京極高美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京極高美像(丸亀市立資料館蔵)

京極 高美(きょうごく たかよし、文化15年4月12日1818年5月16日) - 弘化2年7月16日1845年8月18日))は、讃岐丸亀藩の世嗣。第6代藩主・京極高朗の長男。正室は浅野長懋(浅野重晟四男)の娘。

丸亀藩嫡子として生まれるが、家督相続以前の弘化2年(1845年)に28歳で死去した。代わって、一族の朗徹(又従弟に当たる)が高美の姉妹の婿に迎えられ、高朗の嫡子となった。