京阪ホテルズ&リゾーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
600-8216
京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721番地1号
設立 1959年6月1日
業種 サービス業
法人番号 8130001019457
事業内容 タワー運営、ホテル運営、その他
代表者 代表取締役社長 太刀川 克己
資本金 3億円
主要株主 京阪ホールディングス株式会社 100%
外部リンク www.keihanhotels-resorts.co.jp
テンプレートを表示

京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社京都市下京区に本社を置く京阪グループの企業。

2016年10月1日に、京都タワー株式会社が、株式会社琵琶湖ホテル及び株式会社京都センチュリーホテルを吸収合併し、現商号に変更した[1]

概要[編集]

京都タワー(タワービル、ビル内の「京都タワーホテル」の運営含む)、ザ・サウザンド キョウト、京都タワーホテルアネックス(旧・京都第3タワーホテル)、京都センチュリーホテル、琵琶湖ホテルの運営を行うほか、ホテル京阪ユニバーサル・タワー内のレストラン・宴会場の営業を受託している。

運営施設[編集]

ホテル[編集]

  • ザ・サウザンド キョウト(旧・京都第2タワーホテルの跡地に建設)
  • 京都センチュリーホテル
  • 琵琶湖ホテル
  • 京都タワーホテル
  • 京都タワーホテルアネックス(旧・京都第3タワーホテル)

その他[編集]

  • 京都タワー(京都タワービル(ホテル、タワー展望、賃室、貸店舗等))

過去に運営していた施設[編集]

  • 京都第2タワーホテル(建て替えにより、ザ・サウザンド キョウトとしてオープン)

沿革[編集]

株式会社琵琶湖ホテル[編集]

京都タワー株式会社[編集]

京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社[編集]

  • 2016年(平成28年)10月1日 - 京都タワー株式会社が、株式会社琵琶湖ホテル及び株式会社京都センチュリーホテルを吸収合併し、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社に商号変更[1]
  • 2017年(平成29年)12月 - 新業態の「CAFETEL」を展開する京阪ステイズ株式会社を株式会社ホテル京阪と折半出資で設立。
  • 2019年(平成31年)1月29日 - フラッグシップホテルとしてザ・サウザンド キョウトを開業[4]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 京阪グループホテル事業における会社合併について
  2. ^ 出典・京阪100周年記念誌『京阪百年のあゆみ』579頁「京都タワーの取り組み」より
  3. ^ 京都第2タワーホテル営業終了のお知らせ”. www.kyoto-tower.co.jp. 2016年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月3日閲覧。
  4. ^ “京都駅前に最高級ホテル 京阪、体験プログラムも提供”. 日本経済新聞. (2019年1月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40424260U9A120C1LKA000/