京阪ビルテクノサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京阪ビルテクノサービス株式会社
Keihan Building Techno Service Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 KBT
本店所在地 日本の旗 日本
573-1192
大阪府枚方市西禁野1丁目3番35号
設立 1984年昭和59年)11月12日
(株式会社 京阪エンジニアリングサービス)
業種 サービス業
法人番号 5120001149514
事業内容 ビルメンテナンス業
ビル設備に関する各種工事業
大規模修繕工事業
代表者 取締役社長 尼田 賢光
資本金 1億円
純利益 1億8188万6000円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 25億3767万4000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 44億2743万9000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 923人
決算期 3月31日
主要株主 京阪ホールディングス株式会社 100%
外部リンク http://www.keihan-bts.jp/(日本語)
テンプレートを表示

京阪ビルテクノサービス(けいはんビルテクノサービス)は、大阪府枚方市に置く企業で、京阪電気鉄道の完全子会社のひとつである。旧名は京阪エンジニアリングサービス(けいはんエンジニアリングサービス)。

事業内容[編集]

総合ビルメンテナンス業務

  • 建物の設備管理、警備業務全般、清掃衛生管理
  • 昇降機の設備工事、保守管理
  • 消防施設の設備工事、保守管理
  • 電気設備に関する調査、企画、保守管理


各種設備の設計、工事監理、施工

  • 電気設備
  • 空調衛生設備
  • 建築工事
  • 大規模修繕工事


電気資材・建築資材の販売、修理

不動産の販売、賃貸、管理、コンサルタント業務

沿革[編集]

  • 1984年(昭和59年)11月12日:京阪エンジニアリングサービスを設立(資本金 1,000万円)
  • 1985年(昭和60年)4月1日:営業開始
  • 1985年(昭和60年)8月23日:建設業法により電気工事、電気通信工事、管工事、機械器具設置工事、消防施設工事の許可を得る(大阪府知事許可(般)第70583号)
  • 1986年(昭和61年)3月29日:資本金を2,000万円に増資
  • 1986年(昭和61年)4月1日:建設業法により電気工事業、電気通信工事業、管工事業の特定工事業の許可を得る(大阪府知事許可(特)第70583号)
  • 1989年(平成元年)6月20日:資本金を3,000万円に増資
  • 1995年(平成7年)6月26日:資本金を5,000万円に増資
  • 1998年(平成10年)7月8日:建設業法により(特)電気工事業、電気通信工事業、管工事業(般)機械器具設置工事業、消防施設工事業の許可を得る(国土交通大臣 第17809号)
  • 1999年(平成11年)2月8日:本社を「京阪枚方北ビル」2Fへ移転。
  • 2006年(平成18年)5月31日:京阪宇治交サービスより清掃業、警備業を譲受する。
  • 2008年(平成20年)3月17日:建設業法により土木工事業 建築工事業の特定工事業許可の許可を得る(国土交通大臣許可 (特)第17809号)
  • 2008年(平成20年)3月31日:京阪建設と合併
  • 2009年(平成21年)1月31日:資本金7000万円に増資
  • 2014年(平成26年)7月14日:株式会社京阪エンジニアリングサービス分割準備会社設立(資本金 4,000万円)
  • 2014年(平成26年)10月1日:商号を京阪ビルテクノサービス株式会社に変更。鉄道施設メンテナンス事業を株式会社京阪エンジニアリングサービス分割準備会社に会社分割(同社は同日付で株式会社京阪エンジニアリングサービスに商号変更)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]