京都市動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
京都市動物園
Kyoto City Zoo

動物園5030.JPG

施設情報
前身 京都市紀念動物園
専門分野 総合
所有者 京都市
管理運営 京都市
園長 坂本英房(2020年)
面積 4.1ha
頭数 548点(2020年)
種数 122種(2020年)
来園者数 120万人(2015年度)
開園 1903年4月1日
所在地 606-8333
京都府京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内
位置 北緯35度0分46秒 東経135度47分10秒 / 北緯35.01278度 東経135.78611度 / 35.01278; 135.78611座標: 北緯35度0分46秒 東経135度47分10秒 / 北緯35.01278度 東経135.78611度 / 35.01278; 135.78611
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)は、京都府京都市左京区岡崎にある京都市立の動物園である。正式名称ではないが「岡崎動物園」と呼ばれることもある。周囲には平安神宮南禅寺ロームシアター京都京都市美術館がある。

概要[編集]

大正天皇の結婚を記念して、明治36年1903年)4月に開園した動物園。東京の上野動物園に次ぐ日本で2番目の古い歴史を持つ。開園当初は、らくだ、猿、鳩、鶉(うずら)、雁、鴨、梟、馬、鹿のみの飼育だった。いずれも宮内省からのもので、入園料は一人二銭だった[1]。開園にあたっては、東宮御慶事奉祝会が組織され、有志でお金を集め、市費も合わせて第四回内国勧業博覧会の跡地であった岡崎公園の市有地に建設が決定し、明治34年から工事を始めるという流れだった[2]。また、開園日は3月31日の予定だったが、準備が完了せず、動物未着とも知らされ、開園日は4月1日になった。なお開園式は行われていない[3]

戦後は昭和21年3月27日付、アメリカ軍接収部隊、第一軍団技術部から京都市動物園接収の要求があった。隣接する美術館が第58通信大隊の基地となるため、動物園はその部隊の駐車場として利用ということだった[4]。動物園の敷地南半分が接収、撤去工事されたが、予想外の難工事のため、当初の予定の4月30日から遅れて5月19日まで接収と撤去工事が行わrた[5]。6月には第二次接収問題が起こったが、当時の第9代園長西田季雅は陳情書を提出、なんとか中止された。その際、接収部隊の入園者調査などで接収調査を行っている段階では、園長が錦林小学校などの小学生を動員して、動物園を出てから、再びすぐ入園する再入園の工作で、入園者数を増やすなどの工作も行われたとされる[6]。接収は昭和27年5月1日に終了した[7]

京都市動物園では繁殖の成功例があり、哺乳類でライオントラニシゴリラシロテテナガザルヨーロッパバイソン、鳥類でシュバシコウクロエリハクチョウベニイロフラミンゴオオミズナギドリムジヒメシャクケイ、爬虫類はフロリダニシキヘビアカアシガメがある。特に、ニシゴリラでは日本初の繁殖に成功しただけでなく、日本で唯一の3世代飼育に成功している[8]。ライオンについては、明治43年の人工保育成功に始まり、昭和15年には輸出も行っている[9]。なお、2020年1月31日に当時国内最高齢の「ナイル」という名前のライオンが亡くなってからは、ライオンの展示を行っていない。理由はライオンは群れで暮らす動物であるが、群れで飼うスペースがないためとしている[10]

歴史[編集]

観覧車
ゾウ舎のレリーフ
  • 1903年(明治36年)4月1日に日本で2番目の動物園として開園[11]、収容動物61種238点
  • 1910年(明治43年)日本初のライオン雄雌各2頭誕生
  • 1932年(昭和7年)雄ライオンの「小桜号」が脱出したため射殺
  • 1940年(昭和15年)年末時で209種965点を収容
  • 1944年(昭和19年)3月 クマ、ライオン、トラ、ヒョウなど9種14頭が殺処分される(戦時猛獣処分)。ただしヒョウ1頭とハイエナ1頭のみ香川県の栗林公園動物園に引き取られる
  • 1945年(昭和20年)9月(終戦時)72種274点を収容。この時点ではゾウとキリン各1頭が生存していたが、まもなく餓死した
  • 1953年(昭和28年)日本初のトラ雄2頭雌1頭誕生
  • 1955年(昭和30年)「おとぎの国」開設
  • 1956年(昭和31年)観覧車設置
  • 1962年(昭和37年)日本初のシロテナガザル雄1頭誕生
  • 1966年(昭和41年)日本初のシュバシコウの人工孵化に成功
  • 1967年(昭和42年)日本初のクロエリハクチョウの孵化に成功
  • 1970年(昭和45年)日本初のニシローランドゴリラ雄1頭誕生
  • 1966年(昭和41年)日本初のベニイロフラミンゴの孵化に成功
  • 1976年(昭和51年)日本初のヨーロッパバイソン雌1頭誕生、同じく日本初のフロリダニシキヘビの人工繁殖に成功
  • 1981年(昭和56年)日本初のオオミズナギドリの人工孵化に成功
  • 1984年(昭和59年)日本初のアカアシガメの人工繁殖に成功
  • 1990年(平成2年)日本初のムジヒメシャクケイの孵化に成功
  • 2003年(平成15年)100周年、収容動物175種721点
  • 2008年(平成20年)京都大学との間で野生動物保全に関する教育及び研究につき、連携協定を締結
  • 2008年(平成20年6月)飼育係がアムールトラに襲われて死亡、当日と翌日は臨時休園
  • 2014年(平成26年)国内最高齢のジャガー「グランデ」死亡
  • 2015年(平成27年)数年来の施設整備が完了し「グランドオープン」として各種イベント等が行われる
  • 2020年(令和2年)

施設と飼育動物[編集]

2020年現在

もうじゅうワールド[編集]

リニューアル計画の一環として建設。2012年4月完成。

アムールトラのトラ舎は空中通路、ジャガー舎・ツシマヤマネコ舎は見上げることのできる(オーバーハング)檻がある。ヨーロッパオオヤマネコのロキが運ばれてきた際に使用された箱も展示。

おとぎの国[編集]

動物に直接さわることができる施設。飲食禁止で禁煙。2011年春にリニューアル。

2020年9月現在、おとぎの国でのふれあいは中止。

アフリカの草原[編集]

リニューアル計画の一環として建設。2013年4月完成[14][15]

グラウンドでキリングレビーシマウマを混合展示。木の遊歩道からキリンが餌を食べる様子を間近に見ることができる。

ひかり・みず・みどりの熱帯動物館[編集]

熱帯動物館

リニューアル計画の一環として建設。2013年4月完成[16]

2020年9月現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため閉鎖中。

サルワールド[編集]

ゴリラのおうち〜樹林のすみか〜[編集]

リニューアル計画の一環として建設。2014年4月完成。

  • ニシゴリラ(「モモタロウ」「ゲンキ」「ゲンタロウ」「キンタロウ」)

サル舎[編集]

  • マンドリル(「ベンケイ」「オネ」「ディアマンテ」「ヨシツネ」「イズミ」)
  • ワオキツネザル(「ルナ」「キンカン」「ツクシ」「サンゴ」)

サル島[編集]

類人猿舎[編集]

バリアフリー化された老猿ホームでアカゲザルも展示。

  • チンパンジー(「コイコ」「タカシ」「ジェームス」「ニイニ」「ロジャー」)
  • アカゲザルの老猿ホーム(「イソコ」「ビート」「アサタロー」他)

ゾウの森[編集]

リニューアル計画の一環として建設。2015年7月完成。

東エントランスからゾウの森の間[編集]

ヤブイヌ[編集]

  • ヤブイヌ(「ダイモン」「デンマル」「パパマル」)

京都の森[編集]

京都の森

リニューアル計画の一環として建設。2015年9月完成[17]

回遊式の森に、京都の身近な動物・鳥などを展示。

展示室[編集]

野鳥舎[編集]

野生動物救護センターに保護され、野生に帰れなかった鳥などを展示

水禽舎[編集]

西鳥類舎[編集]

小獣舎[編集]

リス・ムササビ舎[編集]

ハヤブサ舎[編集]

オオタカ舎(整備中)[編集]

シカ・カモシカ舎[編集]

オナガゴーラルの「ホンホン」は日本で唯一の展示。

東鳥類舎[編集]

クマ舎[編集]

棚田[編集]

棚田で米を栽培

ゲンジボタル

小川[編集]

京都の森の奥から噴水池まで流れる小川

他の施設[編集]

東出入口そばの公式ショップ「ミライハウス」。グッズやガイドブック、食べ物を販売。
萬霊塔 献花台
  • 動物病院
  • 調理室
  • 野生鳥獣救護センター - 京都府委託事業として野生動物の治療をしている。
  • 公式ショップ -ゴリランド(正面出入口)及びミライハウス(東出入口)
  • 図書館カフェ - 動物関係の約6,500冊の蔵書がある。館外貸出しはしていない。利用に動物園への入園は必要ない。
  • レストラン ‐ 旬菜食健 ひな野
  • 展示室 - キバタンの標本などがある。キバタンは2003年現在で日本最長記録の54年の飼育記録があった。
  • 噴水池
  • 遊戯施設 - 観覧車・汽車・回転ボートが設置されている。いずれも1回200円となっている。
  • 萬霊塔

交通アクセス[編集]

  • 正門エントランス
  • 東エントランス
  • 駐車場
    • なし。但し、周辺に市営駐車場がある。

営業[編集]

営業時間[編集]

  • 3月から11月 AM9:00 - PM5:00
  • 12月から2月 AM9:00 - PM4:30

入園時間は閉園の30分前まで

休園日[編集]

  • 毎週月曜日、年末年始(12月28日から1月1日)

ただし、休園日が祝日の場合は翌平日が休園日。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 竹村俊則著『昭和京都名所図会2 洛東 下』駸々堂出版、1981年、p.170
  2. ^ 『京都市立記念動物園案内』| 国立国会図書館デジタルコレクション コマ番号7”. https://https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/920194. 2020年9月21日閲覧。
  3. ^ 『京都市動物園80年のあゆみ』京都市動物園、1984年、p.11
  4. ^ 『京都市動物園80年のあゆみ』京都市動物園、1984年、p.35
  5. ^ 『京都市動物園80年のあゆみ』京都市動物園、1984年、p.36
  6. ^ 『京都市動物園80年のあゆみ』京都市動物園、1984年、p.36
  7. ^ 『京都市動物園80年のあゆみ』京都市動物園、1984年、p.44
  8. ^ 『いのちかがやく京都市動物園構想2020 本冊』京都市文化市民局動物園、2020年、p.4
  9. ^ 佐和隆研・奈良本辰也・吉田光邦ほか編『京都大事典』淡交社、1984年、p.285
  10. ^ 京都市動物園 生き物・学び・研究センター編『いのちをつなぐ動物園 生まれてから死ぬまで、動物の暮らしをサポートする』小さ子社、2020年、p.14
  11. ^ 『京都大事典』淡交社 1984年 p.285
  12. ^ “国内最高齢のライオン死ぬ 雄25歳のナイル「ほえる姿に勇気づけられた」”. 京都新聞. (2020年1月31日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/149674 2020年9月5日閲覧。 
  13. ^ “最高齢のツシマヤマネコ「ミヤコ」死ぬ 18歳4ヵ月、京都市動物園”. 京都新聞. (2020年9月5日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/353635 2020年9月5日閲覧。 
  14. ^ http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000133747.html
  15. ^ http://www5.city.kyoto.jp/zoo/about
  16. ^ http://www5.city.kyoto.jp/zoo/event/20130228-7117.html
  17. ^ http://www5.city.kyoto.jp/zoo/news/20150813-15830.html

参考文献[編集]

  • 竹村俊則著『昭和京都名所図会2 洛東 下』駸々堂出版、1981年。
  • 佐和隆研ほか編『京都大事典』淡交社、1984年。ISBN 4473008851。
  • 京都市動物園80年のあゆみ』京都市動物園、1984年。
  • 京都市動物園『京都市動物園 オフィシャルガイドブック 開園100周年記念』京都市動物園、2003年。