京王サヤ912形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京王サヤ912形貨車
武蔵野台駅に進入する検測車。前から3両目がサヤ912。
武蔵野台駅に進入する検測車。前から3両目がサヤ912。
基本情報
車種 事業用貨車
運用者 京王電鉄
製造所 総合車両製作所
製造年 2015年平成27年)
主要諸元
軌間 1,372 mm
全長 20,000 mm
全幅 2,730 mm
全高 2,399 mm
自重 23 t
台車 TS-1018A
車輪径 860 mm
軸距 2,200 mm
台車中心間距離 13,800 mm
最高速度 110 km/h
テンプレートを表示

京王サヤ912形貨車(けいおうサヤ912がたかしゃ)は、2015年(平成27年)に製造された京王電鉄事業用貨車である。

特徴[編集]

運用[編集]

参考文献[編集]

  • 『鉄道ピクトリアル』通巻923号「鉄道車両年鑑2016年版」(2016年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2015年度民鉄車両動向」 pp. 93-123
    • 京王電鉄(株)鉄道事業本部車両電気部車両計画改良担当 奥 雅希「京王電鉄 デヤ901形・デヤ902形」 pp. 137-138
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 193-198
    • 「車両データ 2015年度民鉄車両」 pp. 215-227