京王エージェンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 京王エージェンシー
Keio Agency,INC.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-0867
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル23階
設立 1986年12月
業種 サービス業
法人番号 8011101039869 ウィキデータを編集
事業内容 総合広告代理業
代表者 代表取締役社長 大里公二
資本金 2億4000万円
純利益 3億3200万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 95億3800万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 120億9500万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 229名(2019年5月末現在)
主要株主 京王電鉄株式会社
外部リンク http://www.keio-ag.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社京王エージェンシー(かぶしきがいしゃけいおうエージェンシー)は、広告に関わる全般的な事業や、各種催物の企画や立案等を執り行う会社。京王グループに属する。本社は東京都新宿区西新宿。

概要[編集]

総合広告会社である。京王電鉄の100%子会社であり、広告会社でありながら京王電鉄の交通広告管理・運営事業の業務受託をしており「媒体主」としての機能も有している。(東京都から多摩モノレール㈱東京スタジアムからは味の素スタジアムの広告管理・運営事業も受託している)京王電鉄広告指定代理店であるとともに、小田急電鉄・都営地下鉄・多摩モノレールなどの広告指定代理店でもある。企業スローガンは、「リアルコミュニケーション -生活者視点、それが私たちの発想原点-」である。
また、FC東京及び東京ヴェルディに出資している。 主な事業としてSP(一般広告)広告事業・SD(サイン&スペースデザイン)事業・交通広告事業の3つがある。 京王グループからの業務比率は4割程度(とのこと) 業界では、約30位くらいの中堅会社。京王グループのハウスエージェンシーということもあり、財務状況は良好の模様。

社史[編集]

  • 1986年12月 京王観光株式会社から、広告事業が分離・独立し、株式会社京王エージェンシーが設立される。
  • 1990年4月 同じ京王帝都電鉄グループ(当時)の会社である、「京王物産株式会社」と合併する。

脚注[編集]

[ヘルプ]