京福電気鉄道テキ521形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
521号・522号

京福電気鉄道テキ521形電気機関車(けいふくでんきてつどうテキ521がたでんききかんしゃ)は、えちぜん鉄道が所有する電気機関車。2両(521・522)が在籍する。

テキ521形は前身の京福電気鉄道時代までの形式で、えちぜん鉄道での正式な形式名はML521形(521・522)となっている。

現在は除雪用の車両として、521・522を連結して運用している。

概要[編集]

1945年7月の空襲により、テキ10・11が焼失により電気機関車が不足、さらに1948年6月28日の福井地震の復旧資材やダム建設資材の運搬による貨物量増加に対応するために、1949年に購入された電気機関車である。

日立製作所製の25t凸形の機関車であり、集電装置はトロリーポールであったが後にパンタグラフ化される。

主に貨物輸送に従事していたが、貨物輸送の減少により運用は減少し、1980年代にはスノープラウが取り付けられ、除雪用となる。

2003年(平成15年)2月1日京福電気鉄道福井地区の鉄道事業が廃止され、えちぜん鉄道へ譲渡されると、えちぜん鉄道に転籍。ATS取り付け、運転台回りの機器の追加、521・522を永久連結する改造を受ける。車両の向きは、勝山三国港側が521、福井側が522である。

主要諸元[編集]

  • 全長:9.694m
  • 全幅:2.171m
  • 全高:3.915m
  • 自重:25.3t
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 軸配置:B-B
  • 電動機:TCH-60(60kW)×4基
  • 動力伝達方式:吊り掛け式
  • 制御装置:直並列抵抗制御
  • ブレーキ方式:空気ブレーキ

参考文献[編集]