人吉仮出入口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人吉仮出入口
所属路線 E3 九州自動車道
本線標識の表記 終点 速度落せ
起点からの距離 256.2 km(門司IC起点)
人吉IC (4.2 km)
(15.7 km) えびのPA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0219.svg国道219号
供用開始日 1989年12月7日
供用終了日 1995年7月26日
所在地 868-0041
熊本県人吉市七地町
テンプレートを表示

人吉仮出入口(ひとよしかりでいりぐち)は、1989年12月7日から1995年7月26日まで熊本県人吉市七地町に存在した九州自動車道仮出入口である。人吉ICから4.2km南に位置する国道219号と平面交差というシンプルな構造をしていた。現在の人吉南BS付近の位置にあたる。

概要[編集]

人吉~えびのが未開通だった当時、昔ながらの城下町で道幅が狭い人吉市内に、鹿児島・宮崎方面へ行き来する車が流入し、混雑が激しくなることを防ぐため、この仮出入口が設けられた。 人吉仮出入口と国道219号の交差点を「蟹作(がんつくり)交差点」と呼び、当時はラジオの交通情報などで頻繁に耳にすることができた。1995年7月27日に人吉IC~えびのIC間が開通する直前に、人吉仮出入口は閉鎖された。

運用当時、人吉IC - 当仮出入口は、現在の上り線にあたる部分で暫定2車線対面通行)となっており、そのまま国道219号と交差する構造となっていた。なお、当仮出入口はあくまでの人吉ICの補助施設という意味合いだったことから、入口標識は「19 人吉」として案内されていた。えびの方面に延伸する直前、本線料金所廃止および人吉IC鹿児島・宮崎方面ランプ最終整備、仮出入口を廃止および本線へ繋ぐための通行止めが実施され、当仮出入口はその役目を終えた。当時は当仮出入口 - えびのICも現・上り線を使っての対面通行だったが、現在は当該区間すべてで4車線化されている。

現在は本線上で仮出入口の痕跡は何一つ残っていないが、再整備はされているものの、本線の横にある細い道路が一応その痕跡となる。なお現在は、えびの方面から当該道路へは右折禁止となっている。なお、2019年8月10日に、当該箇所界隈が人吉球磨スマートICとして供用されることとなり、約24年ぶりにこの付近と九州道への行き来が可能となった[1]。当時と異なり鹿児島・宮崎方面とも行き来可能で、かつ付近には道の駅人吉も整備されている[1]

人吉本線料金所との関係[編集]

人吉本線料金所 も参照

人吉仮出入口からの入出路に対する料金所は、人吉インター出入口より少し下り側の本線上(上り方面のインター出口ランプから下り方面の本線合流ランプにかけて一直線)に存在していた。また、その辺りに本線と同じ高さの平地があるが、以前はこの場所に仮出入口専用の事務所が建っていた。しかし、今では撤去されており、人吉料金所に昇降するための階段だけが残っている。当時、通行料金は人吉インターに比べ人吉仮出入口まで走行した場合、100円高い設定であった。また、当時の人吉ICはハーフICで、熊本・福岡方面の乗り降りしかできず、人吉仮出入口方面への走行はできなかった。(人吉仮出入口・鹿児島・宮崎方面へのランプは、当時は準備工事にとどめられていた。)

[編集]

E3 九州自動車道
(19)人吉IC/TB(廃止) - (19-1)人吉球磨スマートIC - 人吉仮出入口(廃止)/人吉南BS - えびのPA - (20)えびのIC

脚注[編集]

  1. ^ a b 令和元年8月10日(土曜)にE3九州自動車道『人吉球磨スマートインターチェンジ』が開通します 道の駅「人吉」が開駅します 一時退出の社会実験がスタートします(人吉球磨スマートIC⇔道の駅「人吉」)”. 国土交通省九州地方整備局・人吉市・人吉・球磨スマートインターチェンジ整備促進協議会・西日本高速道路株式会社 (2019年6月28日). 2019年8月12日閲覧。