京阪70型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京阪70型電車
京阪70型電車72号(ファミリーレールフェア2009にて)
京阪70型電車72号(ファミリーレールフェア2009にて)
基本情報
製造所 守口工場、東洋機械興業
主要諸元
軌間 1,435 mm
車両定員 70人 (座席18)
自重 23.0t (自重), 30.3t (構内入換車総重量)
全長 13,200 mm
全幅 2,336 mm
全高 3,465 mm
台車 ブリル27E-1
主電動機 直流直巻電動機
主電動機出力 45kW×4
制御装置 QB-2、LBA 電動カム軸式複式制御器
制動装置 電気ブレーキ、GE非常直通式
テンプレートを表示

京阪70型電車(けいはん70がたでんしゃ)は、かつて京阪電気鉄道京津線で使用されていた電車路面電車車両)である。

概要[編集]

100型の車体を50型に準じた新製車体に載せ替えたもので、70 - 79の10両が製造された。もともとは50型の追加製造を企図していたが認可を得られず(すでに日中戦争中だったため、新車の製造には認可が必要だった)、改造車という名義で実施されたものである。車体長は50型よりも1m長く、車体幅も同形式と比較して10mm広い。

1943年(昭和18年)4月に守口工場で75が竣工し、続いて同年12月に73が竣工した。残る8両は戦時下の資材不足により半鋼製車体が製造されたのみで完成できず、戦後の1948年(昭和23年)に東洋機械興業(東洋レーヨン(現:東レ)の子会社で、同社滋賀事業場内に所在していたが現存しない)により竣工した。 しかし同年10月30日、京津線蹴上〜九条山間にて、浜大津行き電車のポール外れを発端とするリレー衝突事故により、72が損傷したため東洋機械興業へ再入場した。

さらに1949年(昭和24年)8月7日に発生した京津線四宮車庫の火災により72を除く9両が被災し、翌1950年(昭和25年)1月31日付けで廃車となった。72は火災発生当時、前述した事故による復旧のため東洋機械興業に入場しての修理中だったおかげで偶然にも難を逃れたのであった。

残った72は1967年(昭和42年)まで京津線で使用され、80型の増備によって車籍からは抹消されたが、その後は守口工場の牽引車として使用する事になり、連結器取り付けと集電装置のトロリーポール→パンタグラフへの交換工事を行った上で転用された。守口工場が寝屋川車両工場に移転してからも工場の構内入換車として現在も使用され、運転席の脇の扉とステップなど木造部品が残っている。

なお、寝屋川工場への移動後に、以下のような改修を受けている。

「ワガヤネヤガワ号」の愛称が付けられた72号車
  • 車内に複電圧の電動発電機を搭載するとともに、片側の側面に大型の扉を設置(1974年ごろ)。自走用主電動機の電源もこの電動発電機で発電する交流200Vを使用し、変圧器整流器を通して直流600Vに変換している。
  • 架線電圧1500V昇圧に伴う工事と車体更新を実施し、正面の前照灯を屋上から窓下の埋め込みに変更。側面の窓を一部撤去して埋め、通風用グリルを設置(1983年)。

旧72の台車と主電動機は、元をたどると京阪創業当時の1型のもので、1910年(明治43年)の製造から100年以上にわたり現役で使用されていることになる[1]

2014年9月、寝屋川車庫で進められていた60型(びわこ号)修復プロジェクトにおいて車庫構内で60型を牽引することが発表され、「ワガヤネヤガワ号」という愛称が新たに付された[2]。京阪から発表された資料では、側面の窓と「72」という番号を復元の上、塗装を上半クリーム・下半ライトブルーに変更した写真が掲載された[3]。2014年11月9日の「びわこ号復活記念乗車会」では事前の告知通り、寝屋川車庫構内で60型電車を牽引・推進した[4]。ただし、車体すべてが現役当時の仕様で復元されたものではない。

脚注[編集]

  1. ^ 京阪のウェブサイトでは「大正11年製造」と書かれているが、これは直接の前身である100型の製造年である。参考文献(沖中)の記述によると72号の前身となったのは100型113で、この113は1929年5月の改番前は128を名乗り、さらに旧128は1922年に1型32を改造して作られたものである。1型32は1910年9月に製造された。
  2. ^ 「びわこ号」が走り出す! - びわこ号復活プロジェクト(寝屋川市役所ウェブサイト、PDF文書)
  3. ^ びわこ号復活記念乗車会を11月9日(日)に開催します! - 京阪電気鉄道プレスリリース(2014年9月24日)
  4. ^ 【動画】京阪電車「びわこ号」44年ぶり復活 ── 中川家 礼二も登場 - THE PAGE大阪(2013年11月17日)

参考文献[編集]

  • 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』1962年7月号(通巻133号)同志社大学鉄道同好会 私鉄車両めぐり(48)京阪電気鉄道〔終〕
  • 同上 1991年12月臨時増刊号(通巻553号)澤村達也 私鉄車両めぐり(146)京阪電気鉄道
  • 同上 同号 沖中忠順「京阪電車の歴史を飾った車両たち」
  • 同上 2009年8月臨時増刊号 (通巻822号) 湯口徹「1945〜60年代の京津線」