京都御馬揃え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

京都御馬揃え(きょうとおうまぞろえ[1])は天正9年2月28日1581年4月1日)、織田信長京都で行った大規模な観兵式・軍事パレードである。

概要[編集]

この馬揃えは京都内裏東にて行われた。丹羽長秀柴田勝家を始め、織田軍団の各軍を総動員する大規模なものだった。正親町天皇が招待され、近衛前久ら馬術に通じた公家にはパレードへの参加が許された。

このパレードの目的は、天下布武を標榜する織田信長が、周辺大名を牽制し、力を誇示するためと考えられている。これにより、信長は京都の平和回復と織田家の天下掌握を内外に知らしめた。また、天皇や公家を招待した理由については、朝廷を威圧するためという説と、天皇側から査閲を希望したという説とがある。

また、馬揃えの会場となった内裏の東側は陣中と呼ばれる区域内で、古代の大内裏の内側に準じて牛車宣旨の無い者はいかなる者も馬を含む乗り物を乗り入れさせることが禁じられていたが、この馬揃えでは陣中で開催されることについて問題視された形跡はなく、これを天皇や公家が馬揃えの実施に好意的であったと見る考えもある[2]

また、今谷明の説では、1576年頃から、信長は正親町天皇に再三にわたって譲位をうながしていた。業を煮やした信長は天正9年の2月から3月にかけて二度、馬揃えを行うが、天皇は譲位しなかった[3]。 しかしこれは、幕府の衰退による式年遷宮すら出来ない金銭状況などから、譲位後の上皇の住居や警備にかかる膨大な費用が捻出する事が出来ず、譲位がしたくても出来なかったと事が、天皇の譲位を悲願として歓迎する手紙からも伺え、否定されつつある。

参加者[編集]

※『信長公記』による。

  • 先に曲禄持ち4人(奉行は今若)
  • 左の御先小姓:杖持ちの北若、長刀持ちのひしや、小人5人、行縢持ちの小市若
  • 右の御先小姓:行縢持ちの小駒若、小人6人、太刀持ちの糸若、長刀持ちのたいとう

逸話[編集]

  • 吉田兼見の『兼見卿記』に拠れば、信長が正式開催日を決めたのは25日である。
  • 吉田兼見には一か月ほど前に明智光秀から参加要請が届いた。吉田は翌日に明智の居城である近江坂本まで出向いて参加免除を願った。吉田への参加要請は明智の一存であったらしく、しかし不参加により信長の機嫌を損ねないようにも要請している。その後吉田は明智や村井貞勝と参加すべきか否かについて相談している。
  • 10日ほど前から諸国の武将が三々五々上洛したため、京洛中は大変な混雑であった。[5]
  • 近衛前久は入念に準備を進め、一か月前から乗馬訓練をしていたが、二週間ほど前に更なる良馬を求めて津田重久に手配してもらっている。津田は近江坂本から馬を手配したが、近衛はこの馬を気に入らなかったため、翌日坂本に送り返された。
  • 貧窮していた山内一豊の妻がへそくりを用立てて安土城下にて良馬を購入し、この天覧馬揃えに参加した。これが信長に高評価されて出世に繋がった、という話は有名であるが、史実と照らし合わせた場合、山内は当時既に2千石の所領を持ち、さらに所領は播磨国であったことから、逸話の信憑性は現在はおよそ否定されている。仮に山内の同逸話の内容が事実であった場合でも、この京都の馬揃えではなく、これ以前に安土城下などで行われた馬揃え(左義長)での話となる。
  • 信長の配下武将でも高位にあった羽柴秀吉はしかし、不参加である。羽柴は当時、播磨国姫路城に在って中国地方での対陣中であったため、自身が配下武将を引き連れて参加することはできなかった。これを大変悔しがっていたと伝わり、長谷川秀一に宛てた書状では、せめて当日の内容や雰囲気だけでも知りたい、と書いている。
  • 河内国の三好康長多羅尾光俊池田教正野間長前らは四国出兵の用意のために参加を免除されている。
  • その他にも、摂津伊丹城池田恒興や丹後の細川藤孝らは、それぞれの居城守備として参加を免除されているが、池田細川両氏に対して、子息を参加させるよう要請が出されている。

脚注[編集]

  1. ^ 今谷明「武家と天皇」岩波新書、29頁
  2. ^ 登谷伸宏『近世の公家社会と京都 集住のかたちと都市社会』(思文閣出版、2015年) ISBN 978-4-7842-1795-3 P65
  3. ^ 同書
  4. ^ 守山城主で、織田信次の子か。
  5. ^ 『兼見卿記』

関連項目[編集]