京建輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京 建輔
出生名 安野 健三[1]
生誕 (1937-08-26) 1937年8月26日(82歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府
学歴 同志社大学工学部卒業[1]
職業 作曲家編曲家、演奏家
担当楽器 クラリネット
活動期間 1974年 -

京 建輔(きょう けんすけ、1937年8月26日 - )は、日本の作曲家編曲家クラリネット奏者。

本名は安野 健三[2]京都府出身[2]筆名の「京」は京都府出身であることに、「建輔」は次男の名前に由来する[2]

来歴・人物[編集]

同志社大学工学部卒業[2]。大学在学中からのスウィング・ジャズの演奏活動を経て、音楽出版社に勤めた後、作曲活動を開始する[2]。以降、多くの歌謡曲(特に演歌)を編曲、古賀政男記念音楽大賞や藤田まさと賞などを受賞している[2]

1974年映画エスパイ』より映画・テレビの音楽を担当する[3][2]1977年特撮テレビドラマ快傑ズバット』の主題歌「地獄のズバット」では、当時小学生だった長男の「派手な音色がいいんじゃない」という意見をヒントにして、演奏に琵琶を用いている[3]1983年の特撮テレビドラマ『科学戦隊ダイナマン』の主題歌「科学戦隊ダイナマン」では当初提出したメロディーがNGとなり、当時小学生だった二人の息子に歌詞とテープを渡してメロディーを作らせたところ、長男は京のイメージと違わない曲を作ったが、次男は曲サビで「ダイ」を繰り返し、歌詞の「爆発」を一拍で叫んでいるのを聴いて「こちらの方がいける」と次男のアイディアを採用した[4][2]。「ダイナマン」では「地獄のズバット」で琵琶を使用したため敢えて使用せず、区別するためにシンセサイザーで演奏している[3][注釈 1]

音楽担当作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

楽曲提供[編集]

編曲[編集]

アニメ、児童向け番組[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『スーパー戦隊OfficialMook』のインタビューでは、「ダイナマン」も薩摩琵琶を使用して書いていたが、嫌がられたため諦めたと述べている[2]
  2. ^ 「北の狼 南の虎」のみを中村泰士と共同担当。
  3. ^ 平尾昌晃と共同担当(主題歌&挿入歌 歌:尾崎紀世彦)。

出典[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.506
  2. ^ a b c d e f g h i 「スーパー戦隊制作の裏舞台 京建輔」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1983 科学戦隊ダイナマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年9月10日、33頁。ISBN 978-4-06-509605-5。
  3. ^ a b c ズバット大全 2002, pp. 182.
  4. ^ ズバット大全 2002, pp. 182-183.

参考文献[編集]

  • 『快傑ズバット大全』ブレインナビ 編、双葉社、2002年。ISBN 978-4575293715。