京阪カインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京阪カインド株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
540-0008
大阪府大阪市中央区大手前1丁目7-24 京阪天満橋ビル2階
設立 1978年3月1日
業種 不動産業
法人番号 3120001124964
事業内容 マンション・ビル・商業施設・駐車場管理業、人材派遣業
資本金 30,000千円
純利益 1億4344万5000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 29億8311万5000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 191人
主要株主 京阪ホールディングス(100%出資)
外部リンク http://www.keihan-kind.co.jp/
テンプレートを表示

京阪カインド株式会社(けいはんカインド)は、京阪沿線を中心にマンション・ビル・商業施設駐車場管理業、人材派遣業などを営む京阪グループの企業。

概要[編集]

1978年3月、京阪電気鉄道として初めての分譲マンション「ローズマンション藤の森」の管理業務受託を行うために設立された。その後、京阪グループで分譲したマンションの管理業務を受託していくとともに、ビル・商業施設などの清掃・警備業務受託、人材派遣業、住宅展示場などの施設運営などに業態を拡大した。

特に、京阪電気鉄道が開発を進めている京阪東ローズタウンでは、タウン内の分譲マンションの管理業務受託はもちろんのこと、「松井山手総合住宅展示場」やフットサル場「京阪フットサルプレイス」の運営、月極・時間貸駐車場の運営、ロードサイド店舗のサブリース事業、住民コミュニティのサポートシステム「たうんくらぶ」の運営など多くの事業を手がけている。

なお、現社名の「カインド」は『Keihan・Intellgence・Network・Development』の頭文字からとったものである。

沿革[編集]

  • 1978年(昭和53年)3月1日 - 資本金300万円で「京阪ビルサービス」として設立。設立当時の本社は京都市伏見区の「京阪藤の森ビル」3階(現在の京都営業所)にあった。
  • 1997年(平成9年)12月18日 - 現社名に変更。
  • 1998年(平成10年)7月1日 - 住宅展示場運営業務開始。
  • 1999年(平成11年)3月20日 - 京阪東ローズタウン ファインガーデン管理受託開始。
  • 2003年(平成15年)3月8日 - くずはタワーシティー管理受託開始。
  • 2005年(平成17年)7月23日 - サブリース事業開始。
  • 2006年(平成18年)3月17日 - 東京営業所開設
  • 2009年(平成21年)9月18日 - 京阪電気鉄道の持つ「ベルファース秋葉原」「インテージ秋葉原」ビル管理受託開始。
  • 2011年(平成23年)11月1日 - 株式会社エス・ジェイ・プロパティー・マネージメントより、首都圏に有る分譲マンション49棟2513戸の管理等事業を譲り受け。

参考文献[編集]

  • 「京阪百年のあゆみ」京阪電気鉄道2011年3月24日発行
  • 「街をつなぐ 心をむすぶ」京阪電気鉄道2000年10月1日発行
  • 「過去が咲いている今」京阪電気鉄道1990年7月1日発行
  1. ^ a b 京阪カインド株式会社 第42期決算公告