京王書籍販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京王書籍販売株式会社
KEIO Shoseki Hanbai
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
206-0033
東京都多摩市落合1丁目43番地
京王プラザホテル多摩西館2階
設立 1975年8月8日
業種 小売業
法人番号 4013401001066
事業内容 書籍・雑誌等の販売
代表者 代表取締役社長 林雅之
資本金 5,000万円
売上高 107億300万円(2012年3月期)
従業員数 社員132名 パート・アルバイト668名
(2012年3月現在)
決算期 3月末
主要株主 京王電鉄 100%
外部リンク http://www.keibundo.co.jp/
テンプレートを表示
啓文堂書店豊田店(東京都日野市)

京王書籍販売株式会社(けいおうしょせきはんばい)は、「啓文堂書店(けいぶんどうしょてん)」の屋号書店チェーンを展開する、京王グループの企業。本社は東京都多摩市京王プラザホテル多摩内にある。

概要[編集]

京王電鉄沿線を中心とした東京都・神奈川県内に「啓文堂書店」を29店舗(2018年3月現在)展開している[1]

2007年に書店が選定した候補作品の中から、顧客の投票によって受賞作を選ぶ「啓文堂書店おすすめ文庫大賞」を制定した。第1回受賞作は原宏一『床下仙人』(祥伝社文庫)、第2回受賞作は柴田哲孝『TENGU』(祥伝社文庫)である。

沿革[編集]

詳細は公式サイト「会社概要・沿革」を参照。

  • 1975年昭和50年)8月8日 - 京王エステート(現京王不動産)書店営業部として事業開始。啓文堂書店の1号店である府中店が東京都府中市に開店する。
  • 1988年(昭和63年)11月1日 - 京王帝都電鉄(現京王電鉄)の完全子会社として「京王書籍販売株式会社」を設立。
  • 1989年(昭和64年/平成元年) - 京王エステートから分離・独立。同年に本社を新宿区から多摩市(現在地)へ移転。
  • 2008年(平成20年)7月22日 - 京王八王子ショッピングセンターに入居する京王八王子店内で八王子通り魔事件が発生する。事件当日と翌日は京王八王子ショッピングセンター全館で営業休止した。翌々日より京王八王子ショッピングセンターは営業再開したが、啓文堂書店京王八王子店では閉店時間を1時間繰り上げて営業時間を短縮した。また8月上旬まで被害者を偲ぶ献花台がショッピングセンター1階の路面に設置された。啓文堂書店京王八王子店は同年中にリニューアル工事を行い、事件発生時とは本棚の配置などのレイアウトを変更した。その後、2016年1月24日をもって京王八王子店は閉店した[2]
  • 2015年6月11日太田出版から発売された書籍『絶歌』について、被害者遺族の心情に配慮し、発売前の時点で一切取り扱わないことを決めた[3]。書籍の内容を確認し、全38店舗(当時)で販売しないことに決め、店頭での取り寄せやネット予約も受け付けていない[4]。この決定が報道されると反響を呼び、同年6月18日までにメール電話が100件以上寄せられたが、その多くが販売自粛に賛同する内容であった[4]

店舗[編集]

現在営業中の各店舗の詳細は、公式サイト「店舗情報」を参照。

かつて存在した店舗[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要”. 京王書籍販売. 2016年3月9日閲覧。
  2. ^ a b [お知らせ:京王八王子店]京王八王子店 閉店のお知らせ。”. 京王書籍販売 (2016年1月24日). 2016年1月29日閲覧。
  3. ^ 「絶歌」啓文堂書店では販売せず 元少年Aの手記【神戸連続児童殺傷事件】”. SOCIETY. ハフィントンポスト (2015年6月15日). 2015年9月12日閲覧。
  4. ^ a b 「爆売れ」の元少年A手記、書店は対応に苦悩 「通常通り」「販売せず」「注文販売だけ」”. J-CASTニュース (2015年6月18日). 2018年3月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 会社概要・沿革 啓文堂書店 公式サイト
  6. ^ 店舗情報 啓文堂書店 公式サイト
  7. ^ [お知らせ:めじろ台店]めじろ台店 閉店のお知らせ。”. 京王書籍販売 (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  8. ^ [お知らせ:京王百貨店 書籍売場]京王百貨店 書籍売場 閉店のおしらせ”. 京王書籍販売 (2015年9月30日). 2015年12月21日閲覧。
  9. ^ [お知らせ:幡ヶ谷店]幡ヶ谷店 閉店のお知らせ”. 京王書籍販売 (2015年11月30日). 2015年12月21日閲覧。
  10. ^ [お知らせ:聖蹟桜ヶ丘店]聖蹟桜ヶ丘店 閉店のお知らせ”. 京王書籍販売 (2015年11月30日). 2015年12月21日閲覧。
  11. ^ [お知らせ:武蔵小金井店]武蔵小金井店 閉店のお知らせ。”. 京王書籍販売 (2016年1月18日). 2016年1月29日閲覧。
  12. ^ [お知らせ:新宿店]新宿店 閉店のお知らせ。”. 京王書籍販売 (2017年3月31日). 2018年3月13日閲覧。
  13. ^ [お知らせ:東海大学前店]東海大学前店 閉店のお知らせ。”. 京王書籍販売 (2017年9月18日). 2018年3月13日閲覧。
  14. ^ [お知らせ:永山店]永山店 閉店いたしました”. 京王書籍販売 (2018年7月15日). 2018年8月5日閲覧。

関連項目[編集]