京都府道32号下鴨京都停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
京都府道32号標識
京都府道32号 下鴨京都停車場線
主要地方道 下鴨京都停車場線
制定年 1967年京都府認定
起点 京都市左京区下鴨本町【地図
終点 京都市下京区東塩小路町【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道40号標識
京都府道40号下鴨静原大原線
Japanese National Route Sign 0367.svg 国道367号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道30号標識
京都府道30号下鴨大津線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道37号標識
京都府道37号二条停車場東山三条線
Japanese National Route Sign 0001.svg 国道1号
Japanese National Route Sign 0024.svg 国道24号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

京都府道32号下鴨京都停車場線(きょうとふどう32ごう しもがもきょうとていしゃじょうせん)は、京都府京都市左京区下鴨本町から京都停車場に至る府道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

京都府告示[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

本路線は、現行の道路法(昭和27年法律第180号)第56条の規定に基づいた主要地方道として、1954年に京都停車場線として全国で初めて指定された路線の1つを前身としている。その後、第2次主要地方道指定時に延長指定され、現在の下鴨京都停車場線として認定された。

年表[編集]

  • 1954年昭和29年)1月20日
    建設省(当時)が府道京都伏見線の一部を主要地方道京都停車場線として指定[2]
  • 1955年(昭和30年)10月18日
    京都府が主要地方道32号京都停車場線として府道認定[3]
  • 1964年(昭和39年)12月28日
    建設省(当時)が府道京都停車場線、府道大原静原下鴨線の一部、市道河原町通線の一部、府道梅津東山七条線の一部を主要地方道下鴨京都停車場線として指定[4]
  • 1967年(昭和42年)2月10日
    京都府が京都停車場線を廃止[5]するとともに、主要地方道32号下鴨京都停車場線として府道認定[1]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、府道下鴨京都停車場線が下鴨京都停車場線として主要地方道に再指定される[6]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道24号(七条河原町交差点 - 烏丸七条交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 昭和42年京都府告示第56号:『京都府公報』第4093号(1967年2月10日発行)pp.74-75
  2. ^ 昭和29年建設省告示第16号:『官報』号外第2号(1954年1月20日発行)pp.1-28
  3. ^ 昭和30年京都府告示第867号:『京都府公報』第2937号(1955年10月18日発行)pp.1354-1355
  4. ^ 昭和39年建設省告示第3620号:『官報』号外第105号(1964年12月28日発行)pp.2-29
  5. ^ 昭和42年京都府告示第57号:『京都府公報』第4093号(1967年2月10日発行)pp.75-76
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]