京王遊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

京王遊園(けいおうゆうえん)は、東京都調布市にかつて存在した、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)経営の遊園地である。1955年昭和30年)4月3日、京王帝都電鉄(当時)京王多摩川駅付近の「京王多摩川野球場」跡地にオープン[1]1959年(昭和34年)にはプール(後の京王プール)も開設され多くの客で賑わった。1971年(昭和46年)遊園地の営業が終了。1990年前後にはプールも営業を終えている。その後、遊園地エリアには京王テニスクラブ[2]が開業、プールエリアは住宅地となり現在に至る。

なお、現在の京王閣競輪場の位置に戦前に存在した遊園地京王閣とは異なる施設である(京王遊園は京王閣の東隣に位置していた)。

概要[編集]

  • 所在地
    • 遊園地エリア = 現 東京都調布市多摩川7-19 付近
    • プールエリア = 現 東京都調布市多摩川5-36 付近

京王遊園は、東京都道120号下石原小島線を跨がって所在しており、遊園地エリアとプールエリアを専用陸橋が繋いでいた。

映画愛して愛して愛しちゃったのよ』(日活、1966年)で、主人公の休日の立ち寄り先のロケ地として京王遊園が撮影協力しており、当時の園内の様子を知ることができる。なお京王遊園は日活調布撮影所の付近にあった。

京王遊園開園の翌年、1956年(昭和31年)6月16日には、同じ調布市多摩川に「東京菖蒲園」(のち「京王百花苑」と改称、現:京王フローラルガーデンANGE)が開園している[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 京王帝都電鉄株式会社総務部『京王帝都電鉄30年史』京王帝都電鉄、1978年。
  2. ^ 京王テニスクラブ公式サイト