京成上野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京成上野駅*
Keisei ueno sta 2019.0616-01.jpg
正面口(2019年6月16日
けいせいうえの
Keisei-Ueno
(2.1km) 日暮里 KS02
所在地 東京都台東区上野公園1番60号
駅番号 KS01
所属事業者 京成電鉄
所属路線 本線
キロ程 0.0km(京成上野起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
50,818人/日
-2018年-
開業年月日 1933年昭和8年)12月10日
乗換 G16[1]H18[1]上野駅東日本旅客鉄道東京地下鉄
備考 * 1953年に上野公園駅から改称。
テンプレートを表示

京成上野駅(けいせいうえのえき)は、東京都台東区上野公園にある、京成電鉄本線である。駅番号KS01

歴史[編集]

京成は都心側ターミナルとして上野乗り入れの免許を持っていた筑波高速度電気鉄道を買収し、その免許を利用して当駅へ延伸を行うこととなった。

上野公園地下線建設時の条件として、もともと上野恩賜公園御料地から1924年、当時東京市に払い下げられたものであり、「公園の樹木、特にの根を損傷してはならない。寛永寺などの建造物に影響を及ぼしてはならない」などの厳しい条件を付けられた。後年行われた大規模改良工事の時も公園の環境保全には特に注意が払われていた。

太平洋戦争末期に陸運統制令による強制収用で当駅 - 日暮里駅間の営業を休止し、下り線を三線軌条化した上で地下線内に国鉄車両を搬入して指令設備などが置かれたが、実際にはあまり使用されなかったようである[注 1]。また、上野駅構内を軍需工場に転用するための検討が行われ、機材の配置図面作成や条件交渉が行われているうちに終戦を迎えたという。営業再開時点では下り線の軌道復元および車両撤去が遅れており、上り線を使用しての単線運転としたという。なお、文献によっては、省電の避難場所や学童疎開列車の発着場所として使われたなどといった記述[2]もあるが、真偽ははっきりと分かっていない。

年表[編集]

  • 1929年昭和4年)2月12日 - 筑波高速度電気鉄道が免許を取得[3]
  • 1930年(昭和5年)10月15日 - 筑波高速度電気鉄道が京成電気軌道(現・京成電鉄)と合併[4]
  • 1933年(昭和8年)12月10日 - 「上野公園駅」として開業。開業時は2面4線、有効長4両編成分。
  • 1945年(昭和20年)
  • 1953年(昭和28年)5月1日 - 「京成上野駅」に改称。
  • 1967年(昭和42年) - 6両編成運転開始に伴い1番線を閉鎖してホームを延長し、2面3線となる。
  • 1972年(昭和47年)10月25日 - 「スカイライナー」運行開始に伴う大規模改良工事を開始。開業時の形態に縮小。6両編成の列車は日暮里駅で折り返し。
  • 1973年(昭和48年)
    • 6月16日 - 大規模改良工事の進捗に伴い、半年間営業休止(その間は全列車日暮里駅で折り返し)。
    • 12月16日 - 完成したホームのうち1面2線を使用して営業再開。
  • 1976年(昭和51年) - 京成で2番目の自動改札機を設置。また他駅発行の乗車券は磁気券でなかったため、入場専用自動改札機として供用されていた。
    • 7月 - 1面2線のホームを増設して大規模改良工事が完成、現在の形態となる。
  • 2019年平成31年)3月19日 - リニューアル工事が完了[5][6]発車メロディを導入[5]

駅構造[編集]

2019年ダイヤ改正前は京成を省いて「上野」と駅名表記、案内されることがあった一方、従来から正式駅名で表記される標識類も多くみられた京成の駅の一つである。

島式ホーム2面4線を有する地下駅京成本線ターミナル駅である。上野恩賜公園の真下に立地する。地下2階建の構造となっており、地下1階がコンコース、地下2階がプラットホームである。駅改装工事に際して、各階段にエスカレーターが設置されたほか、バリアフリー対応のため、正面口の階段横および、コンコースとホームと連絡するエレベーターも設置されている。またコンコース改札内にバリアフリー対応のトイレが設置されている[7]

コンコース上の発車標は、他の駅と同じLED式(それ以前は幕式)を使用していたが、成田空港線(成田スカイアクセス)開業を迎えた2010年からはフルカラーLCD式が使用されている。

地上への出入口は、東日本旅客鉄道(JR東日本)上野駅および上野公園(西郷銅像付近)の入口に近い正面口と、池之端口(2か所)の計3か所が存在している。また改札外地下通路を通じ、中央通りを隔てて対面にあるヨドバシカメラ マルチメディア上野店にも、当駅連絡通路としてアメヤ横丁方面出口が設定されており、店内地下1階を経由して連絡している(始発から22時まで)[注 2]

京成上野駅に停車中のスカイライナー

東京地下鉄(東京メトロ)・JR東日本の上野駅とは、開業時から前述の改札外地下通路により連絡しており、乗り換えが可能である[8]

JR東日本上野駅へは正面口出口(地上出入口)を出るよう案内サインによって表示されているが、両駅間を連絡する地下通路があることは京成・JR東日本の両社とも直接案内していない。また、JR東日本・京成電鉄の両駅は定期乗車券の連絡駅として連絡定期乗車券を買うことができる[9]

さらに、2009年3月16日に供用開始した上野中央通り地下通路とも接続している。これにより、上野広小路駅上野御徒町駅など御徒町周辺の4駅へも地下で乗り換えることが可能になった。ただし、当駅構内に都営大江戸線への案内表示はあるものの、4駅とも連絡運輸は行っていない[注 3]

なお、正面口の右側の壁一面には、こいのぼり風車をモチーフにした陶板壁画「風月延年」(メキシコの著名な日系人壁画家、ルイス・ニシサワの作)が設置されている。1981年9月26日に駅構内で設置され始め、後年現在地へ移設されている。

初代の自動改札機は1976年に設置された。1990年代に更新・増設された時は、中央の有人通路がAE100形の先頭車をモチーフにした「スカイライナー」専用改札口とされた。その後は、専用改札は無くなり、通常の自動改札機に変更された。現在では幅広型の自動改札機を、中央右側に2台設置している。(写真参照)

NTTBPの公衆無線LAN設備が設置されており、docomo Wi-Fiが利用できる。またUQコミュニケーションズの公衆無線LAN設備が設置されており、Wi2の公衆無線LANサービスが利用できる。

開業時の駅本屋は、現在の当駅正面口から中央通りを隔てて対面になる位置に建設され、「京成聚楽ビル」「上野京成ビル」等の名称があった。設計は久野節である。同ビルは全階に大日本食堂(現:聚楽)の運営する飲食店が入居していた[10](戦前の古絵葉書には「京成聚楽」とともに「食堂・デパート」の看板がある)が、戦後は京成電鉄本社として機能し、その後1969年から1977年まで「上野京成ホテル」として使用された。末期にはヨドバシカメラ上野駅前店や飲食店等のテナントが入居し、ビル内の駅出入口も「アメ横口」として残されていたが、老朽化に伴い2006年に解体された。跡地にはヨドバシカメラのビルが建設され、ヨドバシカメラ マルチメディア上野店となっている。上野中央通り地下通路が完成してからは、同通路を通じてビル地下1階に連絡している[注 4]

京成電鉄は2017年4月に駅のリニューアルに着手し、2019年3月に完成した[5][6]。「スカイライナー」に乗り降りする訪日外国人が多いことから、改札外コンコースに観光案内所を設け、大きなスーツケースを持った旅行客が通りやすい幅広自動改札機を増設[6]。駅内は「上野の杜(もり)」をイメージして木や石を多用したデザインにし、トイレの改修、飲食・物販店の増設などにより利便性を高めた[5][6]

発車標はフルカラーLED式のものを設置しており、日暮里駅空港第2ビル駅成田空港駅同様に英語放送も放送されている。

駅長配置駅で当駅のみの単駅管理。

のりば[編集]

番線 路線 種別 行先 備考
1 - 4 KS 成田スカイアクセス線 スカイライナー Pictograms-nps-airport.svg 成田空港方面
アクセス特急 青砥京成高砂北総線Pictograms-nps-airport.svg 成田空港方面 夕方17時以降のみ乗り入れ
KS 京成本線 「シティライナー」 青砥・京成船橋京成成田方面 2015年12月5日以降は不定期運行
「イブニングライナー」 青砥・京成船橋・八千代台京成佐倉・京成成田・Pictograms-nps-airport.svg 成田空港方面
一般電車 青砥・京成高砂・京成船橋・京成成田・Pictograms-nps-airport.svg 成田空港・京成千葉方面
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。
  • ラッシュ時は列車種別による発車番線の振り分けは特にないが、日中時間帯は、1・4番線は普通、2番線は「スカイライナー」、3番線は特急・快速特急が発着する。
  • 「スカイライナー」「イブニングライナー」「シティライナー」到着時には、乗車に関する注意事項や車内清掃などの案内放送が流れる。
  • 「スカイライナー」「シティライナー」は京成上野 - 日暮里駅間のみの利用はできない。また、「スカイライナー」については京成上野 - 青砥駅間のみの利用もできない。
  • 2019年3月19日から全てのホームで発車メロディが導入されている(発車ベルと併用)[5]

駅構内施設[編集]

全て改札外に設置されている。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員50,818人[12]、京成線全69駅中8位。隣駅である日暮里駅の半分程度である。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[13]
年度 1日平均
乗降人員[14]
1日平均
乗車人員[15]
出典
1990年(平成02年) 34,244 [* 1]
1991年(平成03年) 33,571 [* 2]
1992年(平成04年) 33,011 [* 3]
1993年(平成05年) 32,167 [* 4]
1994年(平成06年) 31,619 [* 5]
1995年(平成07年) 31,511 [* 6]
1996年(平成08年) 30,742 [* 7]
1997年(平成09年) 29,197 [* 8]
1998年(平成10年) 28,123 [* 9]
1999年(平成11年) 27,571 [* 10]
2000年(平成12年) 26,992 [* 11]
2001年(平成13年) 49,828 26,797 [* 12]
2002年(平成14年) 50,007 26,619 [* 13]
2003年(平成15年) 47,962 25,956 [* 14]
2004年(平成16年) 47,265 25,696 [* 15]
2005年(平成17年) 47,518 25,786 [* 16]
2006年(平成18年) 48,000 26,033 [* 17]
2007年(平成19年) 47,561 25,825 [* 18]
2008年(平成20年) 46,814 25,400 [* 19]
2009年(平成21年) 46,503 25,153 [* 20]
2010年(平成22年) 44,399 24,507 [* 21]
2011年(平成23年) 43,241 23,806 [* 22]
2012年(平成24年) 44,002 24,197 [* 23]
2013年(平成25年) 43,576 23,901 [* 24]
2014年(平成26年) 43,363 23,863 [* 25]
2015年(平成27年) 44,814 24,664 [* 26]
2016年(平成28年) 46,432 25,559 [* 27]
2017年(平成29年) 49,028 26,940 [* 28]
2018年(平成30年) 50,818 27,871

駅周辺[編集]

上野公園界隈航空写真

北東にJR東日本、東に東京メトロの上野駅があり、当駅は上野公園と繁華街の間にある。

(公園内施設である文化施設等については、上野恩賜公園を参照)

バス路線[編集]

正面口付近に「京成上野駅」「上野公園山下」の2つの停留所が立地する。このほか上野駅・御徒町周辺にバス停が散在する。詳細は上野駅#バス路線を参照。

隣の駅[編集]

京成電鉄
KS 本線
快速特急・アクセス特急・特急・通勤特急・快速・普通
京成上野駅(KS01) - 日暮里駅(KS02)
  • 大晦日や正月などの特定日には、シティライナー」も発着する。
  • 当駅 - 日暮里間にはかつて博物館動物園駅(2004年廃止)と寛永寺坂駅(1953年廃止)が存在していた。
  • 当駅(京成上野駅)から隣の日暮里駅までの停車間距離最高速度(種別毎に定められた駅同士の間の最高速度)は全列車共通で50km/hだが、地下区間を含めて急カーブが連続して続き40km/hの速度制限があるため、2.1kmを4分近くかけて走っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 兼松学『終戦前後の一証言 ある鉄道人の回想』(交通協力会、1986年)では中枢機能を移転したものの、換気不足から来る体調不良と他省庁との連絡機能不備から、列車指令部門が使用した程度に終わった、とある。
  2. ^ 過去には、当駅旧本屋にアメ横口、朝日生命ビル前に広小路口、上野公園内の駅直上に公園口が設置されていたが、いずれも現在はない(公園口のみ非常口として現存)。
  3. ^ 御徒町に駅のある路線のうち、都営大江戸線以外の各線は上野駅も経由するため、上野 - 京成上野での連絡運輸は行っている。
  4. ^ 上野中央通り地下通路の建設前まで、かつて当駅コンコースとアメ横口を結んだ地下通路には「京成上野ステーションギャラリー」が存在し、通路の壁をガラス空間にして写真や絵画などの展示スペースとしていた。

出典[編集]

  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年05月26日閲覧)
  2. ^ 毎日新聞 連載記事『地下鉄』 1973年1月19日
  3. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1929年2月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『鉄道統計資料. 昭和5年度 第3編 監督』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  5. ^ a b c d e “さらに機能が充実&魅力的な空間に! 東京藝術大学が制作した、当社初の発車メロディーも導入京成上野駅のリニューアルが完了します! 3月19日(火)予定” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京成電鉄, (2019年3月12日), オリジナルの2020年4月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200408002539/https://www.keisei.co.jp/information/files/info/20190313_110658037793.pdf 2020年4月8日閲覧。 
  6. ^ a b c d “さらに機能が充実&魅力的な空間に! 東京藝術大学が制作した、当社初の発車メロディーも導入 京成上野駅リニューアル記念式典を開催しました 3月19日(火)10時30分〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京成電鉄, (2020年3月19日), オリジナルの2019年3月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190331091654/http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20190319_174642444231.pdf 2020年4月8日閲覧。 
  7. ^ 京成上野駅構内図 (PDF)
  8. ^ 東京メトロ上野駅構内図
  9. ^ JR線と連絡会社線との乗り換え駅 (PDF)
  10. ^ じゅらくビル (上野公園駅 本屋→京成電鉄本社→)
  11. ^ 京成トラベル運営の外貨両替店
  12. ^ 駅別乗降人員(2018年度1日平均) (PDF) - 京成電鉄
  13. ^ 行政資料集 - 台東区
  14. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  15. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 石本祐吉「京成電鉄“不思議発見”」『鉄道ピクトリアル』632号、電気車研究会、1997年1月

関連項目[編集]