京都府道・奈良県道4号笠置山添線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svg
京都府道4号標識
奈良県道4号標識
京都府道4号 笠置山添線
奈良県道4号 笠置山添線
主要地方道 笠置山添線
起点 京都府相楽郡笠置町【地図
終点 奈良県山辺郡山添村遅瀬【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0163.svg 国道163号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道33号標識
京都府道33号奈良笠置線
Japanese National Route Sign 0369.svg 国道369号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道25号標識
奈良県道25号月瀬針線
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道82号標識
奈良県道82号上野南山城線
Japanese National Route Sign 0025.svg 国道25号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

京都府道・奈良県道4号笠置山添線(きょうとふどう・ならけんどう4ごう かさぎやまぞえせん)は、京都府相楽郡笠置町を起点とし、奈良県山辺郡山添村に至る府県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:京都府相楽郡笠置町
  • 終点:奈良県山辺郡山添村遅瀬

歴史[編集]

1954年6月の時点では京都府道4号は京都大原今津線(現在の国道367号の滋賀県高島市以南)、奈良県道4号は久居御杖榛原線(現在の国道369号の一部と三重県道15号久居美杉線)であった。

年表[編集]

  • 1964年12月 - 建設省が主要地方道榛原笠置線(奈良県道24号、京都府道40号)を指定(奈良市柳生以北は現4号笠置山添線、以南は現国道369号の一部)。
  • 1977年3月28日 - 府県道笠置山添線を認定。京都府道64号と奈良県道4号になる。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道笠置山添線が笠置山添線として主要地方道に再指定される[1]
  • 1994年4月1日 - 路線番号を4号に統一。

路線状況[編集]

狭隘な箇所が多く、笠置町内の住宅地を通る箇所では四輪と二輪の離合も困難なほど狭い箇所がある。

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

主な接続路線[編集]

交差する道路 交差する場所 備考
国道163号 京都府 相楽郡 笠置町 北笠置
京都府道33号奈良笠置線 (笠置)
京都府道325号笠置公園線 (笠置)
国道369号 奈良県 奈良市 (柳生町)
奈良県道25号月瀬針線 (邑地町)
奈良県道82号上野南山城線 (月ヶ瀬桃香野)
奈良県道214号月瀬三ケ谷線 (月ヶ瀬嵩)
奈良県道82号上野南山城線 (月ヶ瀬嵩)
国道25号 山辺郡 山添村 (遅瀬)

※ 交差する場所の括弧書きは地名、それ以外は交差点名で表示

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]