンジ)は、京都府京丹後市にある山陰近畿自動車道インターチェンジである。

京丹後市では初の自動車専用道路で、京都府が事業主体となり2005年度から約169億円を使って整備した[1]。当初は2017年3月の開通を目指していたが京都府北部の市町から「11月の蟹シーズンに間に合わせてほしい」という要望があったため、急ピッチで工事を進めていた[2]。インターチェンジ名の由来は、京丹後市内のインターチェンジとして「京丹後」を、また、旧大宮町に位置することから、「大宮」を採用したもの[3]

道路[編集]

歴史[編集]

  • 2016年3月11日:仮称大宮森本インターチェンジの名称が、「京丹後大宮インターチェンジ」に決定[3]
  • 2016年10月30日 : 京丹後大宮IC - 与謝天橋立IC間開通に伴い供用開始。

[編集]

E9 山陰近畿自動車道大宮峰山道路/野田川大宮道路
大宮峰山IC(事業中) - 京丹後大宮IC - 与謝天橋立IC

出典[編集]

  1. ^ 山陰近畿道の与謝天橋立-京丹後大宮ICが開通 産経ニュース、2016年10月31日
  2. ^ 山陰近畿道、与謝天橋立―京丹後大宮は10月30日開通 京都新聞、2016年9月16日
  3. ^ a b 山陰近畿自動車道野田川大宮道路の新インターチェンジ名が「京丹後大宮」に決定京都府建設交通部道路計画課、2016年3月11日

関連項目[編集]