京丹波町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きょうたんばちょう
京丹波町
Shizushi-shonyudo entrance.JPG
Flag of Kyotanba Kyoto.JPG Emblem of Kyōtamba, Kyoto.svg
京丹波町旗 京丹波町章
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
船井郡
市町村コード 26407-5
法人番号 4000020264075 ウィキデータを編集
面積 303.09km2
総人口 13,075[編集]
推計人口、2020年1月1日)
人口密度 43.1人/km2
隣接自治体 綾部市福知山市南丹市
兵庫県丹波篠山市
京丹波町役場
町長
[編集]
太田昇
所在地 622-0292
京都府船井郡京丹波町蒲生八ツ谷62番地6
北緯35度9分51.8秒東経135度25分24.4秒
役場庁舎位置

Kyotamba town office.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

京丹波町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

京丹波町(きょうたんばちょう)は、京都府船井郡に属する

概要[編集]

古来より京都と山陰を結ぶ山陰道および綾部街道へ抜ける街道沿いに宿場町が栄えた。京都府の中央部にあたり、丹波高地に囲まれた旧3町を中心部に住宅等がまとまり、現在でも京都縦貫自動車道山陰本線国道9号国道27号国道173号などが交わる交通の要所でもある。

地理[編集]

福知山盆地亀岡盆地の中間にある。丹波地方の中央部、丹波高地を控え、旧丹波町の南部が淀川水系と由良川水系の分水界となっている。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

歴代町長[編集]

氏名 就任日 退任日 備考
初代 松原茂樹 2005年10月11日 2009年11月15日
2代 寺尾豊爾 2009年11月16日 2017年11月5日 
3代 太田昇 2017年11月6日 現職

経済[編集]

京都大学大学院農学研究科附属牧場

産業[編集]

主な産業は、農業林業であり、農業はブドウ、稲作、酪農が中心である。特産物としては、丹波マツタケ、丹波黒豆、丹波、丹波丹波ワインなどがある。 農業うち酪農業は町内農業生産額の50%以上を占める重要産業である。下山地区に鳥渕牧場などがある。

金融機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

京丹波町には、姉妹都市が国外に1件、友好町が国内に2件ある[1][2]

国外[編集]

姉妹都市
1984年(昭和59年)に丹波町で国際交流とファームステイが提言される[3]。交流先を求める中で、ともに農業地域で環境が似ているホークスベリーが紹介される[3]

国内[編集]

友好町
ともに林業が盛んな地域であり、地域活性化を目指しての提携[6]
1970年(昭和45年)に開かれた大阪万博の際、日本電信電話公社の企画で旧瑞穂町と双葉町の町長がテレビ対談したのが交流の始まり[7]。一時期は交流が遠ざかったが、1994年(平成6年)に福島県立双葉高等学校が夏の甲子園に出場した際に、瑞穂町長ら関係者が応援に駆け付けたことから再度活性化し、姉妹町提携を結ぶ[7]。合併後の京丹波町も「友好町」として提携を継承[7]

地域[編集]

人口[編集]

2005年(平成17年)と2010年(平成22年)の国勢調査における人口増減は6.85%減の15,736人だった。増減率は府下26市町村中21位、36行政区域中31位。

Demography26407.svg
京丹波町と全国の年齢別人口分布(2005年) 京丹波町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 京丹波町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

京丹波町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


医療[編集]

  • 国民健康保険瑞穂病院
  • 国民健康保険和知診療所

教育[編集]

専修学校[編集]

  • 京都府立林業大学校

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 京丹波町立丹波ひかり小学校
  • 京丹波町立竹野小学校
  • 京丹波町立下山小学校
  • 京丹波町立桧山小学校
  • 京丹波町立和知小学校

交通[編集]

和知駅
道の駅和

鉄道路線[編集]

なお、旧瑞穂町、および旧丹波町南部には鉄道駅がない。一部の地域住民の中には、京都市方面へのアクセスに、南丹市にある園部駅を利用する方が便利である。

路線バス[編集]

道路[編集]

高規格幹線道路[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

一般府道[編集]

道の駅[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リンク集”. 京丹波町. 2020年3月11日閲覧。
  2. ^ 友好町・国際交流”. 京丹波町. 2020年3月11日閲覧。
  3. ^ a b c 姉妹(友好)提携情報 京丹波町・ホークスベリー”. 自治体国際化協会. 2020年3月11日閲覧。
  4. ^ “国際交流” (pdf). 広報京丹波 (京丹波町) (33). (2008-7-15). http://www.town.kyotamba.kyoto.jp/cmsfiles/contents/0000005/5525/koho33.pdf 2020年3月11日閲覧。. 
  5. ^ 京丹波町と下川町が友好交流協定を締結”. 日本林業調査会. 2020年3月11日閲覧。
  6. ^ 京都府京丹波町/地域資源活用による豊かなまちづくりへ”. 全国町村会 (2016年7月4日). 2020年3月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e 友好町・国際交流”. 京丹波町. 2020年3月11日閲覧。