人工滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イタリアウンブリア州のマーモレの滝 、世界で最も高い人工滝

人工滝(英:artificial waterfall)は自然のを模した人為の滝、水景物または噴水[1]

屋内の滝[編集]

有名なものには、シンガポール・チャンギ国際空港にある屋内人工滝「レイン・ボーテックス」など。

デトロイトの国際センターの屋内滝。

ギャラリー[編集]

その他[編集]

中華人民共和国貴州省貴陽市にあるLiebian International Buildingで流れる滝が人工の滝において世界最大[2]。日本一の日本の人工の滝では東京ファッションタウンビル「シャワーツリー35」などがある。

法金剛院 の「青女の滝」は、日本最古の人工滝。この他著名な人工滝には井倉峡絹掛の滝、カゼルタ宮殿太陽島 太陽滝、ファルハドダムナルイン・シルダリヤ人工滝、ホースシュー滝 (ウェールズの人工滝)伊吹の滝岸根公園篠原池人工滝ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズなどがある。粟又の滝遊歩道など沿いの滝など、観光用のものもあるが、千葉県などの川廻しで滝が生じる場合も多い。鶴巻滝など滝行のために作られた滝などもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Susan C. Anderson (Editor), Bruce Tabb (Editor), Water, Leisure and Culture: European Historical Perspectives, Berg Publishers, 2002, ISBN 1859735401, page 122
  2. ^ 人工の滝としては世界最大……壁面を大水流が落ちていく中国のビルがすごい” (日本語). Daily News Agency. 2020年1月23日閲覧。