京都産業大学ラグビー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京都産業大学ラグビー部
原語表記 京都産業大学ラグビー部
クラブカラー 赤と紺
愛称 サンダイ、キョウサン
創設年 1964年
代表者 岑智偉
監督 大西健
元木由記雄HC)
所属リーグ 関西大学ラグビーリーグ戦
チームカラー
公式サイト
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/circle/rugby/
テンプレートを表示

京都産業大学ラグビー部(きょうとさんぎょうだいがくラグビーぶ、Kyoto Sangyo Univ Rugby Football Club)は、関西大学ラグビーリーグ戦Aリーグに所属する京都産業大学ラグビー部。

歴史[編集]

1964年に京都産業大学ラグビー同好会として発足。

1973年天理大学出身の大西健が監督に就任してから頭角を現しはじめ、1975年関西大学ラグビーリーグ戦第一部(現在の同リーグAリーグ)に昇格。

1982年全国大学ラグビーフットボール選手権大会に初出場。また、1983年をはじめとして過去7回、国立競技場で行われる同大会の準決勝へと駒を進めているが、全て敗退している。

1990年、関西大学ラグビーリーグ戦Aリーグ初優勝。以後同リーグでは4回優勝。

2008年12月13日宝が池球技場で関西大学ラグビーリーグA・Bリーグ入れ替え戦において、Bリーグ1位の龍谷大学に36-28で勝利し、Aリーグ残留を決めた後、大西がこの試合を最後に監督を辞任すると表明した[1]2009年1月25日吉田明がコーチから昇格して監督に、また大西は総監督にそれぞれ就任することが、公式サイト上で発表された。

2011年2月、吉田が監督を退任。[2]。その後大西が監督に復帰することになった。

2013年明治大学出身の元木由記雄がバックスコーチに就任し、2015年にはヘッドコーチに就任した。

タイトル[編集]

※年は全て年度。

主な在籍選手[編集]

在籍した主な選手[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ大阪版 2008年12月14日付記事。
  2. ^ 京産大ラグビー部の吉田監督が退任 - 京都新聞2011年2月23日付記事

関連項目[編集]