京都アニメーション放火殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京都アニメーション放火殺人事件
Kyoto animation arson attack 1 20190721.jpg
全焼した第1スタジオ(2019年7月21日撮影)
場所 日本の旗 日本
京都府京都市伏見区桃山町因幡15-1
京都アニメーション第1スタジオ
座標 北緯34度55分59.0秒 東経135度47分34.6秒 / 北緯34.933056度 東経135.792944度 / 34.933056; 135.792944座標: 北緯34度55分59.0秒 東経135度47分34.6秒 / 北緯34.933056度 東経135.792944度 / 34.933056; 135.792944
日付 2019年7月18日 (2019-07-18)
午前10時30分頃 (JST)
標的 京都アニメーション第1スタジオ
攻撃手段 放火
武器 ガソリン多目的ライター
死亡者 36人[1][2][注 1]
負傷者 34人(被疑者を含む)
損害 建物全焼
動機 京都アニメーションに対する憎悪と思われるが、現時点では不明
対処 京都府警が被疑者の身柄を確保(回復次第逮捕の方針)

京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年令和元年7月18日京都府京都市伏見区で発生した放火殺人事件。

アニメ制作会社京都アニメーション」第1スタジオに男が侵入してガソリンを撒いて放火したことで、同社社員の69人が被害に遭い、うち36人が死亡、被疑者を含む34人が負傷した[1][2][3][4][注 1]

概要[編集]

2019年令和元年7月18日の午前10時半ごろ、京都アニメーション第1スタジオに当時41歳の男が侵入、ガソリンを建物1階や従業員などにかけライターで着火した。それにより火災、爆発が生じた[5][6][7]

当時スタジオには役員、従業員あわせて70人がいたが、事件現場で33人の死亡が確認され、36人が怪我を負い病院に搬送された[2][7][8]。その後搬送先の病院で3人が死亡し、死者は36人、負傷者は33人となった[3][注 1]。怪我を負わなかったのは1人に留まる[4]

第1スタジオの建物は全焼し、その場にあった紙の作画や資料は焼失した。しかしデジタル化されていた原画などを収めたサーバは焼損を免れたため、それらのデータは回収された[9][10]

火を放ったとみられる男はその後、スタジオから100メートルほど離れた場所で警察官に身柄を確保された[11][12]。男は全身に火傷を負い病院に搬送されたが、意識不明の状況が続いた。事件からおよそ3週間が経った8月9日には「痛い」といった声をあげたり首を振るといった反応を見せるようになったと[13]、9月5日には命の危険がある重篤な状態を脱して快方に向かっていると報道された[14]

事件の推移[編集]

事件前[編集]

火災発生前の第一スタジオ(2015年5月5日撮影)

京都アニメーションには数年前から作品への批判や社員への殺害予告が相次いでおり、その都度警察や弁護士へ相談し、対処していたという[15]。しかし今回の事件との関係については分かっていないと捜査関係者は話している[16]

2018年11月には、社員約70人で避難訓練などを実施している[17]

事件前日と当日に、確保された男によく似た風貌の赤いシャツの男が現場から南西に500メートルほど離れた公園でベンチに横になっているのを目撃されていた[18]。また、事件発生直前の18日午前10時ごろ、公園から北に100メートルほど離れたセルフ式ガソリンスタンドで赤いシャツの男が「発電機に使う」として40リットルのガソリンを購入していた[18]

事件当日、現場となった第1スタジオではNHKによる取材が予定されており、京都アニメーションの八田英明社長は午前10時過ぎに予定されていたと話しており[19]、11時から取材が予定されていたとする記事もある[20][注 2]

事件発生[編集]

2019年7月18日の午前10時半ごろ、京都アニメーション第1スタジオ(地上3階建て、延べ面積691.02 m2[2])に男が侵入し、バケツ[22]2個で約10リットルから15リットル前後[23]のガソリン[11]を建物1階や従業員などにかけライターで着火した後、爆発を伴う火災爆燃現象)が発生した[24][25][26]。ガソリンは事件直前に付近のガソリンスタンドから20リットルサイズの携行缶2個へ給油する形で購入し、付近で携行缶からバケツに移し替えて台車で運び込んだと見られる[11]。また、現場からは包丁数本やハンマーの入ったリュックサックが発見された[27]

目撃情報によると、男は建物に入った直後に火をつけながら「死ね」と叫んだという[11][28]。2階で働いていた社員の証言によると、1階から男がもめる声と女性数人の悲鳴と大きな音が聞こえ、1階から上がってきた男性が「火事だ」と叫んだ[29]。2階の防災ベルを鳴らしてから15秒ほどして、正面玄関脇の螺旋階段から黒い煙が上がってきて、瞬く間に視界が閉ざされたという[29]

男は現場から逃走したが、スタジオから100メートル離れた京阪電鉄六地蔵駅付近で京都府警察により身柄を確保された[30][31][11]。確保時には赤いTシャツに青いジーンズを着用していた[32]。このとき、警察の問いかけに対し「ガソリンを撒いて多目的ライター[注 3]で火をつけた」と供述している[24]。また、怒った様子で「パクりやがって」と大声で叫ぶ姿が地域住民に目撃されており[34]、他にも「小説盗んだからやった。社長を呼べ」「(大丈夫か、立てるか。と声をかけた警官に対して)触るな。おれの作品をパクりやがったんだ。社長を呼べ。社長に話がある」などと叫んでいたという[35][36]

この時、前述の取材のために現場に向かっていたNHKの吉田達弘ディレクターのチームによって、火を付けた男が確保されている様子が動画で撮影された[37]

事件発生後[編集]

10時35分に京都市消防局が火災を覚知、消防車・救急車49台を出動させ消火・救急活動を行った[38]。15時19分、火災の鎮圧を宣言した。翌19日6時20分頃に、約20時間に及んだ火災は鎮火した[2][39]

総務省消防庁は事態を受け、同日12時30分に本庁第1次応急態勢に移行し、災害対策室を設置した。17時に火災原因の究明を目的として消防庁職員3人・消防研究センター職員2人の現場への派遣を決定した[2]

救助活動によって発見された遺体は京都府警察学校安置された[40]

死者は当初33名と発表されたが[41]、7月19日に30代男性[42]、7月27日に20代男性[43]、10月4日に20代女性が死亡[44]し、10月5日時点で36名となった。

確保された男は、警察と消防が駆けつけた当初は叫ぶなど意識はあったものの、全身に重い火傷を負っており京都市内の病院に搬送された[28][45]。病院搬送後は意識不明で重篤な状態が続き、7月20日により専門的な治療が可能な大阪府内の病院に移された[46]。皮膚の移植手術が行われるなどし、7月27日には呼びかけに時折まばたきで反応を見せるようになり[47][48]、8月9日には「痛い」といった声をあげたり首を振るといった反応を見せるようになったと[13]、9月5日には命の危険がある重篤な状態を脱して快方に向かっていると報道された[14]

被害状況[編集]

従業員、役員など[編集]

京都府警察などによると、第1スタジオには従業員70人がいたが、そのうち69人が被害を受けた[4]

事件当日に33人の死亡が現場で確認された。また、1階で負傷して病院に搬送された30代男性社員1名が、事件翌日の7月19日夜に死亡した[49][50]。その後、1階で負傷して正面玄関で救助された20代男性社員1名が7月27日17時53分に大阪府内の病院で死亡した[51][52]。更に、1階で負傷して正面玄関で救助され、火傷で入院治療中だった20代女性1人が、感染症に起因する敗血症性ショックにより10月4日20時20分に死亡した[1][53]

なかには「AKIRA」などで原画を務めた木上益治、「らき☆すた」などで監督を務めた武本康弘、「聲の形」などでキャラクターデザイン・総作画監督を手がけた西屋太志、「涼宮ハルヒの憂鬱」などでキャラクターデザイン・総作画監督を手がけた池田晶子らも含まれていた[54]

死因は22人が焼死(1階: 2人/2階: 8人/3階: 12人)、5人が一酸化炭素中毒(3階: 5人)、5人が窒息(2階: 2人/3階: 3人)、全身火傷が2人(1階: 2人)、敗血症性ショックが1人(1階: 1人)、残る1人(2階: 1人)は判明しなかった[55][1]。死者の性別は女性22人、男性14人で、年齢は20代17人、30代11人、40代7人、60代1人だった[4]

死者の内20人は3階から屋上へ上る十数段の階段で折り重なるように倒れた状態で発見され、1階で4人、2階で11人が見つかった[56]。一方、3階の生存者は3階ベランダまたは内階段から2階ベランダに移って2階の生存者と共に飛び降りるか、近隣住民の助けにより梯子を伝って避難した[57][58][59]

負傷者は10月5日時点で、5人の女性が入院中[1]。9月6日時点で(10月4日に死亡した社員を含み)、命の危険がある重篤な状態の人が3人、重体1人、重傷25人、軽傷5人(被疑者を除く)。年齢は21歳から53歳まで、20代男性4人、20代女性11人、30代男性7人、30代女性4人、40代男性2人、40代女性4人、50代男性2人。既に復帰した社員がいる一方で、心的外傷により復帰が困難で、退職を希望する社員もいると報じられている[60][61]

警察庁によれば「放火事件としては平成期以降最多の死者数」であるという[62]。また、『読売新聞』では更に時期の範囲を広げ、殺人事件として「戦後でも最も死者が多いとみられる」と報じている。なお、この事件による死者数は、戦前の昭和13年(1938年)に発生した津山事件の死者30人をも上回っている[63]

建物[編集]

全焼した第1スタジオ、入口付近の様子(2019年7月21日撮影)

第1スタジオの建物は全焼した。

京都市消防局は市議会において同社の防火対策は適切だったと説明した[64]。 消防法上、事業所扱いとなる第1スタジオに設置が義務付けられていたのは消火器と非常警報設備のみで、避難階段や避難器具、スプリンクラーなどの消火設備は設置が義務付けられておらず、実際に設置されていなかった[65][66][67]

また、1階から3階にかけて吹き抜けとなっている螺旋階段があり、2007年の完成検査で京都市が防煙壁の設置を指導し、天井からつり下がる長さ50センチメートルの防煙壁が設置されていた。しかし、玄関と螺旋階段の間の焼け方が特に激しかったことから螺旋階段の脇で火が放たれた可能性が高く、消防局は煙を食い止めることは難しかったとみている[68]

京都アニメーションの社長八田英明は近隣住民への配慮から建物を撤去したいと述べた上で、「思いとしては、できれば公園にしてを作りたい」と述べた[69]

資料・データ[編集]

第1スタジオに保管されていた過去の作画や資料などは、当初はすべて焼失したと思われていた[70]。しかしその後、社外のイベント向けに貸し出されていた一部の資料が被害を免れていたほか、建物1階に設置されていたサーバールームは焼損を免れていたことが判明し[9]、デジタル化された原画などのデータについては欠損なく回収に成功したと発表された[10]

行政の動き[編集]

原因の調査[編集]

京都市は緊急検証対策チームを設置し、建物内の螺旋階段が火の回りを早くした可能性もあるとして、市内の防火対象物(防火・準防火地域以外の建物も含む)の螺旋階段の実態把握と防火指導に取り組むことを決定した[71]

再発防止への対策[編集]

消防庁および警察庁は、ガソリンを容器で販売する際の販売記録を残す方針となり、7月25日に消防庁から各都道府県の防災部署、消防機関のほか、石油の精製や元売りの業界団体である石油連盟や、ガソリンスタンドの業界団体である全国石油商業組合連合会宛てに通達が、警察庁生活安全局から警視庁・各道府県警察等宛に事務連絡が行われた[72]

捜査[編集]

京都府警察刑事部捜査第一課・伏見警察署現住建造物等放火殺人事件として本事件の捜査を開始し、事件翌日の19日には京都府警察学校(伏見区)に100人体勢の捜査本部を設置した[73]。捜査本部とは別に約100人が被害者支援班として遺族らの支援に当たっていたが、その後の被害の拡大などに対応するため、捜査本部の7、8割の人員も被害者支援に対応している[74]

また、京都府警本部は同日に身柄を確保された男の氏名を被疑者として公表した[75]京都新聞は「被疑者の男は全身火傷で意識不明・重篤な状態だが、京都府警は事案の重大性に鑑みて実名公表に踏み切った。今後、回復を待って逮捕する方針だ」と報道している[76]。また、男はまず京都市内の病院に搬送された後、2019年7月20日に大阪府内の病院(移送先病院名は非公表)へ移送された[77]。同日、京都府警捜査本部は殺人・現住建造物等放火の罪状で男の逮捕状を取得した[78][79]。その後、2019年8月8日に、負傷者ら35人の殺害未遂容疑を追加した上で男の逮捕状を取り直したことを、8月14日に京都府警が発表した[80][81]

事件直後の7月20日、同社社長八田英明は男とは過去に直接のトラブルはなく、同社主催の「京都アニメーション大賞」への応募もなかったため、一切の関わりがないと話していた[82]。しかし7月30日に同社の代理人弁護士桶田大介は、改めて確認したところ同姓同名で同住所の人物から小説が応募されていたことが分かったと発表し、応募の内容は明らかにしないとしたうえで「1次審査を通過していない」「これまで制作された弊社作品との間に、同一または類似の点はないと確信している」と語った[83][84]。8月26日、男による京都アニメーション大賞への複数の小説の応募を警察が断定したと報じられた[85][86]

不祥事[編集]

2019年7月下旬に、京都府警が犠牲者の遺体を遺族に返還する際、犠牲者が身に着けていた腕時計が無いことが判明し、遺族に謝罪していたことが、8月16日に判明した[87]

犠牲者の実名報道[編集]

遺体の損傷が激しく、全員のDNA型鑑定が必要な他、対面確認時の家族らの精神的ショックなどに配慮し、京都府警が手続きを慎重に進めたため、身元特定は難航した[88]が、2019年7月25日、京都府警は死亡した34人全員の身元を特定したと発表[89]。すでに遺族に対する遺体の引き渡しが始まっており、警察は身元の公表時期や方法について京都アニメーション側と協議していた[89]。7月27日に更に1人が死亡した。

その後、8月2日に遺族と実名報道の了承が得られた10名の氏名を公表した[90]。なお、公表直後に遺族の1人より京都府警を通して匿名への変更を希望する申し出があり、NHKフジテレビは該当の犠牲者の実名報道を控えた[91][注 4]。一方、翌日の全ての全国紙は実名報道に踏み切り、中日新聞産経新聞日本経済新聞スポーツニッポン共同通信社)は遺族の申し出の存在に言及しつつ、実名報道の原則を掲げている[93][94][95]。なお、上記発表が行われた8月2日、共同通信社大阪社会部はTwitterにて「京都アニメーションの事件でお亡くなりになった方のご家族や親友の皆様へ」と題したツイートを投稿し、犠牲者についての情報提供を広く呼びかけたため、賛否両論が巻き起こった[96]

なお、この事件の犠牲者の実名報道については、警察庁が京都府警に遺族の同意を得るよう指示し、それを受けて府警は取材の可否や窓口の有無をマスメディアに通達したと報道されている[58][97] [注 5]。その一方で、一部の新聞社は警察が公表する前に、独自に把握した犠牲者の情報を報道していた[99][100][101][102]8月20日、京都府警が公表を控えていた被害者の身元について、在洛新聞放送編集責任者会議から「事件の全体像が分からない」との懸念を踏まえ、「過去の事件に比べても極めて異例」として速やかな公表を求める申し入れ書が提出され、先例を作らないよう要請された[103]

8月27日、京都府警は氏名未公表だった25人の犠牲者について、全員の葬儀が終わったことにより公表に踏み切った[54][104]。同時に、京都府警は25人中20人については遺族が公表に難色を示したり拒否をしたと発表した。一方で、遺族の一部は「そのような(公表を拒否するような)発言はしておらず、公表に前向きである。」と府警の発言を否定するコメントを出している[105]。公表された当日のテレビ局、及び翌日の全国紙は全て実名報道を行った[106]。各報道機関は、次のような声明を出している[注 6]

【実名報道についての考え】
NHKは、事件の重大性や命の重さを正確に伝え社会の教訓とするため、被害者の方の実名を報道することが必要だと考えています。 そのうえで、遺族の方の思いに十分配慮をして取材と放送にあたっていきます。

朝日新聞は事件報道に際して実名で報じることを原則としています。犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。

朝日新聞(2019年8月27日)、https://www.asahi.com/articles/DA3S14155243.html

おことわり
毎日新聞は、事件や事故の犠牲者について実名での報道を原則としています。亡くなった方々の氏名を含め正確な事実を報じることが、事件の全貌を社会が共有するための出発点として必要だと考えます。遺族の皆様への取材に関しては、そのご意向に十分配慮し、節度を守ります。

毎日新聞(2019年8月27日)、https://mainichi.jp/articles/20190827/k00/00m/040/131000c

実名だから 悲しみ共有
(一部抜粋)産経新聞は不条理な形で肉親を奪われた遺族の悲嘆を深く受け止めます。一方で性別と年齢だけでは失った存在の大きさを伝えられません。優れた作品を世に送り出した一人一人が刻んだ人生を実名によって伝えることこそが、悲しみを社会で共有し、卑劣な犯罪を検証して、再発防止につながる道になると考えます。

産経新聞(2019年8月28日朝刊28面)

お断り
(一部抜粋)日本経済新聞は殺人など重大事件の報道で、尊い命が失われた重い現実を社会全体で共有し、検証や再発防止につなげるために犠牲者を原則実名報道としています。今回も事件の重大性を考慮し、実名で報じる必要があると判断しました。

日本経済新聞(2019年8月28日朝刊40面)

ご遺族と、実名に反対している京都アニメーション側の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況などをみて広報の方法と時期を慎重に進めた結果だ。
(理解が得られたかは)人それぞれだが、丁寧に説明を尽くした。(臆測が飛び交うなど)匿名によるデメリットも考慮した。

京都府警・西山亮二捜査1課長、https://mainichi.jp/articles/20190827/k00/00m/040/232000c

多くの遺族の反対を押し切って実名報道に踏み切ったことには、SNSなどで議論を呼んだ[106][107][108]。一方で、時事通信・共同通信・日刊スポーツなど一部の報道機関は実名報道を見合わせた[109][110][111]。なお、一部の遺族は、夜中に帰宅した際に強引にテレビ局から取材を申し込まれた、撮影のために勝手に遺影や遺骨を動かされたといった報道被害を訴えている [112]10月3日、19社の東京都所在の報道各社で構成される在京社会部長会は、今後は速やかに被害者の実名を公表するよう警察庁に対し申し入れを行った[113]

影響[編集]

京都アニメーションが制作を行っているアニメ『Free!』の製作委員会は、2020年夏に公開予定の新作劇場版に関する続報公開を中止した[114]。同じく京都アニメーションが制作を行っているアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の製作委員会は、2020年1月10日に世界同時公開予定だった劇場版の公開を延期することを9月6日に発表した[115][116]。なお、同日から公開が始まった『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』は事件の前日に完成しており[117]、当初は2週間限定公開の予定が3週間限定公開の延長し、上映館数も予定より増えることとなった[118]。京都アニメーションでは1年以上の経験を有しないスタッフはエンドロールにクレジットしない方針をとっていたが、同作では監督の藤田春香の希望により、制作参加の全スタッフの名前がクレジットされることとなった[117][118]。なお、結果として事件の被害者を含むスタッフがクレジットされることになるが、特掲等を行うものではない[119]

また、京都アニメーションは直営の実地店舗「京アニ&Doショップ!」の営業を停止しているほか、通販サイト「京アニショップ!」でも一部営業を停止している[120]。11月3日・4日に開催予定の第4回ファン感謝イベント「私たちは、いま!! ―2年ぶりのお祭りです―」の「届け!京アニ&Doのいろいろ編」についてはステージイベントを全て中止し、一から内容の見直しを行うことになり、8月14日より入場チケットの受け付けを一時停止した[121]。同日には、事件への対応のため担当者を確保できないことから、第11回京都アニメーション大賞の作品募集も一時停止された[122]

京阪電気鉄道は7月20日から開催予定だった『響け! ユーフォニアム』とのコラボレーション企画を延期すると発表した[123] [注 7]

アニメ『炎炎ノ消防隊』や『BEM』、ドラマ『監察医 朝顔』といったテレビ放送作品で、放送が一部延期された[124][125][126]

日本赤十字社京都府赤十字血液センターは、献血によって提供された血液在庫が減少していることから、献血の協力を呼びかけている[127]

宇治市は、8月3日に宇治市源氏物語ミュージアムで開かれる予定であった新作アニメの完成記念トークショーについて、登壇予定であった監督とプロデューサーの精神的なショックが大きく出演できる状態ではないとして中止した[128]

容器での販売自体を自粛する方針を固めたガソリンスタンド運営会社が相次いだ。その影響でスピードスプレーヤー刈払機などといった携行缶給油が欠かせない機器を扱う農家らに負担がかかっており、配慮を求める声が挙がっている[129]

反応[編集]

当事者・関係者[編集]

  • 京都アニメーション社長の八田英明は、事件現場となった第1スタジオを「会社の核となる場所」としたうえで、「こんなことになり残念で断腸の思いだ」と述べ、「暴力行為に訴えてどうするのか。作品に批判があるならちゃんと主張すべきだ」と怒りをあらわにした[15]
  • 声優の緒方恵美は「絶対に許せない」などといったコメントをTwitterなどに投稿した[130]。同じく出演経験のある豊崎愛生自身のラジオ番組で胸中を語り[131]平野綾茅原実里もそれぞれ自身のブログで心境を綴った[132][133]
  • 京都アニメーション出身のアニメ監督山本寛も事件の一報を知るとTwitterで悔しさをあらわにしている[134]
  • 2019年9月下旬、(この時点での)犠牲者35人を悼む会が京都市で開かれ、遺族や負傷者及び社員ら約250人が出席し、献花や犠牲者の思い出の語り合いが行われたと、10月4日に代理人弁護士によって発表された[135]

政界の対応[編集]

  • 内閣総理大臣安倍晋三は事件について弔意を表すと同時に「あまりの凄惨さに言葉を失う」とTwitterに投稿した[136][137]。また、国家公安委員会委員長山本順三に捜査を徹底するよう指示した[138][139]
  • 京都府知事西脇隆俊は7月19日の定例記者会見で「強い憤りを感じる」としたうえで、被害者とその親族への支援を検討すると語った。また京都アニメーションについて「京都のコンテンツ産業を支えている企業で、府内を舞台にするなど地域を愛してもらっている」と評した[140][141]
  • 超党派のマンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟は7月26日に首相官邸を訪ね、税制上の優遇措置など京都アニメーションへの支援策を速やかに講じるよう政府に要請した。同連盟の会長を務める古屋圭司は記者団に対し、「一企業の問題を超越し、漫画業界全体の危機だ」と語り、日本の漫画文化への深刻な打撃であると判断してこのような要請を行った[142]
  • 自民党京都府連会長の二之湯智らが8月5日に首相官邸で内閣官房長官菅義偉と面会し、寄付金などの円滑な受け入れに向けて税制上の優遇措置の検討を求める要望書を提出した。菅官房長官は既に京都アニメーション側と協議していると説明した[143]。その後、企業から京都アニメーションへの寄付金は、災害義援金と同じく「地方公共団体に対する寄付金」として優遇制度を適用することで全額を損金算入可能とし、同時に寄付金が収益(課税対象)として発生する京都アニメーションへの税負担を軽減する方向で政府が調整していると報道された[144]

追悼の声[編集]

支援の動き[編集]

東京・秋葉原にあるアニメイトの店舗で行われた支援募金
滋賀県の豊郷小学校旧校舎群に設置された献花台
台湾・開拓動漫祭(FF34)に設置された支援ブース(2019年7月、台北市)
現場近くの京阪六地蔵駅横に設置された献花台(2019年8月10日)

京都アニメーション側の対応[編集]

  • 京都アニメーションは、国内外から支援を申し出る連絡が多く寄せられていることに感謝を述べ、支援金預かり専用口座を開設すると発表した[158][159]
    • 7月24日午後6時に口座が開設され、7月25日15時時点で個人を中心とした約2億7432万円の寄付金が集まった。同社の代理人弁護士である桶田は「障害を負った方の今後の生活」を考えると数十億円が必要であり、さらなる寄付を呼びかけた[160]
    • その後、8月2日午後3時の時点で6万1885件の寄付があり、合計で16億2226万円に達したと公表された。寄付の大半は1万円以内のものであったなど、内訳も明らかにされた[161]
    • その後も支援は続き、8月16日午後3時の時点で約7万2000件の寄付があり、合計で19億9800万円に達したと公表された。支援金は遺族への見舞金や被害者の治療費のほか、会社の再建などに充てるとしている[162]
    • 8月26日に事件発生から1ヶ月が過ぎたことを節目として、第一スタジオ前の献花台を撤去し、路上などに献花しないように呼び掛けを行った[163]
    • 9月20日午後3時の時点で義援金が合計25億8590万1823円が集まり、全額を京都府が設置した義援金受入専用口座に移管したことを発表した。義援金は同府が設置した義援金分配委員会により適切に配分されていると伝えている[164]
    • 10月2日、参議院議員会館にてMANGA議連の総会が行われ、その場で京都アニメーションは寄付金を事業再開には使わず、全て遺族や負傷者のために使うと発表した[165]

企業からの支援[編集]

  • 7月18日、アメリカでアニメ配給などを手がけているセンタイ・フィルムワークスは、クラウドファンディングサイト「GoFundMe」上で京都アニメーションへの支援を呼びかけた[166]。当初50万ドルを目標としたが、開始からおよそ5時間で7200人あまりから24万ドルの寄付が集まるなど注目を集め、同日中にその目標を達成した[167][168]。その中には米Adobe社の「公にするつもりはなかった」という5万ドルも含まれていた[169][170]。その後も増え続け、2019年7月28日15時(日本時間)時点で228万ドルを超えた[171]
  • 7月19日、アニメ・コミック関連商品を販売するアニメイトは、同日から全国の各店で店頭募金を行っている[172][注 8]。7月31日時点で約2億4903万円の募金が集まり、8月2日付けで京都アニメーション側に送金したことを、アニメイト、京都アニメーションの双方が報告した[173][158]
  • 7月24日、ポイントサービス・Tポイントの総合サイト上で「【緊急募金】京都アニメーションへの義援金」の受付が開始された。1ポイントを1円に換算して寄付が行われる[174][注 8]
  • 7月29日、ヒューマックスシネマは運営する映画館3店舗で募金箱を設置[175]。渋谷HUMAXシネマでは劇場アニメ『リズと青い鳥』をきっかけにミドリフグが飼育されている[176]
  • 8月6日、かつて京都アニメーションがアニメ化した『Kanon』『AIR』『CLANNAD』の原作者であるKeyビジュアルアーツ)は、哀悼の意と共に1000万円を寄付したことを公表した[177]

業界団体などによる支援[編集]

  • 7月22日、複数のアニメ制作会社からなる日本動画協会は義援金預かり専用口座を開設することを発表[178]。同月26日に口座を開設したことを発表し、義援金は同月29日から9月30日まで受け付けるとしている[179][注 8]
  • 7月26日、日本アニメーター・演出協会Yahoo!ネット募金で「京都アニメーション応援募金」の受付を開始。クレジットカードやTポイントでの寄付を受け付ける[180][注 8]
  • 7月27-28日に開催された台湾の同人即売会「Fancy Frontier 開拓動漫祭」(FF34、台北市)では会場に支援ブースが設置され、関連グッズの販売とともに募金が呼びかけられた。2日間で義援金約15万ニュー台湾ドルが集まり、主催者が日本円で50万円を国際送金している[181]
  • 8月5日、公益社団法人京都犯罪被害者センターは「長期的な支援が必要」として、京都府警が対応している被害者支援を引き継ぐための準備を急いでいることが報じられた。また、京都弁護士会は遺族や被害に遭った社員らを対象とした無料相談を始めた[182]
  • 8月19日、アニメ産業イノベーション会議は日本アニメーター・演出協会の協力を得てクラウドファンディングサイト「Makuake」上で支援プロジェクトを立ち上げた。アメリカで既に実施されているクラウドファンディングプロジェクトを受け、「支援の方法は1つでも多く用意されているべき」「クレジット決済をしたい場合の新たな選択肢の1つの方法」という考えから日本向けのクラウドファンディングプロジェクトとして実施することとなった。支援者のうち希望者の名前が、同時期に開設する専用Webサイトに掲載される[183]

行政・教育機関による支援[編集]

舞台となった自治体などからの支援[編集]

京都アニメーション制作の作品のロケ参考地も、各地独自に京都アニメーションへの支援に向けた行動や哀悼の意を示している。

  • アニメ『Free!』のロケ参考地となった鳥取県岩美町では、鳥取県観光連盟(まんが王国とっとり)が事件翌日より鳥取県庁及び各総合事務所の計4ヶ所に募金箱を設置。岩美町観光協会も県の取り組みとは別に同日より岩美町観光会館など町内6ヶ所に募金箱を設置した[186][187]
  • アニメ『けいおん!』シリーズのロケ参考地となった滋賀県豊郷町では、同町の伊藤定勉町長が公式サイトに声明を発表[188]。豊郷町観光協会は同シリーズの校舎のモデルとなった豊郷小学校旧校舎群に献花台を設置した[189][190]。京都アニメーションが支援金預かり専用口座を開設したあとには募金箱も設置された[191]
  • 劇場アニメ『聲の形』の舞台モデルとなった岐阜県大垣市でも事件翌日には市内2箇所に募金箱を設置している[192]
  • アニメ『響け!ユーフォニアム』シリーズの舞台となった宇治市では事件の翌日、宇治市観光センターに募金箱を設置した[193]
  • アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の舞台モデルとなった兵庫県西宮市では7月25日、西宮観光協会が翌日から8月31日まで市内に募金箱を設置することを発表した。設置場所は作品内にも登場する喫茶店「珈琲屋ドリーム」など、市と観光協会が連携して実施中の聖地記念スタンプラリー「SOS団 in 西宮に集合よ!オーバー♪」のラリースポットでもある3ヶ所[194][195]。西宮観光協会の発表によると期間中の募金総額は約170万円。また、喫茶店「珈琲屋ドリーム」では独自に募金活動を継続する[196]
  • アニメ『境界の彼方』に建物が登場する、奈良市高畑町奈良ホテルでは従業員の手書きメッセージなどによる追悼コーナーを設置した[197]
  • アニメ『らき☆すた』の舞台モデルとなった埼玉県久喜市鷲宮神社では、献花台が設けられない代わりに有志の呼びかけで回復祈願の絵馬が奉納されている[198]。また7月28日に行われた八坂祭では、京都アニメーションへの応援の意を込めて「らき☆すた神輿」の渡御が行われた[199]
  • アニメ『AIR』の舞台モデルとなった兵庫県香美町では、香住観光協会が7月24日から8月31日まで募金箱を設置している[200][201]
  • アニメ『氷菓』に建物が登場する、静岡県掛川市加茂荘花鳥園では事件の3日後に献花台や募金箱などを設置した[202]

著名人による支援[編集]

  • 『氷菓』の原作者である米澤穂信は7月27日、「呼び水になりますように」というコメントを添え、京都アニメーションの口座に100万円を振り込んだ入金画面をTwitterに投稿した[203]
  • 7月28日、アニメファンとして知られるお笑いコンビ「霜降り明星」の粗品が、競馬“8番の馬に88万8800円”賭けて当てた115万5440円を寄付した。この8という数について粗品は「長門に来る馬教えてもらった」という表現で、同社がアニメ制作にかかわった『涼宮ハルヒの憂鬱』のエピソードのひとつ「エンドレスエイト」に由来すると示唆した[204][205]
  • X JAPANYOSHIKIは8月1日、「世界の宝である日本のアニメーション、そしてその文化の発展に貢献したいといつも思っています」とコメントし、自身の運営する米国の非営利公益法人を通じ1,000万円を寄付した[206]
  • ホスト実業家であるROLANDは8月13日、重版された自著の印税を全額京アニに寄付したことを自身のInstagramで明らかにした[207][208]
  • 京都アニメーションによる口座開設前、YouTuberヒカルがアニメイトの募金箱に現金100万円を入れる動画をTwitterに投稿し、フォロワーに対して募金の呼びかけを行った[209]。また、同じく口座開設前にもこうもアニメイトの募金箱に現金99万円を入れる動画を投稿して募金を呼びかけたほか、見当違いな意見で被疑者を擁護して意図的に炎上を誘うYouTuberや当事件を面白がるネットユーザーに対しても苦言を呈し、近年のネットリテラシーの低下を訴えた[210]

世界の反応[編集]

懸念の声[編集]

  • 観光学を専門とする、近畿大学准教授の岡本健は「関西を舞台に具体的な場所の背景を忠実に描くことで、2000年代後半以降にファンがゆかりの地を訪ね歩く“聖地巡礼”ブームの礎を築いた。新たな文化を生んでおり、この惨事による経済的な影響も計りしれない」と述べている[145]
  • 日本アニメーション協会は報道機関などに「慎重かつ冷静な報道」をするよう公式Twitterアカウントで要請した[219]。インターネットニュースサイトのねとらぼは、アニメファンを犯罪者予備軍のように扱う、といった報道がなされることを不安視する声がSNS上にあると報じた[157]
  • 特定非営利活動法人 (NPO法人) の地域精神保健福祉機構 (COMHBO) は、被疑者について「精神的な疾患がある」「精神障害がある」といった報道が一部でなされていることに関して「『精神疾患』とこの犯罪を結び付ける可能性のある報道が今後も続くこと」に危惧を抱いているという声明を出した[220][221]
    • 同法人は、それらの報道について「『精神疾患』があるといった部分記述によって『精神疾患』が事件の原因であり、動機であるとの印象を与えてしまう」とし、結果として「精神病を持つ人(精神障害者)」はみな危険だという偏見を助長してしまうことを「過去の例から見て明らか」とした。その上で「とにかく情報を集めてとにかく早く報道しようという報道機関の姿勢が垣間見られる」と批判した[220]
    • 同法人はあわせて「京都放火事件の報道やネットなどの風評でつらい思いをしている皆さまへ[222]」と題した文書も公表した[221]
  • 犯罪心理学を専門とする、筑波大学教授の原田隆之は、精神障害のある人の方が犯罪リスクが低いことは科学的事実であるとした上で、病気だけを強調することは、事件の原因の誤解や、精神障害者への偏見を助長すると指摘している[223]

事件に関連するデマ[編集]

当初、NHKの取材のため朝からセキュリティを解除していたと説明がされたため[8]、ネット上では「NHKが取材しなければ犯人はスタジオ内に入れなかった」などといった意見が出たうえ、「NHKのディレクターが埼玉の厚生施設で被疑者と接触していた」「NHKが取材時間等の情報を被疑者に流した」などといった情報が錯綜したが[224]、NHK側はこれを否定した[225]。無施錠に関しては事件当日に元スタッフによる証言が報道されていたが[226]、その後業務時間帯は無施錠でセキュリティシステム自体なかったことが代理人弁護士桶田大介によって改めて発表された[227][228]

派生した事件・犯罪[編集]

事件発生後、これに関連・便乗した事件が発生した。いずれも事件やガソリンなどを脅迫に利用している。

  • 2019年7月23日広島県東広島市のホームページの問い合わせフォームに、「私の部下が実行した京アニ放火はお楽しみいただけましたか」と当事件について触れたうえで「午後3時半までに丸山穂高議員[注 9]の謝罪会見を開かなければ24日午後に市役所と市内の学校にガソリンを散布して火を付ける」などとする投稿があり、広島県警察本部威力業務妨害などの疑いで捜査した[229][230]
  • 2019年7月25日北海道札幌市にて、派遣会社の社員が元派遣先施設の上司に対し、「京アニの北海道版になるかも」などと脅迫するメッセージを送信したとして、北海道警察本部札幌中央警察署に逮捕された[231]
  • 2019年7月26日埼玉県川口市にて、無職の男性が川口税務署の職員に対し、「職員に会わせろ」「会わせないのであれば京アニの事件のように川口税務署にガソリンをまいて火をつけるぞ」と電話で脅迫したとして同月28日に逮捕された[232]
  • 2019年8月3日、愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展の一部の展示中止について、実行委員会会長の大村秀章愛知県知事は、一部展示物への批判的な意見の中に「撤去しなければガソリン携行缶を持ってお邪魔する」というファックスがあったと明かし、記者の質問に答えるかたちで、この事件を意識したものだと考えていると語った[233]。県は8月6日、愛知県警察本部東警察署に被害届を提出し、翌7日にトラック運転手の男性が威力業務妨害容疑で逮捕された[234]。逮捕された男性は調べに対し、実際にはガソリンおよび携行缶は購入しなかったと供述している[235]
  • 2019年8月9日スクウェア・エニックスに対して配送業の男性が「京都アニメーションの再現したろか」などと脅迫メールを送り、脅迫と威力業務妨害の疑いで逮捕された[236]
  • 2019年8月22日、愛知県西尾市の自動車部品会社に勤めていた男性が、解雇を言い渡された腹いせに「仕返しはしておきます。京都アニメーションで起きた事件、起きます」などと事件を予告するようなメールを同社に送ったとして、威力業務妨害の疑いで逮捕された[237]
  • 2019年8月30日ビジュアルアーツに対して派遣社員の男性がTwitterで「今ガソリンを準備中」などと書き込んだとして、脅迫の疑いで逮捕された[238]
  • 2019年10月16日カラーに対して無職の男性が3年ほど前からTwitterで誹謗中傷を繰り返していたうえ、同年7月には「京アニみたいなことにならないと良いな」などと書き込んだとして、脅迫と威力業務妨害容疑の疑いで逮捕された[239]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 死傷者数は2019年10月5日現在の情報である。また、負傷者は被疑者を含んでいる。
  2. ^ アニ×パラ』の一篇として2020年東京パラリンピック関連の短編アニメ制作を依頼した[21]
  3. ^ 男はライターを「チャッカマン」と表現した[33]
  4. ^ NHKはウェブサイトにて、2019年8月2日に公表された犠牲者それぞれの特集記事を掲載したが、遺族が匿名への変更を希望した犠牲者については言及していない[92]
  5. ^ 警察官僚古野まほろは、警察庁が京都府警に指示したという報道を疑問視している[98]
  6. ^ 読売新聞も8月28日に実名報道に踏み切ったものの、他紙と異なり実名報道についての方針は示していない
  7. ^ 2018年3月から石山坂本線で運行している600形によるラッピング電車の運行は継続中。
  8. ^ a b c d この募金は2019年7月26日時点で京都アニメーションが確認している活動[158]
  9. ^ 北方領土問題に関する発言が問題になり(詳細は丸山穂高#北方領土滞在中の言動を参照)、同年5月に日本維新の会から除名処分を受けている。なお、京都アニメーションとは無関係の人物である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 京アニ放火、玄関から逃げた女性死亡…氏名非公表”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2019年10月5日). 2019年10月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “京都府京都市伏見区で発生した爆発火災(第10報)” (PDF) (プレスリリース), 総務省消防庁, (2019年7月29日), https://www.fdma.go.jp/disaster/info/items/1907291115.pdf 2019年7月29日閲覧。 
  3. ^ a b 入院中の男性1人死亡=犠牲35人に、京アニ放火:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム (2019年7月27日). 2019年7月27日閲覧。
  4. ^ a b c d 京アニ生存者 2階から飛び降り救助か 被害者8割が20~30代”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年8月14日). 2019年8月25日閲覧。
  5. ^ “若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災”. 毎日新聞. (2019年7月18日). オリジナルの2019年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190719172913/https://mainichi.jp/articles/20190718/k00/00m/040/105000c 2019年7月18日閲覧。 
  6. ^ “「京アニ」スタジオで爆発=複数死亡か、負傷30人以上-放火の疑い、男を確保”. 時事ドットコム (時事通信社). (2019年7月18日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071800462&g=soc 2019年7月21日閲覧。 
  7. ^ a b “京アニ放火、吹き抜け構造で一気に燃焼か 4人なお重篤”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年7月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM7M2TK6M7MPTIL002.html 2019年7月21日閲覧。 
  8. ^ a b “京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除”. 毎日新聞. (2019年7月18日). https://mainichi.jp/articles/20190718/k00/00m/040/308000c 2019年7月18日閲覧。 
  9. ^ a b “京アニ 焼損免れたサーバー資料 復旧急ぐ”. 産経ニュース (産経新聞). (2019年7月26日). https://www.sankei.com/west/news/190726/wst1907260037-n1.html 2019年7月27日閲覧。 
  10. ^ a b “焼損免れたサーバーから原画データ回収に成功 京アニ”. 朝日新聞. (2019年7月29日). https://www.asahi.com/articles/ASM7Y6H8ZM7YPTIL03K.html 2019年7月29日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 京アニ火災、死者33人=平成以降最悪-確保の男、ガソリンまき「死ね」・京都」『』時事通信社、2019年7月18日。2019年7月18日閲覧。
  12. ^ 男「死ね」と叫び、ガソリンまく…京アニ放火」『読売新聞オンライン読売新聞社、2019年7月18日。2019年7月18日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  13. ^ a b “京アニ容疑者 一時的に意識回復「痛い」”. 産経新聞. https://www.sankei.com/west/news/190809/wst1908090042-n1.html 2019年8月11日閲覧。 
  14. ^ a b 京アニ放火容疑者、容体快方へ うなずくなど意思表示」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年9月5日。2019年9月8日閲覧。, オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。
  15. ^ a b 京アニ社長「残念で断腸の思い」=惨劇に悔しさあらわ」『時事ドットコム』時事通信社、2019年7月18日。2019年7月18日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  16. ^ 京アニへ直接的嫌がらせ ○○容疑者との関係性不明」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年7月20日。2019年8月17日閲覧。, オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。
  17. ^ スタジオ内「過密状態」=上階で多数逃げ遅れ-木製机多く・京アニ社員証言」『時事ドットコム』(時事通信社)、2019年7月21日。2019年7月22日閲覧。, オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。
  18. ^ a b アニメ会社放火 男は前日には現場近くにいたか」『NHK NEWS WEB』日本放送協会、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  19. ^ “放火事件の当日「来客予定で玄関施錠せず」京アニ社長語る.”. (2019年7月19日). https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190719000104 
  20. ^ NHK「京アニ」火災当日に取材予定 けが人はなし」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年7月19日。2019年7月20日閲覧。, オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。
  21. ^ 『富山新聞』2019年7月25日付27面『20年パラ関連でNHKが制作依頼』より。
  22. ^ 1階に侵入直後、バケツでガソリンまいたか 京アニ放火」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  23. ^ 京アニ放火殺人疑いで○○容疑者に逮捕状 京都府警」『日本経済新聞 電子版』日本経済新聞、2019年7月26日。2019年7月26日閲覧。, オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。
  24. ^ a b “若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災”. 毎日新聞. (2019年7月18日). https://mainichi.jp/articles/20190718/k00/00m/040/105000c 2019年7月18日閲覧。 
  25. ^ “アニメ製作会社で火事けが人多数|NHK 関西のニュース”. 日本放送協会. (2019年7月18日). https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190718/2000017699.html 2019年7月18日閲覧。 
  26. ^ 「京アニ」スタジオで爆発=複数死亡か、負傷30人以上-放火の疑い、男を確保:時事ドットコム」『時事ドットコム』時事通信社、2019年7月18日。2019年7月18日閲覧。
  27. ^ 京アニ火災、死者33人に 身柄確保された男は意識不明」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年7月18日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  28. ^ a b 男は火をつけながら「死ね」と話す アニメ会社で火事」『NHK NEWS WEB』日本放送協会、2019年7月18日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  29. ^ a b 時事通信社 (2019年7月21日). “屋上扉「開けにくいタイプ」=悲鳴直後、らせん階段から黒煙-京アニ社員証言”. JIJI.com. https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072000570&g=soc 2019年7月21日閲覧。 
  30. ^ 京都アニメーション火災 爆発音、黒煙…近隣の市民も恐怖「地獄絵図です」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2019年7月18日). 2019年10月13日閲覧。
  31. ^ 京アニ放火事件、○○○○容疑者に逮捕状 京都府警」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  32. ^ 『北日本新聞』2019年7月20日朝刊1面『容疑者一方的に恨みか 京アニ放火「小説盗んだから」』
  33. ^ “「チャッカマンを使った」 京アニ火災、確保の男話す”. 京都新聞. (2019年7月18日). オリジナルの2019年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190718212252/https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190718000087 
  34. ^ 京アニ火災 「パクリやがって」「死ね」液体まいた男が叫ぶ ズボンには火がついたまま…」『産経新聞』産業経済新聞社、2019年7月18日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  35. ^ アニメ会社放火 男が会社に一方的に恨み募らせた可能性も」『NHK NEWS WEB』日本放送協会、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  36. ^ 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか」『毎日新聞』毎日新聞社、2019年7月19日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  37. ^ アニメ会社放火 死者16人に|NHK 関西のニュース」『NHK NEWS WEB』日本放送協会、2019年7月18日。2019年7月23日閲覧。, オリジナルの2019年7月18日時点によるアーカイブ。
  38. ^ “7人死亡確認、16人心肺停止 京都アニメーション火災”. 京都新聞 (京都新聞社). (2019年7月19日). オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190719123222/https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190718000090 2019年7月19日閲覧。 
  39. ^ “京アニのスタジオ火災が鎮火、発生から約20時間 33人死亡”. 京都新聞 (京都新聞社). (2019年7月19日). オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190719123230/https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190719000033 2019年7月19日閲覧。 
  40. ^ “京アニ社長「日本の宝失われた」 現場ではファンら献花”. 朝日新聞デジタル. (2019年7月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM7M2W6RM7MPTIL006.html 2019年7月22日閲覧。 
  41. ^ “京アニ火災 死者33人に 確保の男は一時埼玉在住”. 産経新聞 (産経新聞社). (2019年7月19日). https://www.sankei.com/affairs/news/190718/afr1907180058-n1.html 2019年10月10日閲覧。 
  42. ^ “京アニ放火、犠牲者34人に 新たに男性1人死亡”. 産経新聞 (産経新聞社). (2019年7月19日). オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191010130756/https://www.sankei.com/affairs/news/190719/afr1907190066-n1.html 2019年10月10日閲覧。 
  43. ^ “「京アニ」放火 犠牲者35人に 男性が新たに死亡”. アイティメディア. (2019年7月29日). オリジナルの2019年10月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191010133917/https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/29/news050.html 2019年10月10日閲覧。 
  44. ^ “京アニ放火で36人目の死者…全身やけどの容疑者、逮捕のめどたたず”. 読売新聞オンライン (読売新聞社社). (2019年10月6日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/29/news050.html 2019年10月10日閲覧。 
  45. ^ “京都アニメ放火、30人超けが 1人死亡41歳男ガソリンまいた”. 共同通信. (2019年7月18日). https://this.kiji.is/524422114031895649 2019年7月18日閲覧。 
  46. ^ “京アニ放火容疑者、やけど重篤な状態続く 別病院に移送”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年7月20日). https://www.asahi.com/articles/ASM7N3JXBM7NPTIL01S.html 2019年7月22日閲覧。 
  47. ^ 自宅に京アニDVD=京都入り当日から下見か-○○容疑者、わずかに反応も”. 2019年7月28日閲覧。
  48. ^ 容疑者宅から“京アニ”DVD押収 容体は予断許さず”. 2019年7月28日閲覧。
  49. ^ 京アニ火災、死者が34人に 入院中の男性1人死亡”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2019年7月19日). 2019年7月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  50. ^ 京アニ放火、犠牲者34人に 新たに男性1人死亡”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年7月19日). 2019年8月25日閲覧。
  51. ^ 京アニ放火の死者35人に 入院中の男性死亡、従業員か”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年7月27日). 2019年8月4日閲覧。
  52. ^ 「京アニ」放火 犠牲者35人に 男性が新たに死亡”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年7月27日). 2019年8月25日閲覧。
  53. ^ 京アニ放火殺、入院中の20代女性が死亡 犠牲者36人に”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年10月5日). 2019年10月5日閲覧。
  54. ^ a b 京アニ放火 死亡者全員名前公表”. 関西 NEWS WEB. 日本放送協会 (2019年8月27日). 2019年8月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年8月27日閲覧。
  55. ^ 毎日新聞2019年8月18日朝刊2面
  56. ^ 生存者の多く、ベランダから飛び降りる 京アニ事件」『朝日新聞朝刊14版』朝日新聞社、2019年8月17日、27面。2019年8月25日閲覧。
  57. ^ 読売新聞夕刊3版2019年8月17日11面
  58. ^ a b 東京新聞朝刊11版2019年8月18日29面
  59. ^ 京アニ放火、負傷者どう避難? 府警、模型見せて聞き取り”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年9月19日). 2019年10月5日閲覧。
  60. ^ 京アニ事件負傷者ら35人の年齢など公表 京都府警”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年9月6日). 2019年9月8日閲覧。
  61. ^ 京アニ負傷者 なお7人入院、心にも傷 匿名で身元発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年9月7日). 2019年9月8日閲覧。
  62. ^ 京アニ火災 25人死亡35人負傷 平成以降最悪の放火事件に”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年7月18日). 2019年9月8日閲覧。
  63. ^ “京アニ放火、殺人死者数で戦後でも最悪か”. 読売新聞 (読売新聞社). (2019年7月20日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20190720-OYT1T50135/ 2019年7月20日閲覧。 
  64. ^ “京アニ、スタジオ防火対策は適切 京都市消防局、議会説明”. ライブドアニュース. (2019年7月22日). https://news.livedoor.com/article/detail/16812807/ 2019年7月29日閲覧。 
  65. ^ “京アニ火災 スプリンクラー義務ない建物”. 日テレNEWS24. (2019年7月19日). http://www.news24.jp/articles/2019/07/19/07467552.html 2019年7月19日閲覧。 
  66. ^ “京都アニメーションで放火による大規模火災…被害はなぜ拡大したのか専門家と検証する”. FNN.jpプライムオンライン. (2019年7月18日). https://www.fnn.jp/posts/00047299HDK/201907182048_livenewsit_HDK 2019年7月19日閲覧。 
  67. ^ “炎と煙、一気に広がる? 外階段なく逃げ場失ったか 京アニ火災”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年7月20日). https://mainichi.jp/articles/20190719/k00/00m/040/117000c 2019年7月20日閲覧。 
  68. ^ “らせん階段脇で着火か=京アニ放火・京都府警”. 時事ドットコム (時事通信社). (2019年7月18日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072000126&g=soc 2019年7月20日閲覧。 
  69. ^ “京アニ社長「跡地を公園に」 犠牲者のお別れの会を検討”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年7月20日). https://www.asahi.com/articles/ASM7N3K0YM7NPTIL01T.html 2019年7月21日閲覧。 
  70. ^ 京都アニメーション・八田社長が会見「堪えきれない。こんな大惨事になるとは…」”. スポニチアネックス. 2019年7月20日閲覧。
  71. ^ “京アニ火災で京都市が緊急検証対策チーム設置”. 毎日新聞. (2019年7月20日). オリジナルの2019年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190726200428/https://mainichi.jp/articles/20190720/k00/00m/040/014000c 2019年7月22日閲覧。 
  72. ^ 給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて(令和元年7月25日付消防危第95号) (PDF)”. 消防庁. 2019年8月3日閲覧。
  73. ^ 京アニ火災、百人体勢の捜査本部設置 京都府警、放火殺人と断定」『京都新聞』京都新聞社、2019年7月19日。2019年7月19日閲覧。, オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。
  74. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年8月5日). “京アニ放火で異例の被害者対策 涙ぐむ捜査員、遺品についたすすを拭き取って” (日本語). 産経ニュース. 2019年8月7日閲覧。
  75. ^ 放火事件 男の名前公表 「逮捕していないが重大性考慮」 警察」『NHKニュース』、2019年7月19日。2019年7月19日閲覧。, オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。
  76. ^ 京アニ放火、容疑者の氏名公表 全身熱傷で重篤、回復待ち逮捕へ」『京都新聞』京都新聞社、2019年7月19日。2019年7月19日閲覧。, オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。
  77. ^ 京アニ火災の容疑者、京都から大阪に転院 重篤で高度な治療必要」『京都新聞』京都新聞社、2019年7月20日。2019年7月20日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  78. ^ 京都アニメ火災事件、殺人容疑で逮捕状」『京都新聞』京都新聞社、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  79. ^ アニメ会社放火 ○○容疑者に逮捕状」『NHKニュース』日本放送協会、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。, オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。
  80. ^ 『北日本新聞』2019年8月15日付26面『京アニ放火殺人 逮捕状取り直し 35人殺害未遂容疑追加』より。
  81. ^ 京アニ放火の○○○○容疑者に殺人未遂容疑でも逮捕状 今も4人重体・重症、25人重傷(exciteニュース、2019年8月14日更新、2019年8月16日閲覧)
  82. ^ “京アニ放火 容疑者と直接トラブル確認できず 一方的な恨み募らせたか”. 産経新聞 (産業経済新聞). (2019年7月20日). https://www.sankei.com/west/news/190720/wst1907200010-n1.html 2019年7月22日閲覧。 
  83. ^ ○○容疑者、小説応募か=京アニに同姓同名の記録-自宅に原稿用紙も・京都府警」『時事ドットコム』時事通信社、2019年7月30日。2019年7月31日閲覧。
  84. ^ ○○容疑者、京アニに小説応募か 「同姓同名の人物を確認」と京アニ側」『産経新聞産経新聞、2019年7月30日。2019年7月31日閲覧。
  85. ^ 「京アニ大賞」に複数の小説を応募 〇〇容疑者と断定”. 毎日新聞社 (2019年8月26日). 2019年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月8日閲覧。
  86. ^ 〇〇容疑者「京アニ大賞」に応募 小説、選ばれればアニメ化”. CHUNICHI Web. 中日新聞社 (2019年8月26日). 2019年9月8日閲覧。
  87. ^ 『北日本新聞』2019年8月17日付30面『犠牲者の腕時計 京都府警が紛失 京アニ放火』より。
  88. ^ 『富山新聞』2019年7月25日付27面『身元特定が難航』より。
  89. ^ a b “京アニ放火 死亡34人全員の身元特定”. 毎日新聞. (2019年7月25日). オリジナルの2019年7月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190725031605/https://mainichi.jp/articles/20190725/k00/00m/040/081000c 2019年7月25日閲覧。 
  90. ^ “犠牲者10人氏名公表、京アニ事件で府警 「涼宮ハルヒ」監督も”. 京都新聞. (2019年8月2日). https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190802000070 2019年8月2日閲覧。 
  91. ^ 京アニ放火殺人 犠牲者10名を公表…“アニメ界の宝”たちが生きた証”. FNN.jpプライムオンライン. 「Live News it!」8月2日放送分. 株式会社フジテレビジョン (2019年8月2日). 2019年8月19日閲覧。
  92. ^ アニメ会社放火”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2019年8月2日). 2019年8月19日閲覧。
  93. ^ 京アニ犠牲、10人公表 「らき☆すた」武本監督ら”. 中日新聞 CHUNICHI Web. 中日新聞社 (2019年8月3日). 2019年8月19日閲覧。
  94. ^ 新聞各紙は「実名報道」の意義をどう訴えたか 京アニ事件、犠牲者公表で主張の「必要性」”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2019年8月3日). 2019年8月4日閲覧。
  95. ^ 京アニ犠牲者 身元公表は35人中10人「らき☆すた」武本監督も…”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2019年8月3日). 2019年8月4日閲覧。
  96. ^ 絹田たぬき (2019年8月5日). “共同通信が京アニ放火殺人の遺族へ呼びかけ 「人の死をメシウマ」や「いや好感が持てる」と大論争に発展中”. TABLO. タブロ. 2019年9月16日閲覧。
  97. ^ 戸田一法 (2019年8月24日). “京アニ事件、被害者の「身元」公表で警察とメディアに求められる姿勢”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. p. 2. 2019年8月25日閲覧。
  98. ^ 京アニ放火殺人 警察はなぜ被害者実名報道を決断したのか”. デイリー新潮. 新潮社. p. 1 (2019年10月1日). 2019年10月6日閲覧。
  99. ^ 「らき☆すた」武本監督の悲報、親族に 京アニ放火”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年7月26日). 2019年9月16日閲覧。
  100. ^ 中国新聞2019年7月27日朝刊33面
  101. ^ 北海道新聞2019年8月3日朝刊1面
  102. ^ 信濃毎日新聞2019年8月3日朝刊1面
  103. ^ 身元公表で申し入れ=京アニ事件で報道各社-京都:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年8月20日閲覧。
  104. ^ “京アニ放火犠牲者、残る25人実名公表 京都府警 葬儀待ち遺族に説明”. 毎日新聞. (2019年8月27日). https://mainichi.jp/articles/20190827/k00/00m/040/131000c 2019年8月27日閲覧。 
  105. ^ 京アニ事件、京都府警が「実名公表拒否」とした複数遺族が否定も”. 京都新聞WEB. 京都新聞社 (2019年8月28日). 2019年8月28日閲覧。
  106. ^ a b 中村かさね (2019年8月28日). “京アニ被害者の「実名報道」。テレビと新聞はどう報じたか”. ハフポスト. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン. 2019年9月8日閲覧。
  107. ^ 京アニ放火殺人と実名報道 メディアはどう向き合ったか”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年9月10日). 2019年9月16日閲覧。
  108. ^ 明石昇二郎 (2019年8月31日). “京アニ、マスコミの犠牲者実名報道で遺族に甚大な被害も…遺族の反対を無視の暴挙”. ビジネスジャーナル. サイゾー. 2019年10月6日閲覧。
  109. ^ 犠牲者全員の身元公表=「ハルヒ」の池田さんら25人 - 京アニ放火・京都府警”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2019年8月27日). 2019年9月16日閲覧。
  110. ^ 犠牲者25人、新たに身元公表”. 共同通信社 (2019年8月28日). 2019年9月16日閲覧。
  111. ^ 京アニ被害25人新たに公表 摘まれた…若い芽”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. p. 2 (2019年8月28日). 2019年9月16日閲覧。 “※日刊スポーツでは今回の事件について、遺族の方々のお気持ちを鑑み、匿名を希望される方の実名は伏せて報じています。”
  112. ^ 他の事件と何が違うのか 京アニ放火殺人の「実名報道」に「世論」という壁」『週刊新潮』2019年9月12日号、新潮社、2019年9月5日、 43頁、2019年9月16日閲覧。
  113. ^ 被害者の実名、速やかに公表を 在京社会部長会”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年10月6日). 2019年10月4日閲覧。
  114. ^ 京アニ火災 来年公開の「Free!」完全新作劇場版の続報公開を中止”. BIGLOBEニュース (2019年7月18日). 2019年7月19日閲覧。
  115. ^ 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公開日延期のご連絡”. 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト (2019年9月6日). 2019年9月6日閲覧。
  116. ^ “「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公開日延期に、外伝は本日公開”. コミックナタリー. (2019年9月6日). https://natalie.mu/comic/news/346481 2019年9月6日閲覧。 
  117. ^ a b “制作者の「生きた証し」=事件前日完成の新作、6日公開へ-京アニ”. 時事ドットコムニュース. (2019年9月4日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090401099 2019年9月6日閲覧。 
  118. ^ a b “京アニ新作映画が公開、エンドロールに犠牲者全員の名前”. 朝日新聞デジタル. (2019年9月6日). https://www.asahi.com/articles/ASM957JYVM95PTFC01Y.html 2019年9月6日閲覧。 
  119. ^ 福田瑠千代 (2019年9月5日). “京アニ、映画で全スタッフ名を掲載へ 経験1年未満はクレジットしない慣例も「制作に参加した全員の生きた証」 犠牲者の特掲はせず”. ねとらぼ. https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1909/05/news081.html 2019年9月6日閲覧。 
  120. ^ 京アニショップ!通販サイトおよび京アニ&Doショップ!の営業について”. 京都アニメーションホームページ. 京都アニメーション (2019年7月21日). 2019年7月22日閲覧。
  121. ^ “京都アニメーション、ファン感謝イベントの内容見直しを発表 ステージイベントは中止決定に”. アニメ!アニメ!. (2019年8月15日). https://animeanime.jp/article/2019/08/15/47675.html 2019年8月16日閲覧。 
  122. ^ “京アニ大賞、作品公募を一時停止…担当者確保できず”. 読売新聞オンライン. (2019年8月15日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20190815-OYT1T50091/ 2019年8月16日閲覧。 
  123. ^ 「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019」の開催延期について”. 京阪ホールディングス・京阪電気鉄道. 2019年7月19日閲覧。
  124. ^ TVアニメ『炎炎ノ消防隊』公式の2019年7月25日13:00のツイート2019年7月25日閲覧。
  125. ^ 京アニ放火事件受け フジ配慮 月9「監察医 朝顔」第3話を29日に延期”. スポニチ (2019年7月21日). 2019年7月21日閲覧。
  126. ^ 「BEM」第4話放送延期について”. 妖怪人間ベム新作アニメ「BEM」公式サイト (2019年7月30日). 2019年7月30日閲覧。
  127. ^ “京アニ支援で献血呼び掛けるツイート 役立つ理由を聞いた”. 京都新聞 (日本新聞協会). (2019-07-24}). https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190724000113 2019年7月24日閲覧。 
  128. ^ “京アニ放火 源氏物語新作アニメトークショー中止「制作者らショック」”. 産経新聞 (産経新聞社). (2019-07-24}). https://www.sankei.com/west/news/190724/wst1907240042-n1.html 2019年7月25日閲覧。 
  129. ^ “携行缶 駄目なの? ガソリンスタンド給油 「お断り」に農家「困った」 京アニ余波相次ぐ自粛”. 日本農業新聞. (2019年8月16日). https://www.agrinews.co.jp/p48458.html 2019年8月16日閲覧。 
  130. ^ 京アニ火災、声優陣にも悲しみ広がる「涙とまらんどうしよう」「…絶対に、許せない。」 Buzz Feed News 2019年7月18日閲覧
  131. ^ 「けいおん!」豊崎愛生、京アニ火災に悲痛 生ラジオで声震わせ「混乱のさなか」,ORICON NEWS,2019年7月18日
  132. ^ 茅原実里 京アニ放火事件でやり場のない思いも…使命感つづる「京アニ作品を未来へ」,スポーツニッポン,2019年7月21日
  133. ^ 涼宮ハルヒで声優の平野綾「常識や信念を覆された」,日刊スポーツ,2019年7月22日
  134. ^ “「京アニ」放火、アニメ業界から悲痛な声”. 読売新聞社. (2019年7月18日). オリジナルの2019年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190718144415/http://www.yomiuri.co.jp/national/20190718-OYT1T50300/ 2019年8月2日閲覧。 
  135. ^ 京アニ、犠牲者悼む会開催 遺族ら約250人参加”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年10月6日). 2019年10月4日閲覧。
  136. ^ AbeShinzoのツイート(1151748479531667457)
  137. ^ “安倍首相「放火殺人事件、凄惨さに言葉失う」 京アニ火災受けSNSに”. 産経新聞. (2019年7月18日). https://www.sankei.com/politics/news/190718/plt1907180018-n1.html 2019年7月18日閲覧。 
  138. ^ 国家公安委員会委員長記者会見要旨(令和元年7月18日)”. 警察庁. 2019年7月19日閲覧。
  139. ^ “京アニ火災「全容解明に全力」…国家公安委員長”. 読売新聞オンライン. (2019年7月18日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20190718-OYT1T50274/ 2019年7月18日閲覧。 
  140. ^ 京都の西脇知事「強い憤り」 京アニ火災現場周辺を視察” (日本語). 毎日新聞 (2019年7月20日). 2019年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月21日閲覧。
  141. ^ “京都知事「強い憤り」 被害者らへ支援検討 京アニ火災”. 産経新聞. (2019年7月19日). https://www.sankei.com/west/news/190719/wst1907190021-n1.html 2019年7月21日閲覧。 
  142. ^ “京アニ支援、政府に要請=MANGA議連”. 時事ドットコムニュース. (2019年7月26日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072601019&g=pol 2019年7月26日閲覧。 
  143. ^ 政府、京アニ支援で税制優遇検討=寄付金受け入れめぐり:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年8月7日閲覧。
  144. ^ 政府、京アニ寄付者の税軽減へ 災害義援金と同じ扱い 「地方公共団体への寄付金」位置づけ”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年8月22日). 2019年8月25日閲覧。
  145. ^ a b c アニメ業界「影響甚大」京アニ火災被害、有望人材失われる」『京都新聞』京都新聞社、2019年7月19日。2019年7月19日閲覧。, オリジナルの2019-7-19時点によるアーカイブ。
  146. ^ “京アニ放火、国連事務総長が哀悼の意 「深い悲しみ」”. 朝日新聞デジタル. (2019年7月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM7M72L1M7MUHBI03D.html 2019年7月20日閲覧。 
  147. ^ JustinTrudeauのツイート(1151898748777304065)
  148. ^ iingwenのツイート(1151842822548545537)
  149. ^ ambafrancejp_jpのツイート(1151763021850714112)ChnEmbassy_jpのツイート(1151751306760970240)
  150. ^ USAmbJapanのツイート(1151839038065827841)
  151. ^ tim_cookのツイート(1151875113903542272)
  152. ^ JohnnyGWeirのツイート(1152005003063644162)
  153. ^ “「涙で映画見られない」「応援したい」ファン 各地で”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2019年7月19日). オリジナルの2019年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190719130055/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190719/k10011999321000.html 2019年7月22日閲覧。 
  154. ^ 「世界コスプレサミット」初の東京開催、前日にはオープニングセレモニーdwango.jp news2019/7/27
  155. ^ 「『世界コスプレサミット2019』 オープニングセレモニー」World Cosplay Summit (WCS)
  156. ^ 「世界39ヶ国のコスプレイヤー代表が東京に集結 京アニ作品で登場のレイヤーも」オリコンニュース2019-07-26 13:38
  157. ^ a b 京アニ放火事件で日本アニメーション協会が「慎重かつ冷静な報道」求める Twitterではハッシュタグ「prayforkyoani」が誕生”. ねとらぼ. 2019年7月18日閲覧。
  158. ^ a b c “ご支援の御礼とご案内” (プレスリリース), 京都アニメーション, (2019年7月24日), http://www.kyotoanimation.co.jp/information/?id=3075 2019年7月28日閲覧。 
  159. ^ 京アニ、募金口座を開設へ”. 2019年7月28日閲覧。
  160. ^ “京アニ代理人「数十億規模の財団で回復」 さらなる寄付呼びかけ ”. 産経WEST (産経新聞). (2019年7月25日). https://www.sankei.com/west/news/190725/wst1907250032-n1.html 2019年7月26日閲覧。 
  161. ^ “京アニ支援金16億円超に ”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2019年8月5日). https://mainichi.jp/articles/20190805/k00/00m/040/217000c 2019年8月6日閲覧。 
  162. ^ 京アニ支援金 約19億円に” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年8月23日閲覧。
  163. ^ 現場近くの献花台撤去”. 産経電子版. 2019年8月26日閲覧。
  164. ^ Co.,Ltd, Kyoto Animation. “義援金移管につきましてのご挨拶” (日本語). 京都アニメーションホームページ. 京都アニメーション. 2019年9月21日閲覧。
  165. ^ 世界からの寄付金の『使い道』に称賛の声 「涙が出た」「応援しています」”. grape. グレイプ (2019年10月4日). 2019年10月6日閲覧。
  166. ^ Shino Tanaka (2019年7月18日). “京アニ火災、アメリカのアニメ配給会社がクラウドファンディングを開始。「私たちの友人である京アニを助けて」”. ハフポスト. 2019年7月18日閲覧。
  167. ^ ““京アニ支援” 米企業がクラウドファンディング呼びかけ”. NHK. (2019年7月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190718/k10011997981000.html 2019年7月18日閲覧。 
  168. ^ 京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える”. ねとらぼ. 2019年7月28日閲覧。
  169. ^ 京アニ募金、Adobeの5万ドル募金がTwitterで発見され、注目を集める「微力ながら支援」,バズフィード・ジャパン,2019年7月23日
  170. ^ Adobe、京アニ支援に5万ドル 「京アニは世界のクリエイティブコミュニティーの中心の1つ」,ITmedia NEWS,2019年7月24日
  171. ^ GoFundMe 「Help Kyoani Heal」”. 2019年7月28日15:00時閲覧。
  172. ^ “アニメイト、京アニ火災受け募金開始 各店店頭で実施”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2140472/full/ 2019年7月19日閲覧。 
  173. ^ 京都アニメーション様支援募金 募金額途中経過のご報告”. アニメイト. 2019年8月11日閲覧。
  174. ^ Tポイント【公式】 [@tpoint] (2019年7月24日). "【緊急募金】" (ツイート). Retrieved 2019年7月25日 – via Twitter.
  175. ^ “株式会社京都アニメーションの放火被害に関しまして” (PDF) (プレスリリース), ヒューマックスシネマ, (2019年8月1日), https://www.humax-cinema.co.jp/wp-content/uploads/2019/07/news190729_kyouyo.pdf 2019年8月1日閲覧。 
  176. ^ 渋谷HUMAXシネマ [@humax_shibuya] (2018年4月19日). "みぞれが化学室で世話をしている "ミドリフグ" を当劇場でも飼育しています!!" (ツイート). Retrieved 2019年8月1日 – via Twitter.
  177. ^ Keyスタッフ一同 (2019年8月6日). “京都アニメーションのみなさまへ”. Keyオフィシャルサイト. ビジュアルアーツ. 2019年8月10日閲覧。
  178. ^ 仲瀬コウタロウ (2019年7月22日). “日本動画協会が京都アニメーションの支援へ 義援金募集を目的とした口座を開設”. アニメ!アニメ! (イード). https://animeanime.jp/article/2019/07/22/47074.html 
  179. ^ “株式会社京都アニメーション支援の義援金に関するお知らせ” (プレスリリース), 一般社団法人日本動画協会, (2019年7月26日), https://aja.gr.jp/info/1436 2019年7月27日閲覧。 
  180. ^ 高橋佑司 (2019年7月26日). “京アニへの応援募金窓口がYahoo!ネット募金で開設”. 週刊アスキー (角川アスキー総合研究所). https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/432/432020/ 2019年7月27日閲覧。 
  181. ^ (繁体字中国語)上周末於FF34會場舉辦的「京アニ再建支援.義賣活動」,在短短兩天內就超標達成台幣15萬元的目標”. Fancy Frontier公式Plurk (2019年8月5日). 2019年8月19日閲覧。
  182. ^ 「心のケア」支援の輪=生存者や住民も傷深く-弁護士会相談開始・京アニ放火:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年8月7日閲覧。
  183. ^ “京アニ支援のクラウドファンディング、Makuakeで開始 「支援の方法は1つでも多く用意されているべき」”. ITmedia NEWS (アイティメディア). (2019年8月19日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/19/news098.html 2019年9月4日閲覧。 
  184. ^ 「京都アニメーション」火災について”. 京都精華大学. 2019年7月19日閲覧。
  185. ^ 京アニ火災 京都・マンガミュージアムなどに募金箱”. 産経新聞. 2019年7月28日閲覧。
  186. ^ 京都アニメーション火災に伴う募金箱の設置”. 鳥取県 (2019年7月19日). 2019年7月19日閲覧。
  187. ^ “京アニ火災 「Free!」の聖地、鳥取県が募金箱設置”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年7月19日). https://mainichi.jp/articles/20190719/k00/00m/040/364000c 2019年7月19日閲覧。 
  188. ^ 株式会社京都アニメーション様での事件について”. 滋賀県豊郷町. 2019年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月19日閲覧。
  189. ^ 豊郷町観光協会 [@toyosato_kankou] (2019年7月19日). "【献花台設置のご案内】" (ツイート). Retrieved 2019年7月19日 – via Twitter.
  190. ^ “アニメ「聖地」に募金箱=「京アニ」火災で、献花台設置も-鳥取・滋賀”. 時事ドットコム. (2019年7月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071901016&g=soc 2019年7月20日閲覧。 
  191. ^ 豊郷町観光協会 [@toyosato_kankou] (2019年7月24日). "【京都アニメーション支援募金箱設置のお知らせ】" (ツイート). Retrieved 2019年7月27日 – via Twitter.
  192. ^ “聲の形「"聖地"として京アニに寄り添いたい」 大垣市で募金”. 岐阜新聞Web (岐阜新聞社). (2019年7月20日). オリジナルの2019年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190720041613/https://www.gifu-np.co.jp/news/20190720/20190720-157803.html 2019年7月22日閲覧。 
  193. ^ “「響け!ユーフォニアム」ゆかり宇治 京アニ支援へ募金箱”. 京都新聞Web (京都新聞社). (2019年7月21日). オリジナルの2019年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190721034725/https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190721000025 2019年7月22日閲覧。 
  194. ^ 【NEWS】京都アニメーションの放火事件に対する応援募金について”. にしのみや観光協会 (2019年7月25日). 2019年7月27日閲覧。
  195. ^ “京アニ・募金2億7千万円集まる 「涼宮ハルヒの憂鬱」西宮市でも募金箱設置”. MBS 関西のニュース. (2019年7月26日). https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190726/GE000000000000028856.shtml 2019年7月27日閲覧。 
  196. ^ 全ての参加者の方々に、ありがとう♪♪”. SOS団in西宮 仮団員ブログ. SOS団in西宮に集合よ! オーバー♪ (2019年9月2日). 2019年9月4日閲覧。
  197. ^ “「境界の彼方」舞台のホテルに追悼コーナー 奈良”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2019年7月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190725/k10012008321000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010 2019年7月26日閲覧。 
  198. ^ 「らき☆すた」聖地の神社では「献花の代わりに絵馬奉納を」 ファン団体が呼びかけ、真意を聞いた,ねとらぼ,2019年7月27日
  199. ^ 「らき☆すた」舞台の埼玉・鷲宮神社で「京アニ! 京アニ!」神輿揺れた,スポーツ報知,2019年7月29日
  200. ^ 京都アニメーション様での事件について”. 香美町香住観光協会 (2019年7月22日). 2019年8月4日閲覧。
  201. ^ “京アニ制作「AIR」聖地 香住観光協会が支援金箱を設置”. 神戸新聞Web (神戸新聞社). (2019年8月1日). https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201908/0012567136.shtml 2019年8月4日閲覧。 
  202. ^ “京アニ「氷菓」の聖地にも献花台や募金箱 放火事件から3週間”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2019年8月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012028161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_077 2019年8月9日閲覧。 
  203. ^ 該当ツイート
  204. ^ 霜降り粗品が馬券払戻金を京アニへ!その数字にアニオタ歓喜”. 女性自身. 2019年8月4日閲覧。
  205. ^ 霜降り明星・粗品、競馬で当てた全額を京アニに寄付「長門に来る馬教えてもらった」”. オリコン. 2019年8月11日閲覧。
  206. ^ “YOSHIKI、京都アニメーションへ1,000万円を寄付”. BARKS. (2019年8月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000170193 2019年8月1日閲覧。 
  207. ^ “ROLAND、東日本大震災&京アニに寄付「世の中を元気にできるよう」”. exciteニュース. (2019年8月13日). https://www.excite.co.jp/news/article/Mdpr_news1859826/ 2019年8月13日閲覧。 
  208. ^ 【ROLAND】さんはInstagramを利用しています:「- - 東北の震災復興として 書籍の印税を寄付させて頂いた。 - 8月23日は東北のみんなに会いにいく。 みんなに喜んで貰えるようROLANDもベストのコンディションで行くので楽しみに待っていてくれ! - - - また、1人のアニメファンとして…」
  209. ^ “YouTuberのヒカルさん「アニメイトさんに100万円募金させていただきました」 Twitterに動画をアップ”. ガジェット通信. (2019年7月20日). https://getnews.jp/archives/2182483 2019年8月17日閲覧。 
  210. ^ “もこうが京都アニメーションに99万円募金した理由 一方、犯人を擁護し事件をネタにする不謹慎YouTuberも”. おたぽる. (2019年7月24日). https://otapol.com/2019/07/post-72886.html 2019年8月17日閲覧。 
  211. ^ “Kyoto Animation fire: At least 23 dead after suspected arson attack”. BBC.com. (2019年7月18日). https://www.bbc.com/news/world-asia-49027178 2019年7月18日閲覧。 
  212. ^ /news/2019-07-18/japan-fire-arson-suspected-animation-studio-kyoto/11322164 “Suspected arson at Japan anime studio leaves up to 13 dead”. abc.net.au. (2019年7月18日). https://www.abc.net.au /news/2019-07-18/japan-fire-arson-suspected-animation-studio-kyoto/11322164 2019年7月18日閲覧。 
  213. ^ “Kyoto Animation studio: suspected arson attack in Japan leaves 23 feared dead”. CNN.com. (2019年7月18日) 
  214. ^ “#日本动画工作室遭纵火#33人遇难36人受伤 一段视频带你了解“京阿尼””. 中国中央テレビ. (2019年7月18日). https://weibo.com/2656274875/HEaCwpHnL 2019年7月19日閲覧。 
  215. ^ “日本京都一动画工作室发生火灾 已致多人死伤”. 環球時報. (2019年7月18日). http://world.huanqiu.com/photo/2019-07/2938161.html?agt=155 2019年7月18日閲覧。 
  216. ^ “The Latest: 23 die or presumed dead in arson at Japan studio”. AP通信. (2019年7月18日). https://www.apnews.com/599839f1493c486186e1e9b9494029cf 2019年7月18日閲覧。 
  217. ^ “Massive fire at Kyoto animation studio kills at least 33, Japanese authorities say”. ABCNews. (2019年7月18日). https://abcnews.go.com/International/20-feared-dead-blaze-kyoto-animation-studio-injured/story?id=64410099&cid=clicksource_4380645_null_headlines_hed 2019年7月18日閲覧。 
  218. ^ “京アニ” 追悼・支援の動き 世界で広がる”. NHK NEWS WEB. 2019年7月19日閲覧。
  219. ^ JAAinfoのツイート(1151721103582040064)
  220. ^ a b 京都アニメーション放火事件の報道について”. NPO法人地域精神保健福祉機構・コンボ. 2019年7月21日閲覧。
  221. ^ a b 京アニ事件の報道めぐり、精神疾患への偏見助長を危惧 NPOがコメント”. ねとらぼ. ITmedia. 2019年7月21日閲覧。
  222. ^ 京都放火事件の報道やネットなどの風評でつらい思いをしている皆さまへ”. NPO法人地域精神保健福祉機構・コンボ. 2019年7月21日閲覧。
  223. ^ 京アニ放火事件、犯人の「病気」を強調する報道への大きな違和感 「戦後最悪の事件」を理解するためには 講談社現代ビジネス
  224. ^ 京アニ火災事件に「NHK陰謀論」加速するデマ情報に注意をWEZZY 2019年7月25日
  225. ^ NHK 京アニ番組取材のディレクターと容疑者の面識否定「一切ありません」デイリースポーツオンライン 2019年7月24日
  226. ^ アニメ会社で放火 以前働いていた男性は”. NHKニュース. 日本放送協会 (2019年7月18日). 2019年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年7月18日閲覧。
  227. ^ 読売新聞2019年7月25日
  228. ^ “京アニ” 代理人弁護士 第1スタジオの防犯対策を説明”. NHKニュース. 日本放送協会 (2019年7月23日). 2019年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年8月25日閲覧。
  229. ^ 『富山新聞』2019年7月24日付31面『市役所にガソリン放火予告』より。
  230. ^ 東広島市に放火予告メール=京アニ事件示唆、「容疑者は部下」,時事通信社,2019年7月23日
  231. ^ “「京アニの北海道版に」上司に脅迫容疑、63歳男逮捕”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社. (2019年7月26日). オリジナルの2019年7月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190812224806/https://mainichi.jp/articles/20190726/k00/00m/040/090000c 2019年7月27日閲覧。 
  232. ^ “「京アニのように火をつけるぞ」埼玉の税務署に“脅迫電話”で男逮捕”. TBS NEWS. (2019年7月28日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3736530.html 2019年7月28日閲覧。 
  233. ^ “表現の不自由展”中止へ。大村知事、京アニ放火事件を意識したことも明かす【あいちトリエンナーレ】”. 2019年8月3日閲覧。
  234. ^ “「ガソリン携行缶持って…」50代男を威力業務妨害容疑で逮捕 「表現の不自由展」ファクス送る 愛知県警”. 毎日新聞. (2019年8月7日). https://mainichi.jp/articles/20190807/k00/00m/040/375000c 2019年8月12日閲覧。 
  235. ^ “「ガソリンは購入せず」 慰安婦像撤去要求の男供述”. 産経新聞. (2019年8月8日). https://www.sankei.com/affairs/news/190808/afr1908080012-n1.html 2019年8月12日閲覧。 
  236. ^ 「京アニ再現したろか」とスクエニ脅迫、容疑の男逮捕 警視庁 サンスポ 2019年8月9日 2019年8月11日閲覧
  237. ^ “「京アニ事件起こす」勤務先に放火殺人予告 男逮捕”. 日刊スポーツ. (2019年8月22日). https://www.nikkansports.com/general/news/201908220001106.html 2019年8月29日閲覧。 
  238. ^ “「ガソリン準備」ツイッターで脅迫疑い、男性逮捕”. 日刊スポーツ. (2019年9月5日). https://www.nikkansports.com/general/news/201909050001049.html 2019年9月6日閲覧。 
  239. ^ “エヴァ制作会社に放火予告「京アニみたいなことにならないと良いな」 脅迫容疑などで無職男逮捕”. SANSPO.COM. (2019年10月16日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191016/tro19101620020006-n1.html 2019年10月17日閲覧。 

関連項目[編集]