京都大学大学院薬学研究科・薬学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

京都大学大学院薬学研究科(きょうとだいがくだいがくいんやくがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Pharmaceutical Sciences)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、京都大学薬学部(きょうとだいがくやくがくぶ、英称:Faculty of Pharmaceutical Sciences)は、京都大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

学部は基礎薬学や創薬科学関連の研究者育成教育を行う4年制課程(薬科学科)と、薬剤師職能教育を行うを6年制課程(薬学科)の二つの課程が設けられている。薬科学科の定員が65名であるのに対して薬学科が15名となっており、他の上位国立大学と同様、薬剤師養成よりも研究者育成に力を入れている。

沿革[編集]

  • 1939年(昭和14年) 医学部に薬学科を新設[1]
  • 1953年(昭和28年) 京都大学大学院薬学研究科薬学専攻設置[1]
  • 1960年(昭和35年) 医学部薬学科が薬学部薬学科として独立[1]
  • 1961年(昭和36年) 製薬化学科設置[1]
  • 1973年(昭和48年) 薬学部附属薬用植物園設置[1]
  • 1997年(平成9年) 大学院重点化に伴う改組。薬学科と製薬化学科を総合薬学科に統合[1]
  • 2006年(平成18年) 薬学部の6年制課程の設置に伴い、総合薬学科を薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)の2学科に改組[1]

教育と研究[編集]

組織[編集]

薬学部[編集]

  • 薬科学科
  • 薬学科

薬学研究科[編集]

  • 薬科学専攻
  • 薬学専攻
  • 医薬創成情報科学専攻

附属施設[編集]

薬学部附属
  • 有機微量元素分析総合研究施設(元素分析センター)
薬学研究科附属
  • 薬用植物園

研究[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 沿革”. 京都大学大学院薬学研究科・薬学部. 2019年2月11日閲覧。