京都府道38号京都広河原美山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
京都府道38号標識
京都府道38号 京都広河原美山線
主要地方道 京都広河原美山線
制定年 1967年京都府認定
起点 京都市下京区泉水町地図
終点 南丹市美山町安掛地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0001.svg 国道1号
Japanese National Route Sign 0009.svg 国道9号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道37号標識
京都府道37号二条停車場東山三条線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道61号標識
京都府道61号京都京北線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道40号標識
京都府道40号下鴨静原大原線
Japanese National Route Sign 0477.svg 国道477号
Japanese National Route Sign 0162.svg 国道162号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

京都府道38号京都広河原美山線(きょうとふどう38ごう きょうとひろがわらみやません)は、京都市下京区から南丹市美山町安掛に至る府道主要地方道)である。

概要[編集]

堀川通加茂街道鞍馬街道を経由する。京都府道では珍しい冬季閉鎖区間を持つ。左京区南丹市を結ぶ佐々里峠(ささりとうげ)区間は、12月降雪開始から翌年4月ごろまで全面的に通行禁止となる。なお、冬季閉鎖が解除されても道路の縁や左右の斜面にはの固まりが随所に残っている。

自然に恵まれ景観のよいところが多いこの府道は、冬季を除きオートバイ自転車によるツーリングにも利用されている。特に佐々里峠付近は急斜面であり、自転車ツーリング選手が特訓に励んでいる姿を見ることができる。

広河原地域と京都市街地を結ぶ幹線道路としての役割も担っており、広河原から京阪出町柳駅までを結ぶ京都バス花脊線)もこの府道に沿って運行されている。

2002年平成14年)に市原バイパスが開通してからは、御薗橋と市原の間が二重指定されている(詳細は後述)。ただし、主要な地図では、市原バイパスを経由するルートのみが府道として示されている。

路線データ[編集]

京都府告示[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

本路線は、現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく一般府道として、1959年昭和34年)に京都府が初回認定した282路線の1つである美山広河原京都線の大部分を前身としている。同法同法第56条の規定に基づき、1964年(昭和39年)の第2次主要地方道指定時に主要地方道として指定され、現在の京都広河原美山線として認定された。

年表[編集]

  • 1959年昭和34年)12月18日
    京都府が一般地方道4号美山広河原京都線として府道認定[2][注釈 2]
  • 1964年(昭和39年)12月28日
    建設省(当時)が市道堀川通の一部、府道佐々里井戸京都線の一部[注釈 3]、府道美山広河原京都線の一部を主要地方道京都広河原美山線として指定[3]
  • 1967年(昭和42年)2月10日
    京都府が美山広河原京都線を廃止[4]するとともに、主要地方道38号京都広河原美山線として府道認定[1]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、府道京都広河原美山線が京都広河原美山線として主要地方道に再指定される[5]

路線状況[編集]

鞍馬の集落を抜ける鞍馬街道
花脊峠を越えた付近の国道477号重複区間
花脊峠トンネル早期実現を訴える看板

二重指定区間[編集]

御薗橋西詰(京都市北区大宮南田尻町) - 市原(京都市左京区静市市原町)

  • 鞍馬街道ルート 御薗橋 - 柊野別れ - 原峠 - 市原
  • 市原バイパスルート 御薗橋 - 志久呂橋 - 市原バイパス - 市原

バイパス[編集]

  • 加茂街道(京都市北区紫竹上堀川町 - 上賀茂柊谷町)
  • 市原バイパス(京都市北区上賀茂十三石山 - 左京区静市市原町)
  • 野中バイパス(京都市左京区静市市原町 - 静市野中町)(計画中)
  • 二ノ瀬バイパス(京都市左京区静市野中町 - 鞍馬二ノ瀬町 - 鞍馬本町)
  • 鞍馬バイパス(京都市左京区鞍馬本町)(計画中)

重複区間[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

この府道の起点となる堀川五条交差点は周囲にビルが多く林立する京都府最大級の交差点であり、昼夜問わず交通量が多い。これに対し終点となる南丹市美山町安掛は典型的な山村の地であり、穏やかな光景に包まれている。また道中、百井別れおよび花脊峠を通過する。

堀川通が加茂街道と交差する北区紫竹上堀川町から、御薗橋西詰までの約100mの区間は、合流箇所であるにもかかわらず幅員が狭く、著しく渋滞が発生している。御薗橋の改修計画と合わせてこの区間の拡幅が行われる予定である[6]

市原を過ぎ、周囲は山間深く入っていく。二ノ瀬付近は道路幅員が狭く離合に難儀する箇所があったが、二ノ瀬バイパス2015年3月25日に開通したことで解消された[7][8]貴船神社の鳥居を見て、鞍馬川に沿って行くと、べんがら格子、うだつの上がった落ち着いた家並みの鞍馬の里に着く。鞍馬を過ぎると民家はなくなり、延々と杉木立の中を急カーブの道が登り詰めて、花脊峠へ至る[9]

花脊峠を越えると花脊別所町となり、一帯は2016年に制定された京都丹波高原国定公園の指定地となり、38号線自体も国定公園の普通地域として扱われている。花脊大布施町で桂川の源流域と並走し、花脊八桝町、花脊原地町、広河原杓子屋町、広河原下之町、広河原尾花町と進み、佐々里峠を抜けて南丹市に至る。花脊八桝町と広河原下之町では道路脇に松上げ火祭り会場となる広場松明の長柱がみられる。

南丹市美山町安掛には地域物産の販売や観光情報案内等で地域内外の人々の交流に活用されている美山ふれあい広場が設けられており、2005年(平成17年)8月10日付で道の駅として登録された。

全国的にも知られるかやぶきの里・北村(美山のかやぶき集落)はこの府道に面しており、休日には観光バスが出入りする。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

美山のかやぶき集落を経由している
左京区広河原では桂川源流に架橋

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 原典は京都府北桑田郡美山町字安掛
  2. ^ 京都府の一般府道は、1994年4月1日に再編されるまで1から起番しており、主要地方道と重複する番号も存在していた。
  3. ^ 佐々里井戸京都線:現在の京都府道61号京都京北線および京都府道370号佐々里井戸線を併せた路線

出典[編集]

  1. ^ a b 昭和42年京都府告示第56号:『京都府公報』第4093号(1967年2月10日発行)pp.74-75
  2. ^ 昭和34年京都府告示858号:『京都府公報』号外(1959年12月18日発行)pp.13-21
  3. ^ 昭和39年建設省告示第3620号:『官報』号外第105号(1964年12月28日発行)pp.2-29
  4. ^ 昭和42年京都府告示第57号:『京都府公報』第4093号(1967年2月10日発行)pp.75-76
  5. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  6. ^ 京都市情報館 都市計画道路 京都貴船線
  7. ^ 主要府道京都広河原美山線二ノ瀬バイパスの整備
  8. ^ 二ノ瀬バイパスの開通および開通式典の開催について”. 京都市 (2015年1月30日). 2016年2月13日閲覧。
  9. ^ 京都市情報館 主要府道 京都広河原美山線(鞍馬北工区)

関連項目[編集]