京進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社京進
KYOSHIN Co., Ltd.
Kyoshin7422.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
600-8177
京都府京都市下京区烏丸通五条下る大坂町382-1
設立 1981年4月2日
業種 サービス業
法人番号 1130001017021
事業内容 学習塾等の運営
代表者 立木貞昭(代表取締役会長)
福澤一彦(代表取締役社長)
資本金 3億2789万3千円
発行済株式総数 8,396,000 株
売上高 連結135.13億円(2017年5月期)
経常利益 連結4.19億円(2017年5月期)
従業員数 連結1,132人(2017年5月機)
決算期 5月末
外部リンク www.kyoshin.co.jp
特記事項:各種経営指標は2017年5月期[1]
テンプレートを表示

株式会社京進(きょうしん)は、京都市に本社を置き、学習塾等を運営する総合教育企業である。

小・中学生を対象とした集団型の受験指導を行う京進 小中部をはじめ、個別指導の京進 スクール・ワン、高校生を対象とした現役大学受験指導を行う京進 高校部といった学習塾部門を中心に、近年では幼児教育事業、英会話事業や日本語教育・国際人材交流事業、保育事業、2017年度からは介護事業にも力を入れている。

概要[編集]

創業以来、「学力と人間性の向上」と「ひとりひとりを大切に」を組織価値観に掲げている。

京進小中部は、本拠地の京都府・滋賀県を中心に、大阪府・奈良県・愛知県で校舎を展開している。

個別指導部では、直営教室・FC教室を含めて全国的に教室を展開している。2013年度現在、東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・茨城県・愛知県・岐阜県・三重県・和歌山県・奈良県・京都府・滋賀県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・福岡県・鹿児島県に教室を置いている。

高校部については、京都府・滋賀県・愛知県で、自社ブランドであるTOP∑(トップシグマ)を展開している。

その他にも、幼児教育事業「京進ぷれわん」や英会話事業、家庭教師派遣事業、リーチング人材育成研修事業も展開している。最近では、2010年より「家庭のチカラ」という子育て支援事業も展開した。

海外には、ドイツのデュッセルドルフと中国の広州、アメリカのニューヨークに拠点を持つ。

2011年9月には保育園事業に参入し、保育園運営会社として株式会社HOPPA(連結子会社)を設立した。

沿革[編集]

  • 1975年 - 「京都進学教室」を立木貞昭(株式会社であったが「理事長名義」)が、京都市東山区に開校
  • 1980年頃 - 現「東山本校」を開設。音羽屋ビルは「泉涌寺教室」として東山本校の増教室として使用
  • 1983年 - 大学進学向けの「高校部」を開設
  • 1986年 - 四谷大塚と提携
  • 1988年 - ドイツに子会社「Kyoshin GmbH」を設立
  • 1990年 - 家庭教師派遣センター「京進プリバータ」を開設
  • 1991年 - 個別指導教室「京進スクール・ワン」を開設
  • 1992年 - ナガセと提携。高校生を対象とした衛星授業を導入
  • 1997年 - 「京都進学教室」から「京進」に名称変更
  • 1998年 - 英会話教室「Universal Campus」を開設。東大・京大・医学部受験コース「TOPΣ」を開設
  • 1999年 - 大阪証券取引所2部・京都証券取引所に株式上場
  • 2002年6月 - アイウエアグループへ資本参加(2006年12月をもって、提携解消)
  • 2005年 - インターネットを用いた双方向型学習指導「e-DES」を開始
  • 2005年12月 - 非常勤の男性講師による、小学校6年生の女子生徒刺殺事件が発生
  • 2007年 - 京都駅前に15億円かけた高校部専用校舎を新設
  • 2009年 - 中国広東省に佛山京進教育文化有限公司(子会社)を設立し日本語学校などを開校(2014年に持分の90%を譲渡)

         新社長に専務取締役の白川寛治が就任し、立木前社長は代表取締役会長に

  • 2010年 - 株式会社アルファービートを完全100%子会社として設立し、リーチング事業を推進

         株式会社オーエルジェイの全株式を取得し日本国内における外国人留学生のための日本語教育事業に参入

  • 2011年 - 保育園事業のための子会社を設立し11月に保育園事業に参入
  • 2013年7月 - 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京証券取引所2部に上場
  • 2014年1月 - 関西経営品質協議会主催の関西経営品質賞(優秀賞)を受賞

校舎[編集]

京進小中部[編集]

  • 小中学生を対象に、集団型で受験指導を行う進学塾である。
  • 中学受験コースでは、四谷大塚と提携し、教材には同社の予習シリーズ等を採用している。
  • 京都府・滋賀県内の高校入試・中学入試では、難関・上位校合格者を毎年多数輩出している。
  • 近年では、愛知県での展開も目立っている。

京進高校部[編集]

  • 高校生を対象とした、大学受験現役合格指導を行っている。
  • 京都府・滋賀県・愛知県に校舎を展開している。
  • 1998年5月に、自社ブランド「TOPΣ(トップシグマ)」を開設して以来、その構築に力を注いでいる。(京都3校、滋賀3校、愛知1校)
  • 京都大学・大阪大学・神戸大学をはじめ、難関国公立大学への現役合格者数増加を目指している。
  • 2007年9月には、TOPΣ京都駅前校を新築・移転した。
  • 2014年3月には、TOPΣ膳所校を新規開校した。

京進スクール・ワン[編集]

  • 小中高生を対象に、個別指導形式で授業を行う学習塾である。
  • 直営教室に加えて、全国的にFC教室の展開も加速させている。

京進ユニバーサル・キャンパス[編集]

  • 子供から大人までの英語によるコミュニケーション教育を行う。
  • 近年は、英検合格者の向上にも力を入れている。
  • ネイティブ比率も高く、小学校の英語必須化でニーズ拡大が期待されている。

京進ぷれわん[編集]

  • 同志社大学付属小学校や立命館付属小学校などの小学受験合格を目指す。
  • 知能開発を目的とした知能開発にも力を注いでいる。
  • 北大路に教室を展開している。

京進ランゲージアカデミー[編集]

  • 日本語学校を水戸、東京、名古屋、京都、神戸、ミャンマーで運営している[2]
  • 京進グループとして2009年の中国での日本語学校設立から事業が始まった。
  • 日本語とあわせて文化や風習、日本的な概念などを理解してもらう機関として日本語学校を位置付けている。
  • 略称はKLA(Kyoshin Language Academy)。

その他[編集]

  • 家庭教師 京進プリバータ
  • ネット家庭教師e-des
  • 映像授業京進e予備校@will

事件[編集]

2005年12月10日、京都府にある京進宇治神明校(事件後に閉鎖)に通っていた小学校6年生の児童が、非常勤の男性講師に教室内で刺殺されるという事件が発生した。

この事件は、学習塾の安全性について、社会に大きな影響を与えた。 事件後、全校舎・教室に電子鍵錠等のセキュリティシステムを導入するとともに、全職員の安全意識向上を図るなどの対策を採っている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]