京都第一赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 京都第一赤十字病院
Japanese Red Cross Society Kyoto Daiichi Hospital.JPG
情報
正式名称 京都第一赤十字病院
英語名称 Japanese Red Cross Society Kyoto Daiichi Hospital
前身 日本赤十字社 京都支部病院
許可病床数

745床
一般病床:699床



結核病床:46床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 日本赤十字社京都府支部
開設年月日 1934年12月3日
所在地
605-0981
位置 北緯34度58分52.1秒
東経135度46分21.4秒
二次医療圏 京都・乙訓
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

京都第一赤十字病院(きょうとだいいちせきじゅうじびょういん)は、京都府京都市東山区に所在する医療機関である。日本赤十字社京都府支部が開設する病院である。

概要[編集]

  • 当病院は地元京都では京都第二赤十字病院(通称・府庁前日赤)と区別するため東山日赤という場合もある。

沿革[編集]

  • 1934年昭和9年)12月3日 - 日本赤十字社京都支部病院が診療開始。
  • 1937年(昭和12年)12月10日 - 京都陸軍病院として陸軍傷病兵の収容開始。
  • 1941年(昭和16年)5月15日 - 陸軍病院の業務を解除。
  • 1943年(昭和18年)1月 - 京都第一赤十字病院と改称。
  • 1944年(昭和19年)12月1日 - 舞鶴海軍病院京都第一赤十字病院として、海軍傷病兵の収容開始。
  • 1945年(昭和20年)8月15日 - 太平洋戦争終結と同時に海軍病院解散。
  • 1945年(昭和20年)10月7日 - 進駐軍の兵站病院として接収。
  • 1955年(昭和30年)2月15日 - 兵站病院としての接収解除。
  • 1959年(昭和34年)3月31日 - 北病棟増築竣工。
  • 1966年(昭和41年)4月 - 新東病棟完成、七条分院閉鎖。
  • 1996年平成8年)12月6日 - 京都府エイズ治療拠点病院に指定。
  • 1997年(平成9年)2月28日 - 京都府基幹災害医療センターに指定。
  • 1997年(平成9年)11月10日 - 救命救急センター、総合周産期母子医療センター稼働。
  • 2000年(平成12年)3月31日 - 新本館全面竣工。
  • 2006年(平成18年)7月1日 - DPC対象病院に指定。
  • 2006年(平成18年)12月27日 - 地域医療支援病院認定。
  • 2012年(平成24年)3月26日 - DPC医療機関Ⅱ群(高診療密度病院群)の告示(厚生労働省告示第百六十五号)。

診療科[編集]

  • 総合内科
  • 糖尿病・内分泌・リウマチ科
  • 消化器科
  • 血液内科
  • 循環器科
  • 神経内科
  • 呼吸器科
  • 心療内科
  • 腎臓内科・腎不全科
  • 外科
  • 乳腺外科
  • 小児外科
  • 形成外科
  • 心臓血管外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 小児科
  • 新生児科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 放射線診断科
  • 放射線治療科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科
  • リハビリテーション科
  • 病理診断科
診療協働部門
  • 看護部
  • 検査部
  • 薬剤部
  • 放射線科部
  • 栄養課

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 京都第一赤十字病院公式サイト