京城府民館事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京城府民館事件の記念碑

京城府民館事件(けいじょうふみんかんじけん)とは、1945年(昭和20年)7月24日日本統治時代の朝鮮京畿道京城府で発生した爆弾テロ事件。日本統治下の朝鮮における最後の独立運動絡みの事件である。

事件の発端[編集]

当時の京城府民館

朝鮮人唯一の衆議院議員だった朴春琴は、1945年(昭和20年)6月24日李光洙らとともに「大義党」を結成した。そして1ヶ月後の7月24日に京城府民館において、欧米列強の植民地支配を糾弾する「亜細亜民族憤激大会」を開催することになった。

事件の概要[編集]

1945年7月24日、京城府民館で「亜細亜民族憤激大会」が開催された。満州国中華民国(南京国民政府)からの代表も一堂に会し、「アジア解放」の熱弁を振るった。

午後6時頃、演壇にむかって爆弾が投げ込まれて炸裂した。1人が死亡、数十人が負傷した。会場は大混乱に陥り、そのまま流会となった。実行犯の趙文紀らは、現行犯逮捕された。しかし、20日後の8月15日に終戦光復)となり、実行犯は裁判を受け、処罰されることなくそのまま釈放された。

その後の犯人[編集]

実行犯の趙文紀は、その後、いわゆる「親日派」を追及する民族問題研究所の理事長を務め、2008年2月5日に死亡した。

参考文献[編集]

  • 名越二荒之助編著『日韓2000年の真実 写真400枚が語る両国民へのメッセージ』国際企画、1997年
  • 鄭雲鉉『ソウルに刻まれた日本 69年の事跡を歩く』桐書房、1999年

関連項目[編集]